ベルンの観光モデルコースや所要時間|半日で巡れるおすすめの絶景都市

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

ベルン展望台

スイスの首都ベルンのおすすめ観光スポットのモデルコースや所要時間を紹介します。

ベルンの訪れるべき観光スポット3選

  1. 旧市街のアーケード街
  2. ベルン大聖堂
  3. バラ園&クマ園

旧市街のアーケード街

ベルン旧市街

ベルンの市街地に位置しているアーケードで、ベルン中央駅から徒歩3分以内の場所にあります。 前述のとおりヨーロッパ最長のアーケード街です。

ベルンを訪れる方のほとんどは電車でのアクセスになると思いますので、駅を出て東に歩けばすぐにアーケード街の入り口に到着します。

地図を見ても分かるように、長いアーケード街になっており、アーケード出口までは徒歩で10分以上かかります。

中世ヨーロッパの街並みと近代的なトラムの融合は非常に美しく感じました。 スイスで最も古い時計台も旧市街の中にありますので、見逃さないようにしましょう!

時計台

ベルン大聖堂

ベルン大聖堂

旧市街にある1893年に建築された大聖堂です。 有料ですが展望台もあり、100mの高さからベルン旧市街を見下ろすことができます。

大聖堂の内部には美しいステンドグラスや彫刻がありますので、是非行ってみましょう! 展望台は有料ですが、内部に入るだけであれば無料ですので、時間あれば行ってみましょう。

バラ園&クマ園

ベルン展望台

ベルンで一番のおすすめ観光スポットがバラ園です。 バラ園はベルン旧市街を見下ろすことができる位置にありますので、バラを見るのではなく展望台からの眺望を楽しみましょう。

記事上部の写真がバラ園からの眺望です。 アーレ川の橋を越えたら、ずーっと登りになりますので結構疲れます。

バラ園は地元の人の憩いの場所となっているようで、多くの人が家族連れで遊んでいました。 レストランも併設されており、ビールや食事を楽しむこともできます。

バラ園

時間あれば、帰りに近くのクマ園にも立ち寄ってみましょう。 クマ園といっても小さいエリアにクマが放牧されているのを見るだけですので、所要時間は10分もあれば十分です。

クマ園の近くには、KIOSKやインフォメーションセンターがありますので、利用してもいいかもしれません。

ベルン_クマ園

水飲み場で一休み

スイスには多くの水飲み場が設置されています。 もちろん飲水として使用できますので、スイス各地の水飲み場を有効に活用しましょう。

ベルンにも水飲み場が多くあり、多くの観光客が水を汲んでいます。

ベルン_水飲み場

ベルンのアクセス

ベルンはスイス中央部に位置しており、主要都市から電車やバスでアクセスすることができます。

チューリッヒとインターラーケン(ユングフラウ)の中間地点にあり、電車でアクセスする場合の乗り換え地点になっています。

電車であれば、チューリッヒからは約1時間、ジュネーブから2時間半の距離にあります。 スイスと言えば鉄道が発達した国として知られていますが、運賃が非常に高価です。

バスは本数が少ないですが、電車と比べると半額程度で行くことができます。 チューリッヒからベルンは1時間半程度、ジュネーブからは2時間半程度となっており、電車の所要時間とほとんど変わりません。

ただ、スイス観光では電車の車窓からの景色が素晴らしいことで知られています。 そのあたりも考慮して、どちらの交通手段を選ぶのか考えてみるのもよいでしょう。

おすすめバスチケットサイト:CheckMyBus(英語サイト)

ベルンに実際に行ってみた感想&各観光スポットの所要時間

ツェルマットからチューリッヒへの移動途中に立ち寄りました。 重い荷物を持ってベルンの街を移動したので疲れましたが、バラ園から見えるベルン旧市街の素晴らしい眺望で疲れも吹っ飛びました。

短時間で観光できますので、ユングフラウ滞在時の天気が悪いときや、チューリッヒやジュネーブからでも日帰りで観光できます。

ベルン滞在時の実際の滞在時間としては、合計2時間半でした。

  • ベルン駅~旧市街のアーケード観光:40分
  • アーケード~バラ園&クマ園観光:1時間
  • クマ園~ベルン大聖堂観光:30分
  • ベルン大聖堂~ベルン駅:20分

時間が無くて効率よく回りたい方は、現地ツアーも充実していますので検討してみても良いかもしれません。
゜:*★スイスのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

スイスを電車で移動する方はハーフフェアカードがおすすめ!

スイスの鉄道は非常に高価なことで有名ですが、割引システムも充実しています。 一番おすすめなのがスイスハーフフェアカードで、ほとんどの交通運賃が半額になります。

スイスハーフフェアカードについては、別記事で詳しく紹介しています。

スイスハーフフェアカードの値段や買い方、使い方|スイスパスよりお得?
スイスの鉄道利用者におすすめするスイスハーフフェアカードの購入方法や使い方、お得度をまとめました。 スイスハーフフェアカードについての概要や値段 スイスハーフフェアカードは、スイス国内の主要な鉄道・バス・湖船など主要都市90カ所の市...
スポンサーリンク
スイス
スポンサーリンク
旅のみちしるべ|tabi-guide.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました