スイス旅行時のおすすめの食事|一人旅や安旅の人は必見

スポンサーリンク

スイスレストラン

物価の高いスイスで一人旅や安旅をする人のためのおすすめの食事を紹介します。

スイスの物価について

スイスは世界的に物価が高いことで知られています。 平均年収も世界トップとなっており、1000万円を超えています。

そんな国なので全ての物が高い!高い!高い! 500mlペットボトルの水がコンビニで300円、標準サイズのアイスクリームが400円、ポテチが400円、、、、

レストランの値段設定も高くなっており、お酒を飲むのであれば一人7000円くらいは覚悟しなければなりません。

スイスでの食事方法(3種類)

  1. スイス料理レストランで食べる。
  2. スーパーに併設されているレストランで食べる。
  3. スーパーで購入したものをホテルで食べる。

スイス料理レストラン

一人旅ならば敷居が少し高いですが、2人以上のグループであれば旅行の思い出に一度くらいは行ってみてもいいかもしれません。

お酒を飲むのあれば1人7000円以上は覚悟しましょう。 お酒を飲まないのであれば、意外と安価になったりします。

実際、2人で前菜+チーズフォンデュ2人前+コントルブルー1人前をオーダーして、1人4000円以内で収まりました。(記事トップの写真)

メニューに記載されている一品あたりの単価は高いのですが、1人前あたりの量が多いので十分満足できるボリュームです。 会計時にチップを渡すのをお忘れなく!

スーパーに併設されているレストラン

スイスのスーパーといえば、CoopとMigrosが挙げられます。 大規模な店舗にはレストランが併設されており、レストランよりも安価で食事ができます。

日本でいうフードコートような雰囲気で、一人でも気軽に食事ができます。

COOPレストラン

値段設定が日本とは異なる場合がありますので、注意が必要です。

日本と同じように一品ごとに値段が決められているものもありますが、ビュッフェスタイルで盛り付ける皿のサイズで値段が決まっている場合もあります。

その場合は選んだ皿にどれだけ盛りつけても同じ値段なので、めいっぱい盛りつけましょう!

スーパー併設レストランでの予算は一食1000~2000円くらいでした。暖かいご飯を安く食べたい方にはおすすめです。

スーパーで購入したものをホテルで食べる

食費を安くあげるには、スーパーを利用する方法が一番です。 おすすめは比較的安価な「生ハム」や「パン」、「チーズ」でしょうか。

せっかくなら生ハムはレストランで食べたいところですが、スーパーで売っている生ハムも十分おいしいです。

ファストフード店顔負けの生ハムサンドを作ってみましょう! スーパーであれば水も900mlで120円、ポテチも250円と良心的な価格設定になっていますので、ついでに買っておきましょう。

日曜日はほとんどの店が休みなので要注意!

スーパーを含めたスイス国内のほとんどのお店は日曜日は閉まっています。 開いているのは駅のKIOSKや一部の飲食店のみです。

土曜日にある程度買い物を済ませておくのがベストですが、すっかり忘れてしまった方もご安心ください! 日曜日でも以下のスーパーは開いています。

  • ユングフラウ・ツェルマットのスーパー(COOP,MIGROSともに営業)
  • チューリッヒ駅構内のスーパー(COOP,MIGROSともに営業)
  • ベルン駅構内のスーパー(COOP,MIGROSともに営業)
  • ジュネーヴ駅構内のスーパー(COOP,MIGROSともに営業)

主要駅や観光地のスーパーは日曜日でも開いていますが、レジがひどく混雑します。

また、スーパーには必ずセルフレジが設置されており、比較的空いています。 方法は簡単ですので積極的に利用してみましょう。

スイスを電車で移動する方はハーフフェアカードがおすすめ!

スイスの鉄道は非常に高価なことで有名ですが、割引システムも充実しています。 一番おすすめなのがスイスハーフフェアカードで、ほとんどの交通運賃が半額になります。

スイスハーフフェアカードについては、別記事で詳しく紹介しています。

スイスハーフフェアカードの値段や買い方、使い方|スイスパスよりお得?
スイスの鉄道利用者におすすめするスイスハーフフェアカードの購入方法や使い方、お得度をまとめました。 スイスハーフフェアカードについての概要や値段 スイスハーフフェアカードは、スイス国内の主要な鉄道・バス・湖船など主要都市90カ所の市...
スポンサーリンク
スイス
スポンサーリンク
旅のみちしるべ|tabi-guide.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました