メルボルンでおすすめする観光スポット6選|世界で最も住みやすい街

スポンサーリンク

フリンダースストリート駅

メルボルン市内のおすすめ観光スポット6選を紹介します。

スポンサーリンク

メルボルンの訪れるべき観光スポット6選

  1. フリンダースストリート駅
  2. ロイヤルアーケード&ブロックアーケード
  3. ユーレカタワー
  4. クイーンヴィクトリアマーケット
  5. ロイヤルボタニカルガーデン
  6. フレミントン競馬場

フリンダースストリート駅

1854年にオーストラリア国内初の駅として建てられた観光名所です。交通の要所にもなっていて、電車だけでなくトラムのターミナル駅にもなっています。
記事上部の写真を見てもわかりますが、駅の中央には時計が9台も設置されており、世界各地の時間を表示しています。外観が英国風でとても美しく、多くの観光客が記念写真を撮影していました。

シティサークルトラム

ロイヤルアーケード&ブロックアーケード

有名なアーケード街で、ジュエリーや高級ブティック、有名なお菓子屋さんなどが出店しています。平日でも地元の人や観光客で混雑しており、おいしいお菓子やカフェなどを求めて女性に人気があるそうです。
美しいドーム型のアーケードになっており、買い物をせずに歩くだけでも感動しました。上の写真がロイヤルアーケードで、下の写真がブロックアーケードです。

ロイヤルアーケード

ブロックアーケード

ユーレカタワー(ユーレカスカイデッキ)

南半球で一番高い展望台です。眺望が素晴らしく、メルボルンから海まで見渡すことができます。
夜22時までオープンしていますので、メルボルンの美しい夜景も堪能できます。
公式HP:ユーレカスカイデッキ88 公式サイト(日本語)

ユーレカタワー2

ユーレカタワー1

クイーンヴィクトリアマーケット

メルボルンの台所となっており、新鮮な野菜や魚をメインに扱っています。まるで東南アジアのように屋台が所狭しと並んでおり、日用品だけでなく、おみやげや衣服なども売っています。
月曜日と水曜日が定休日になっていますので、訪れる際は注意が必要です。
参照:クイーンヴィクトリアマーケット公式HP(英語)

クイーンヴィクトリアマーケット2

クイーンヴィクトリアマーケット1

ロイヤルボタニカルガーデン

1846年に造園された庭園で、36ヘクタールの広さに12000種類の植物が植えられています。
中心部からは徒歩20分程度と少し距離がありますが、庭園内は美しく、自然の中での散歩は最高でした。料金も無料ですので、是非訪れてみましょう。

王立植物園

フレミントン競馬場

1840年に建設されたオーストラリアで一番大きな競馬場です。世界的にも有名なメルボルンカップの開催競馬場でもあります。
アクセスも抜群でサザンクロス駅から電車10分程度で到着します。フレミントン競馬場の詳細やアクセスについては別記事で紹介しています。

フレミントン競馬場の行き方やドレスコード|メルボルン市街地から電車で10分
メルボルンカップが開催されるフレミントン競馬場の行き方やドレスコードを紹介します。フレミントン競馬場の行き方メルボルン中心部から10km圏内にあり、アクセスは抜群です。競馬開催日はメルボルンのサザンクロス駅から臨時電車が出ており、そ...

メルボルン観光やヨーロッパ周遊におすすめのプリペイドSIMカード

スマートフォンやタブレット端末が普及したことにより、海外旅行でのインターネット利用は必需品になっています。
ホテルなどの無料WIFIも有用ですが、利用エリアが限られていて、いざというときに使うことができません。
その点、プリペイドSIMカードはアクティベートさえしてしまえば、いつでもどこでもインターネットを楽しむことができますので非常におすすめです。
特に路上で道に迷ったときや、移動中に旅先の情報を調べたいときなどにWIFIを探して難民にならなくても済みます。
自分も海外旅行の時は毎回利用しており、グーグルマップとGPSを使うことでホテルや観光スポットに迷うことなく行くことができています。
個人的におすすめするのがAmazonで購入できるKK外遊カードで、ヨーロッパの49か国で利用が可能になっています。
KK外遊カードについては、別記事で紹介していますので是非ご覧ください。

KK外遊カードの使い方やアクティベート方法|ヨーロッパ周遊の最適
プリペイドSIMカードのKK外遊カードの使い方やアクティベート方法を紹介します。 KK外遊カードはAmazonで購入できて海外でのスマホ利用に不慣れな方でも簡単に使うことができるプリペイドSIMカードです。 SIMカードのサイズ...
スポンサーリンク
オーストラリア
スポンサーリンク
旅のみちしるべ|tabi-guide.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました