海外旅行に1人で行ける英語力はどれくらい必要?|英語が苦手でも旅行を楽しめる!

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

海外旅行に1人で行きたい人に向けて、どれくらいの英語力があれば海外1人旅を楽しめるのかを紹介します。

この記事を読んでほしい人
  • 海外旅行に1人で行くときに必要な英語力について知りたい人
  • 海外1人旅に行ってみたい人

格安航空会社(LCC)の就航や政府の休暇取得の推進などで、近年は多くの人が海外旅行を楽しんでいます。

海外旅行のハードルが下がったこともあり、特に若い世代で海外一人旅に憧れる人も少なくありません。

本記事では、海外旅行に1人で行くためにはどれくらいの英語力が必要なのか、筆者の経験をもとにまとめています。

スポンサーリンク

結論:英語が話せなくても海外旅行は十分楽しめる

海外旅行に必要な英語力については、旅行をどのように楽しみたいかによって大きく変わってきます。

多くの人は、歴史的な建造物の探訪や自然を満喫するなど、観光スポットを巡るのが海外旅行の主な目的になると思います。

その場合は英語を使う場面はかなり限られてきますし、片言の英語でも旅行を楽しむことができます。TOEICスコアでいえば400点程度あれば十分海外旅行を楽しめると思います。

ただ、ユースホステルやイベントなどで外国人との交流を楽しみたい!という場合は、コミュニケーションが取れるだけの英語力が必要になります。(後述)

テクノロジーの普及や公共交通機関の充実で旅行が簡単で便利に

近年はテクノロジーの普及や各国政府の外国人観光客誘致などもあり、特に先進国では観光客にやさしい国が増えています。

第一に挙げられるのがスマートフォンの普及で、インターネットが海外でも使えるようになったことで、現地で観光情報が簡単に手に入るようになりました。旅行のガイドブックを片手に観光する時代は終わろうとしています。

また、公共交通機関も充実してきており、電車や地下鉄などが各国で整備・拡充され、現地ツアーを利用せずに個人で観光スポットにアクセスできるようになっています。

以前のように団体バスツアー&ガイド付でないと観光できないという場所は限られてきています。

外国人の友達を作りたいならTOEIC600点が目安

外国人との交流を楽しむことを目的に海外旅行に行く場合、ある程度の英語スキルが必要です。

ユースホステルでの宿泊やイベントへの参加などで交流を楽しみたい場合は、目安としてTOEICスコアが600点くらいあればコミュニケーションは取れると思います。

あくまでも目安ですので、ネイティブで早口の人と話す場合はTOEIC700点でも難しいですし、比較的簡単な英語をゆっくりと話してくれる人であればTOEIC500点以下でも十分コミュニケーションが取ることができます。

度胸さえあれば海外旅行に英語力なんて関係ない!?

ここまで海外旅行に1人で行くために、どれくらいの英語力が必要なのかを紹介してきました。

正直な話、英語をほとんど話せない人でも何度も海外1人旅を楽しんでいる人もいますし、TOEIC900点でも1人で海外旅行に行くのが怖いという人もいます。

海外旅行に行きたいという強い気持ちがあれば、英語力に関わらず誰でも1人で海外旅行を十分楽しむができます。

LCCの就航などで海外が身近になってきていますので、皆さんも海外1人旅に是非チャレンジしてみましょう!

【併せて読みたい】東南アジアの男一人旅におすすめしたい国5選

海外1人旅に行きたい人に向けて、特に男性におすすめしたい東南アジアの国5選を紹介しています。

LCCの就航によって安価で海外旅行を楽しめる時代になってきていますので、興味がある方は是非チェックしてみてください。

男一人旅におすすめするアジア旅行先5選|安く行ける海外バックパッカー旅行
男性一人旅におすすめする気軽に行けるアジアの国5選を紹介します。 この記事を読んでほしい人 男性一人旅を気軽&身軽に楽しみたい人 海外の一人旅をしたい男性 海外一人旅の行き先に悩んでいる男性 近年、格安航...

コメント

タイトルとURLをコピーしました