オークランド国際空港の国内線乗り継ぎ方法|所要時間は最低2時間必要

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

オークランド空港_乗り継ぎ1

ニュージーランドのオークランド国際空港について、国内線への乗り継ぎ方法や所要時間を紹介します。

この記事を読んでほしい人
  • オークランド空港を乗り継ぎ目的で利用する人
  • 日本からオークランド空港経由で他都市へ移動する人

ニュージーランドの玄関口であるオークランド国際空港。観光客に人気のあるニュージーランド南島を訪れる多くの観光客がオークランド国際空港で国内線に乗り継いでいます。

オークランド空港は国際線ターミナルと国内線ターミナルが別の建物になっていることもあり、乗り継ぎの所要時間は他の空港よりも長くかかります。

本記事では、オークランド国際空港での国際線から国内線の乗り継ぎ方法について、写真を入れながら詳しく記載しています。

オークランド国際空港での国内線乗り継ぎ方法

オークランド国際空港での乗り継ぎは以下の6つの手順になります。
参照:オークランド国際空港マップ(英語)

  1. オークランド国際空港に到着&入国審査
    国内線に乗り継ぐ場合、入国審査はオークランド国際空港で行います。入国カードは可能な限り機内で記入を済ませておきましょう。

    入国審査では特に何も聞かれずにスムーズに入国できることが多いです。

  2. 手荷物ピックアップ
    国際線から国内線に乗り継ぐ場合はオークランド空港で手荷物のピックアップが必要です。

    反対に帰国時など、オークランド空港で国内線から国際線に乗り継ぎ場合は、オークランド空港では手荷物を預け直す必要はありません。(2019年1月現在)

    なお、本記事はニュージーランド航空利用時の方法を記載しており、他の航空会社を利用する場合はチェックインの際にスタッフに確認しておきましょう。

  3. 検疫&税関チェック
    手荷物に問題ないか検疫および税関チェックを行います。乗継時間が迫っている場合、急ぎ専用レーンが設置されていますので、積極的に利用しましょう。

    手荷物ピックアップ後、国内線のフライトが1時間後以降あれば、通常ルートでの乗り継ぎになります。

  4. 入国手続き完了&国内線ターミナルへ移動
    検疫と税関チェックが終了したら入国手続きは完了です。その後は国際線ターミナルから国内線ターミナルに移動しましょう。

    ターミナル間は少し距離があり、徒歩で約10分はかかります。
    無料シャトルバスもありますが、本数が少ないので急いでいる場合は歩いたほうが早いです。

    徒歩でターミナル間を移動する場合、下の写真のような緑のガイドラインが敷設されていますので、それを目印に歩きましょう。
    オークランド空港_乗り継ぎ2
    国内線ターミナルの近くに下の写真のように分岐があります。ご自身が利用する利用航空会社が記載された標識の方向に進みましょう。

     

    オークランド空港_乗り継ぎ3

  5. 手荷物の預け入れ
    国内線ターミナルに到着したら、航空会社カウンターでチェックイン手続きを行い、航空券を受け取りと手荷物を預け入れます。

    なお、ニュージーランド航空で国際線から国内線に乗り継ぎを行う場合、国際線ターミナルのグラウンドフロアにチェックインデスクがありますので、そちらで手続きを行うことも可能です。

  6. 出発ロビーへ移動&搭乗
    チェックインが完了したら、手荷物検査を受け、出発ロビーに移動します。これで乗り継ぎは完了です。

オークランド国際空港で必要な乗り継ぎ時間

オークランド国際空港で乗り継ぎを行う際の所要時間は3時間が推奨されています。

以下 オークランド国際空港オフィシャルサイトより抜粋

Before booking a domestic flight please allow around three hours to cover procedures for entry into NZ, transferring to the Domestic Terminal, as well as any unexpected flight or processing delays.
(予測できない事態もありますので、乗り継ぎ時間は3時間程度確保してください。)

日本からの往路は乗り継ぎ所要時間は2時間程度

日本からニュージーランドに渡航する場合、オークランド空港で国内線へ乗り継ぐ所要時間は最低2時間は確保しましょう。

予定通りフライトが到着した場合でも、入国や検疫などで乗り継ぎ時間は1.5~2時間は必要です。

フライトの遅れなど、想定外の事態が発生することもあります。乗り継ぎに失敗した場合は、到着後すぐにチェックインデスクに行って後続便に振り替えてもらいましょう。

振替自体は無料で対応してくれますが、後続便が満席の場合はその次の便に搭乗することができます。

目的地への到着時間がさらに遅くなっていしまいますので、余裕を持った乗り継ぎ時間を設定することをおすすめします。

日本への帰国時は所要時間は1.5時間程度

ニュージーランドから日本に帰る場合、オークランド空港で手荷物を預け直す必要はありません。そのため、乗継所要時間は往路と比べると少し短縮されて1時間~1時間半程度です。

ただ、空港内で迷うことや国内線のフライトが遅れることも十分あり得ますので、余裕を持ったスケジュールを組みましょう。

オークランド国際空港の乗り継ぎで注意すること

国際線・国内線のターミナル間の移動に注意

前述していますが、国内線ターミナルと国際線ターミナルは隣接されておらず、移動に徒歩で10分程度かかります。

アジアのハブ空港のように乗り継ぎが20分程度で可能という感覚でいると乗り過ごしてしまうことになります。

国際線から国内線への乗り継ぐ場合、余裕を持った乗り継ぎ時間を設定しましょう。

荷物のピックアップ要否を事前に確認

乗り継ぎの航空会社が変わるときは、空港での手荷物の預け直しが必要なのはよく知られています。

ニュージーランド航空で国際線から国内線に乗り継ぐ場合も、オークランド空港で手荷物のピックアップと検疫が必要です。

手荷物のピックアップ+検疫には30分はかかります。フライトが遅延しない前提になりますが、乗継時間は最低2時間は必要です。

【併せて読みたい】クライストチャーチでのレンタカーの借り方

ニュージーランドの南島は公共交通機関がほとんど整備されていません。高速バスは運行されていますが、1日の運行本数が少ないため不便です。

そのため、ニュージーランド南島ではレンタカーの利用をおすすめします。クライストチャーチでのレンタカーの利用方法については別記事で詳しく紹介しています。

クライストチャーチ空港でのレンタカーの借り方や返却方法|空港内店舗がおすすめ
クライストチャーチ空港でのレンタカーについて、借り方や返却方法などの利用方法をまとめました。 この記事を読んでほしい人 ニュージーランド南島をレンタカーで移動したい人 クライストチャーチ空港でレンタカーを借りる人 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました