ユースホステル(YH)やバックパッカーズの魅力は?一人旅におすすめ

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

ユースホステル

宿泊費を安く抑えたい人におすすめのユースホステルやバックパッカーズのメリットや魅力について紹介します。

この記事を読んでほしい人
  • 海外旅行で宿泊費をできるだけ安く済ませたい人
  • ユースホステルやバックパッカーズに興味がある人

ユースホステル(YH)やバックパッカーズとは、世界的に確立されている宿泊システムのひとつで、1部屋を複数人でシェアをするドミトリータイプがメインになっている宿泊施設です。

宿泊予約をするときも1ベッド単位になっており、格安で宿泊できることから学生やバックパッカーに愛用されています。

本記事では、実際に筆者も愛用するユースホステルやバックパッカーズの魅力やおすすめ度について、詳しくまとめています。

ユースホステル(YH)やバックパッカーズなどのメリット

ユースホステルやバックパッカーズには多くのメリットがありますが、代表的な3点を記載しています。

とにかく宿泊費が安い

ユースホステルやバックパッカーズのメリットとして第一に挙げられるのが宿泊費です。

例えば西ヨーロッパの場合、シティホテルに宿泊すると1泊8000円程度は必要ですが、ユースホステルやバックパッカーズであれば、半額以下の2000~3000円程度で泊まることができます。 

宿泊施設によっては、朝食込みで2000円程度の値段設定の場所もありますので、宿泊費を安く済ませたい方には非常におすすめです。

外国人と交流できる

ユースホステルやバックパッカーズには、旅好きから学生旅行まで色々な人が滞在しています。1部屋を複数人でシェアしますので、ルームメイト同士で交流も楽しむことができます。 

相性の良い人とルームメイトになれば、外国人の友達を作ることもでき、自分の視野も大きく広がります。

友達になった人と一緒にご飯を食べに行ったり、観光スポットを巡ったり、忘れられない旅行になることは間違いありません。

観光情報を得ることができる

ユースホステルやバックパッカーズには世界中を旅した猛者も多く滞在しています。彼らは様々な国の観光情報やおすすめスポットを色々と教えてくれます。

仲良くなった旅人から、観光スポットやおすすめの旅行先などの情報を聞いてみましょう。 ガイドブックよりも有意義な情報が得られることも珍しくありません。

ユースホステル(YH)やバックパッカーズのデメリット

ユースホステルやバックバッカーズにはメリットが多くありますが、もちろんデメリットも存在します。

プライベート空間がほとんどない

ユースホステルやバックパッカーズでは、ドミトリータイプの利用が一般的です。そのため、複数人を1部屋をシェアしますので、ベットの上以外はすべて共用空間です。

部屋の机やクロークなどはすべて共用になりますので、散らかしたり独占することはできません。

また、ルームメイトが深夜に帰ってきたり、夜に騒がしくしていることもたまにあります。安眠を得たい方はシティホテルなどのシングルルームを予約する方が良いかもしれません。

セキュリティに気を使わなければいけない

1部屋を複数人で使用していますので、貴重品の管理には常に気を使わないといけません。スマホや財布などは肌身離さず持ち歩く必要があります。

ただ、多くのユースホステルやバックパッカーズは個人用の施錠できるロッカーが設置されています。カメラなどの大きな貴重品はロッカーに保管しておきましょう。

残念なことに、ユースホステルやバックパッカーズでの盗難被害は後を絶ちません。筆者は幸い被害に遭ったことはありませんが、友人が財布を盗まれたことがあります。

寝る時もスマホや財布、パスポートはベッドの上に置くなどして、必ず貴重品から目を離さないようにしましょう。

ユースホステル(YH)やバックパッカーズに宿泊する際の必需品

ユースホステルやバックパッカーズは他のホテルとは異なり、アメニティはほとんどなく、備え付け品も充実していません。

そのため、筆者がおすすめするユースホステル&バックパッカーズ滞在時の必需品は以下になります。

  1. 南京錠
    部屋に設置されている貴重品管理用のロッカーを施錠するために使用します。100均の物で十分です。
  2. サンダル
    スリッパはありませんので、室内の移動用にサンダルを持っていくと便利です。嵩張りますので、帰りは捨ててきても良いように100均のサンダルがおすすめです。
  3. シャンプー&コンディショナー
  4. ボディタオル&ボディソープ
    ボディタオルはスポンジタイプなどの小さいものが便利です。
  5. 歯ブラシ&ハミガキ
  6. パジャマ
    外国人はやたらとエアコンの設定温度を下げたがるので、暖かいタイプのものがおすすめです。
  7. アイマスク&耳栓
    デメリットにも記載しているとおり、深夜でも扉の開閉や話し声が聞こえたりしますので、アイマスクや耳栓は必需品です。

    格安で購入できますので、旅行前に買っておきましょう。

  1. 洗剤&ハンガー&洗濯ばさみ
    下着は3日間程度持って行って現地で洗濯する人が多いと思うので、ハンガーや洗濯ばさみを持っていると便利です。
  2. ビニル袋
    衣服やお土産を入れるのに便利です。

【併せて読みたい】ドミトリータイプのホテルの安全性

ドミトリータイプのホテルに宿泊する際、一番に気になるのが安全性です。ドミトリーホテル宿泊時に気を付けることやホテルの選び方などを記事にまとめています。

海外のユースホステルやゲストハウスの安全性|安いホテルの正しい選び方
ユースホステルやゲストハウスなど、1室を複数人でシェアするドミトリータイプのホテルの海外旅行での安全性についてまとめました。 この記事を読んでほしい人 海外旅行でユースホステルやゲストハウスに宿泊したい人 ドミトリータ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました