スイス周遊1週間でかかった費用まとめ|個人旅行でバックパッカー旅

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

ゴルナーグラード鉄道

夏のハイシーズンにスイスを1週間かけて周遊した際にかかった費用をまとめました。

夏のスイスは世界一と言われるほど、気候・景色ともに素晴らしい国です。特にユングフラウやツェルマットは世界的な観光地として知られており、数多くの絶景が旅行者を魅了しています。

ただ、スイスの難点は物価が異常に高いことです。ホテルや食事などの滞在費が他国と比べて2倍以上かかることもあります。

スイスへの旅行を計画されている方は本記事を参考にしていただければと思います。

代表的なスイスの1週間周遊コース

本記事では以下のプランでスイスの主要な4都市を周遊した際の費用を紹介します。日程は実際に自分が旅行した4泊7日のプランとしています。(機内2泊)

なお、訪れたのは7月末でしたので、ハイシーズンでの費用です。宿泊地は以下のようになっています。

  1. ユングフラウ 2泊
  2. ツェルマット 1泊
  3. ベルン 0泊(半日観光のみ)
  4. チューリッヒ 1泊

もう少し時間があれば、ジュネーヴやシャモニーなどの名所も巡りたいところですが、1週間という限られた期間ではかなり厳しかったです。

また、ベルンの旧市街は非常に美しく、半日観光のみでは少しもったいなく感じました。日程にゆとりのある方はベルンで一泊されることをおすすめします。

スイス1週間周遊で実際にかかった費用

筆者が7月末にスイスを1週間周遊した際、実際にかかった費用はお土産代抜きで約19万円でした。その詳細を順を追って紹介していきます。

<内訳>
約19万円=83,000円(飛行機)+16,000円(ホテル)+30,000円(電車)+33,000円(トラベルパス)+25,000円(食事代)

飛行機代

スイスへは東京や大阪からは直行便が就航していますが、経由便を利用する方が航空券は格段に安くなります。

自分はタイ航空を利用してチューリッヒの往復便を予約しました。航空券は往復で諸経費込みで83,000円でした。

タイ航空は比較的安いチケットを手に入れやすいのですが、今考えればかなりの破格でした。

日本(大都市)~チューリッヒの航空券を安く買うためには、3か月以上前に予約することが必須になりますが、直行便で約15万円、経由便であれば9万円~10万円が大体の目安です。

航空券の検索は以下のスカイスキャナーが便利です。各航空会社や交通公社の航空券を一括で比較できます。
お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

ホテル代

自分はバックパッカースタイルで旅行をしています。そのため、ホテルについては滞在費が安いドミトリータイプのユースホステルやゲストハウスを利用しました。

それでもスイスの物価は非常に高く、他の国では考えられないような値段でした。特に観光地はホテルの値段が高く設定されています。

  • ユングフラウ:3500円/泊
  • ツェルマット:5000円/泊
  • チューリッヒ:4000円/泊

ユングフラウに2泊で、ツェルマット・チューリッヒに1泊ずつでしたので、ホテル代は4泊で合計16,000円でした。

なお、ドミトリータイプ以外のホテルに宿泊する場合は、ビジネスホテルでも1泊15,000円は必要だと考えましょう。

本記事でおすすめしているドミトリータイプのホテルの詳細については、別記事にまとめています。

ユースホステル(YH)やバックパッカーズの魅力は?一人旅におすすめ
宿泊費を安く抑えたい人におすすめのユースホステルやバックパッカーズのメリットや魅力について紹介します。 ユースホステル(YH)やバックパッカーズとは? 世界的に確立されている宿泊システムのひとつで、素泊りか朝食付で1泊約3000円以...

電車の運賃+スイスハーフフェアカード

スイスは電車の運賃が高いことでも有名で、常に新幹線に乗って移動しているような気分でした。

電車移動をメインに考えている方は、割引パスのスイスハーフフェアカードの購入を検討しましょう。

スイスハーフフェアカードはほとんどのスイス国内の鉄道料金が半額になるパスで、料金は120フランです。さらに登山鉄道のトラベルパスも割引料金で購入できます。

購入場所や使い方などについては別の記事で詳しく紹介しています。

スイスハーフフェアカードの値段や買い方、使い方|スイスパスよりお得?
スイスの鉄道利用者におすすめするスイスハーフフェアカードの購入方法や使い方、お得度をまとめました。 スイスハーフフェアカードについての概要や値段 スイスハーフフェアカードは、スイス国内の主要な鉄道・バス・湖船など主要都市90カ所の市...

