シンガポール4日間の個人旅行の予算や費用|マリーナベイサンズに宿泊

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

マリーナベイサンズ

マリーナベイサンズの宿泊を伴うシンガポール4日間の個人旅行について、実際にかかった費用や予算を紹介します。

この記事を読んでほしい人
  • 4日間のシンガポール旅行の予算や費用を知りたい人
  • マリーナベイサンズに宿泊した場合のシンガポール旅行の予算を知りたい人
  • 個人旅行でシンガポールを観光したい人

シンガポールは東南アジアのビジネスハブというイメージが強いですが、マリーナベイサンズやユニバーサルスタジオなど、魅力的な観光スポットが多くある観光立国でもあります。

毎年80万人の日本人がシンガポールを訪れており、東南アジアの中でも人気旅行先の1つになっています。

本記事では、筆者がシンガポールを4日間旅行で滞在したときに実際かかった費用や予算を紹介しています。

スポンサーリンク

筆者のシンガポール4日間のコース

筆者はシンガポール4日間の観光コースとして、以下の観光スポットを訪れました。旅程は2泊4日で往路のみが機内泊でした。

  • マーライオン公園
  • オーチャードエリア
  • シンガポール動物園&ナイトサファリ
  • マリーナベイサンズに宿泊

シンガポール4日間で実際にかかった費用

4日間のシンガポール旅行で実際にかかったお金は、お土産代抜きで119,000円でした。飛行機やホテル代にかなりお金を使ったため、東南アジア旅行としては高くなってしまいました・・・。

<内訳>
119,000円=62,000円(飛行機)+40,000円(ホテル)+2,000円(地下鉄・バス)+7,000円(入場料)+8,000円(食事代)

飛行機代

飛行機代は、JALやシンガポール航空などのフルキャリアを利用する場合と、ジェットスターやスクートなどのLCCを利用する場合で大きく異なります。

一般的な週末を含めた旅程の場合、フルキャリアの場合は往復60,000~65,000円程度が相場になります。LCCを利用する場合は往復で40,000円程度です。

なお、お盆やGWなどの長期連休時の航空券は相場の2倍以上になることもあります。日本人観光客も多くなりますので、海外の雰囲気を楽しみたい方は長期連休以外の週末観光をおすすめします。

筆者はフルキャリアのシンガポール航空を利用して、62,000円で航空券を購入しました。

ホテル代

ホテル代については、どのランクのホテルを利用するかで大きく異なります。ランク別のホテル宿泊費を以下に記載します。

  • ゲストハウスやユースホステル:1,500円~2,000円/泊
  • シティホテル:7,000~12,000円/泊
  • ラグジュアリーホテル:20,000円以上/泊

筆者はマリーナベイサンズへの宿泊を旅行のメインにしていたため、ラグジュアリーホテルに2泊してホテル代は合計40,000円でした。(残り1泊は機内泊)

なお、マリーナベイサンズのスタンダードルームは1泊1室40,000円程度が宿泊費の相場のため、2人で利用すれば1泊1人2万円で宿泊できます。

現地での交通費

シンガポールは地下鉄(MRT)が充実しており、シンガポール内のほとんどのエリアに地下鉄で行くことができます。

地下鉄の利用料金は1回100~150円程度と安価に設定されており、オーチャードやマリーナベイサンズを訪れる程度であれば、1日の交通費は1,000円もあれば十分足ります。

筆者の場合、シンガポール4日間旅行での交通費は合計2,000円程度でした。

なお、ナイトサファリがあるシンガポール動物園へは、地下鉄の他にバスを利用する必要があります。シンガポール動物園へのアクセスについては、別記事で詳しく紹介しています。

シンガポール動物園のアクセス|行きは電車とバス、帰りは直通シャトルバス
シンガポールのおすすめ観光スポットであるシンガポール動物園のアクセスについて紹介します。 この記事を読んでほしい人 シンガポール動物園へ個人で行きたい人 とにかく安くシンガポール動物園に行きたい人 シンガポー...

観光スポットの入場料

シンガポールで入場料が必要が観光スポットとしては、ユニバーサルスタジオシンガポール(USS)とシンガポール動物園、ナイトサファリなどが挙げられます。以下は2021年1月時点の入場料です。

  • ユニバーサルスタジオシンガポール :81シンガポールドル(約6,500円)
  • シンガポール動物園:39シンガポールドル(約3,000円)
  • ナイトサファリ:51シンガポールドル(約4,000円)

筆者はシンガポール動物園とナイトサファリを観光して、合計90ドル(約7,000円)使用しました。

食事代

シンガポールでは、屋台飯や食べ歩きなどのローカルフードから、ラグジュアリーホテルの高級レストランまで幅広い種類のご飯を食べることができます。

以下はシチュエーション別の食事代の目安になります。

  • 屋台(ホーカー):1,000円/人程度
  • 街のレストラン:2,000円/人程度
  • 高級レストラン:10,000円以上/人

筆者の場合は屋台4回、街のレストラン2回を利用して、合計8,000円程度でした。

シンガポール観光や東南アジア周遊におすすめのプリペイドSIMカード

スマートフォンやタブレット端末が普及したことにより、海外旅行でのインターネット利用は必需品になっています。

ホテルなどの無料WIFIは利用エリアが限られており、いざという時に使用することができません。そこでおすすめしたいのはプリペイド式SIMカードで、いつでもどこでもインターネットを利用することができます。

東南アジアに旅行に行く人におすすめしたいのがチャイナユニコムのSIMカードで、アクティベートが簡単で東南アジア10か国で利用が可能になっています。

チャイナユニコムのプリペイド式SIMカードについては、別記事で紹介していますので東南アジアに旅行する人は是非ご覧ください。

東南アジア旅行のプリペイドSIMカードはチャイナユニコム|設定も簡単
東南アジア旅行でおすすめするチャイナユニコムのプリペイドSIMカードについて紹介します。 この記事を読んでほしい人 東南アジアでプリペイドSIMカードを利用したい人 チャイナユニコムのプリペイドSIMカードの購入方法や...

【併せて読みたい】シンガポールでの日本語が通じる?通じない?

日本人の人気旅行先になっているシンガポールですが、日本語がある程度通じるというイメージを持っている人も多いと思います。

実際の筆者の経験に基づいて、シンガポールでの日本語の通用度を記事にまとめています。

シンガポールでは日本語が通じる?通じない?|ホテルやレストラン
シンガポールでは日本語が通じるか・通じないか、ホテルやレストランなどのシチュエーション別で紹介します。 この記事を読んでほしい人 シンガポールで日本語が通じるか知りたい人 シンガポールへの旅行を考えている人 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました