アンコールワット トゥクトゥクのチャーター、朝日鑑賞、貸切の相場

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

アンコールワット

アンコールワットにおけるトゥクトゥクでの朝日鑑賞や1日チャーター時の相場をまとめました。

この記事を読んでほしい人
  • 2020年のアンコールワットのトゥクトゥクの相場を知りたい人
  • アンコールワットを個人旅行&トゥクトゥクで巡りたい人

アンコールワットにおける移動手段として広く利用されているのが、3輪タクシーとも呼ばれているトゥクトゥクです。

タクシーと比べて、トゥクトゥクは安価でチャーターすることができるため、多くの観光客に人気になっています。

本記事ではアンコールワットでトゥクトゥクを利用したい方に向けて、2020年時点でのチャーターや一時利用の相場を紹介します。

アンコールワットでの主な移動手段

アンコールワットでの主な移動手段については、トゥクトゥクの他にミニバンやタクシーがありますので、併せて紹介していきます。

トゥクトゥク

アンコールワット_トゥクトゥク

トゥクトゥクは、カンボジアだけでなく東南アジア諸国でもおなじみの移動手段です。

アンコールワットでも広く利用されており、2輪車(バイク)の後ろに4人掛けの座席付台車が取り付けられています。

乗車中は外の風が気持ちよく感じますが、アンコールワット近郊はかなり空気が悪いので、トゥクトゥクを利用する際は、タオルやマスク等を使用して喉を守りましょう。

2020年に訪れた際は、下の写真のような新しいタイプのトゥクトゥクも多く見かけました。排気ガスを直接受けないのは良いのですが、風が通らないため車内はかなり暑そうでした。

アンコールワット_ミニバン

タクシー or ミニバン

タクシーもしくはミニバンは日本でも普通に走っている冷暖房完備の乗用車です。

トゥクトゥクに比べると快適に移動することができますが、チャーター料金は高くなります。

【2020年版】トゥクトゥクチャーター料金の相場

2020年1月時点でのトゥクトゥクのチャーター料金をまとめました。

トゥクトゥクの予約方法は、路上にいるトゥクトゥクドライバーと交渉する方法とホテルを経由して予約する方法の2種類があります。

ホテル経由で予約した場合はホテル側がマージンを取りますので、少し割高になります。可能な限りドライバーとの直接契約をおすすめします。

以下は各観光コースのトゥクトゥクチャーター料金の相場です。あくまで相場ですので、交渉の序盤はこれよりも高い金額をドライバーが提示してくる場合も多くあります。

  • アンコール遺跡小回りコース
    ドライバー直接:15ドル
    ホテル経由:18ドル
  • アンコール遺跡大回りコース
    ドライバー直接:20ドル
    ホテル経由:25ドル
  • アンコールワット朝日往復
    ドライバー直接:5ドル
    ホテル経由:8ドル
  • プノンバケン夕日往復
    ドライバー直接:5ドル
    ホテル経由:8ドル

路上にいるドライバーと交渉するのが面倒な方は、シェムリアップ空港からホテルまで送迎してくれたトゥクトゥクドライバーの利用する方法もあります。

実際、空港に送迎に来たトゥクトゥクドライバーは、翌日以降の観光ツアーのセールスを行ってくることが多いです。

ホテル契約をしているドライバーを利用する場合、ホテルを通さずに直接契約すると伝えれば料金が安くなることもあります。

シェムリアップ空港の利用方法やトゥクトゥクドライバーの待機場所については、別記事に詳しくまとめています。

シェムリアップ空港の入出国の流れやトゥクトゥクドライバーの待機場所
シェムリアップ空港での出発・到着の流れや、トゥクトゥクドライバーの待機場所についてまとめました。 この記事を読んでほしい人 シェムリアップ空港を利用する予定のある人 シェムリアップ空港⇔滞在ホテル間でトゥクトゥクの送迎...

【注意】チャーター料金は必ず最後に払うこと

ほとんどのトゥクトゥクドライバーはルールを守って商売をしていますが、一握りのドライバーは詐欺まがいのことをすることもあるそうです。

まず注意してほしいのはチャーター料金を最初に支払わないことです。最初に支払ってしまうと、契約途中でいなくなったり、追加料金を要求してくる事例もあるのだとか。

トゥクトゥクのチャーター料金は、必ず最後に支払いましょう。

チップは時と場合に応じて渡す

自分がアンコールワットを訪れた際にチャーターしたトゥクトゥクドライバーは、親切でサービスが良い人でした。

無料で水を用意してくれたり、記念撮影ポイントに立ち寄って写真を撮ってくれるなどなど。

カンボジアではチップの習慣はありませんが、良いドライバーに巡り合えた際は、感謝の気持ちを込めてチップを手渡しましょう。

チップの相場としては、1日チャーターの場合は0.5ドル程度、2日~3日チャーターで1~2ドル程度です。

なお、朝日・夕日の往復や空港送迎など、短時間のチャーターについてはチップは不要です。

下の写真は3日間チャーターしたトゥクトゥクのドライバーです。良いドライバーに巡りあえて本当にラッキーでした。

アンコールワット_トゥクトゥク2

ドライバーは遅れてもちゃんと待っていてくれる

海外に行った際にツアーを予約すると、現地の人が時間にルーズだと感じることが結構あります。予定の時間に来なかったり、いい加減な所要時間を言われたりなどなど…。

個人的な印象にはなりますが、アンコールワットのトゥクトゥクドライバーは時間にはきっちりしていました。

1時間後に待ち合わせであれば10分前には到着していますし、こちらが遅刻しても気長に待っていてくれます。

自分の場合、飛行機が2時間遅れてしまいましたが、その間トゥクトゥクドライバーはずっと空港前のゲートで待っていてくれました。

その他、アンコールワット観光時に予定よりも20分も遅く戻ってきてしまったときも、何も気にせずに笑顔で迎えてくれました。

良いドライバーに巡り会えたということもありますが、多くのトゥクトゥクドライバーは時間を守ってお客様第一で営業しています。

アンコールワット観光や東南アジア周遊におすすめのプリペイドSIMカード

スマートフォンやタブレット端末が普及したことにより、海外旅行でのインターネット利用は必需品になっています。

ホテルなどの無料WIFIは利用エリアが限られており、いざという時に使用することができません。そこでおすすめしたいのはプリペイド式SIMカードで、いつでもどこでもインターネットを利用することができます。

東南アジアに旅行に行く人におすすめしたいのがチャイナユニコムのSIMカードで、アクティベートが簡単で東南アジア10か国で利用が可能になっています。

チャイナユニコムのプリペイド式SIMカードについては、別記事で紹介していますので東南アジアに旅行する人は是非ご覧ください。

東南アジア旅行のプリペイドSIMカードはチャイナユニコム|設定も簡単
東南アジア旅行でおすすめするチャイナユニコムのプリペイドSIMカードについて紹介します。 この記事を読んでほしい人 東南アジアでプリペイドSIMカードを利用したい人 チャイナユニコムのプリペイドSIMカードの購入方法や...

コメント

タイトルとURLをコピーしました