実際に自分もスイスハーフフェアカードを購入してスイスの鉄道を利用しましたが、半額で購入してもまだ高いと感じるような運賃でした。

実際に利用した区間や運賃は以下の通りで、実際にかかった費用はハーフフェアカードの約13,000円(120フラン)と運賃の約17,000円(151フラン)で、電車関係の費用合計は約30,000円でした。

  • チューリッヒ空港⇒インターラーケン
    通常74フラン⇒ハーフフェアカード利用で37フラン
  • インターラーケン⇒ツェルマット
    通常82フラン⇒ハーフフェアカード利用で41フラン
  • ツェルマット⇒ベルン
    通常90フラン⇒ハーフフェアカード利用で45フラン
  • ベルン⇒チューリッヒ
    通常50フラン⇒ハーフフェアカード利用で25フラン
  • チューリッヒ⇒チューリッヒ空港
    通常6フラン⇒ハーフフェアカード利用で3フラン

↑は利用した当時の金額です。ヨーロッパの鉄道システムは需給に応じて運賃が変動していますので、記載した費用が実際の運賃とは限りません。

登山鉄道のトラベルパス購入費

スイス観光で必須になるのが登山鉄道のトラベルパスです。パスは色々ありますが、ユングフラウであればユングフラウトラベルパス、ツェルマットであればツェルマットピークパスがおすすめです。

ユングフラウトラベルパスは3日間で定価180フランですが、スイスハーフフェアカードを所持していれば割引料金の135フラン(約15,000円)で購入できます。

ツェルマットピークパスについてもスイスハーフフェアカードの割引が適用されます。定価215フランで割引料金が162フラン(約18,000円)です。

それぞれのトラベルパスの詳細については、別記事で紹介しています。

ユングフラウトラベルパスの値段や買い方、おすすめ度は?|購入は必須
ユングフラウ観光でおすすめのユングフラウトラベルパスを利用することで、どれくらいお得になるのかを紹介します。 ユングフラウトラベルパスの概要と値段 ユングフラウトラベルパスはユングフラウ地方のほとんどの展望台を追加料金なしで巡ること...
ツェルマットピークパスの値段や買い方、購入場所|マッターホルン観光で必須
マッターホルン観光でおすすめするツェルマットピークパスの買い方や購入場所、そのお得度を紹介します。 ツェルマットピークパスについて ツェルマットピークパスとは、マッターホルンの全ての展望台を追加料金なしで巡ることができるパスです。 ...

食事代

スイスでは食費も高く、毎晩レストランで食事をすると驚くような滞在費になります。以下のリストはレストランやスーパーの総菜など、ジャンル別に予算をまとめました。

  • レストラン:7000円/人
  • スーパーに併設されているレストラン(フードコート):1000~2000円/人
  • スーパーマーケット:1000円以内/人

4泊7日の旅行期間中、機内食を省くと食事回数は合計13回でした。そのうちホテルの朝食が2回だったので11回は食事をしないといけません。

レストラン2回、フードコート4回、スーパー5回と仮定すると、食事代は合計25,000円でした。

なお、スイス旅行の食事についての詳細は別記事にまとめています。

スイス旅行時のおすすめの食事|一人旅や安旅の人は必見
物価の高いスイスで一人旅や安旅をする人のためのおすすめの食事を紹介します。 スイスの物価について スイスは世界的に物価が高いことで知られています。 平均年収も世界トップとなっており、1000万円を超えています。 そんな国なの...

【併せて読みたい】スイス各都市の観光スポットまとめ

スイス旅行でおすすめしたい観光スポットをまとめた記事を紹介します。

ユングフラウのおすすめ絶景展望台4選|拠点はグリンデルワルト
スイスのユングフラウ地方のおすすめ絶景展望台4選を紹介します。 ユングフラウのおすすめ展望台4選 ユングフラウヨッホ(Jungfraujoch) スフィンクス展望台 メンリッヒェン展望台(Mannlichen) フィル...
マッターホルン全展望台の完全ガイド|おすすめはゴルナーグラート
スイスのツェルマットにあるマッターホルンの全ての展望台を紹介します。 マッターホルンの全展望台リスト ゴルナーグラート展望台(Gornergrat) スネガパラダイス(Sunnegga Paradise) ロートホルン...
ベルンの観光モデルコースや所要時間|半日で巡れるおすすめの絶景都市
スイスの首都ベルンのおすすめ観光スポットのモデルコースや所要時間を紹介します。 ベルンの訪れるべき観光スポット3選 旧市街のアーケード街 ベルン大聖堂 バラ園&クマ園 旧市街のアーケード街 ベルンの市街...
スポンサーリンク
スイス
スポンサーリンク
旅のみちしるべ|tabi-guide.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました