クライストチャーチ空港でのレンタカーの借り方|空港内店舗が便利

スポンサーリンク

ニュージーランド_レンタカー1

クライストチャーチ空港でのレンタカーの借り方や利用方法を紹介します。

スポンサーリンク

クライストチャーチ空港でのレンタカーの借り方

事前にレンタカーを予約

夏のハイシーズンに訪れる場合はもちろんですが、海外でレンタカーを利用する場合は事前にインターネットで予約することをおすすめします。
自分はRentacars.comを利用しましたが、予約から引き取りまでトラブルなくスムーズに運ぶことができました。
Rentacars.comに限らず、インターネットでレンタカーを予約すると予約確認書がメールで送られてきますので、印刷して持って行きましょう。
もしくはレンタカー会社のスマホアプリをダウンロードしておけば、スマホで予約確認書を提示することができます。
公式サイト:Rentacars.com

予約確認書を持って空港のレンタカー会社窓口へ

今回はクライストチャーチ空港に窓口があるレンタカー会社について記載しています。
現在、空港内に窓口があるのは以下のレンタカー会社です。

  • Avis New Zealand
  • Budget New Zealand
  • Europcar
  • Ezi Car Rental
  • Hertz
  • Thrifty
  • Enterprise Rent-A-Car
  • Aerodrive(2018年12月より)

クライストチャーチ空港に窓口がないレンタカー会社については、レンタカー会社窓口エリアの近くにある”空港ピックアップ専用電話”を使用します。
レンタカー会社のスタッフに連絡して、空港のレンタカーピックアップエリアまで迎えに来てもらいましょう。
その後のレンタル方法については、日本のレンタカー会社と同じです。返却場所もレンタルする際に指示がありますので、よく聞いておきましょう。

レンタカー会社からの諸注意を聞いて鍵をもらう

クライストチャーチ空港内のレンタカー会社窓口に到着した後、レンタカー会社のスタッフから諸注意を聞きます。まずニュージーランドでの運転が初めてかを聞かれ、初めての場合は交通ルールの説明を簡単に受けます。
その後、レンタル会社の保管用として、国際免許証と日本の運転免許証がコピーされます。併せて、ガソリン満タン返しや車に付いている傷の説明を受け、有事の担保としてクレジットカードを登録します。
全ての手続きが完了後、鍵と駐車場番号が記載された書類が手渡されます。

空港駐車場内のレンタカーパーキングで車を確認

空港内のレンタカー会社窓口は空港駐車場の近くに位置しています。窓口付近の出口の傍にバス駐車場があり、さらに先に進むとレンタカーパーキングがあります。
参照:クライストチャーチ空港駐車場マップ
下の写真のようにレンタカーパーキングには、各社のロゴと番号が記載されたボードが立てられています。鍵をもらうときに聞いた駐車場番号を探しましょう。

ニュージーランド_レンタカー2

車を見つけたら、念のために書類に記載されている傷の箇所以外に大きな傷がないか確認しておくことをおすすめします。
スマホで出発前の車の写真を撮っている人もいました。

クライストチャーチ空港でのレンタカーの返却方法

空港内のレンタカーパーキングに駐車

クライストチャーチ空港の駐車場は少し分かりにくいので、返却の際には注意が必要です。
「Short Stay/Long Stay Parkingエリア」のさらに奥にレンタカーパーキングがあります。実際に返却する際、間違えてShort Stay Parkingに入ってしまいましたが、すぐに出庫すれば無料でした。

ニュージーランド_レンタカー3

返却時はレンタカーを借りる際に提示された駐車場番号は関係ないようです。
実際に借りたときの駐車場番号には既に別の車が駐車されていたため、利用したレンタカー会社の空いている駐車スペースに停めればOKでした。
参照:クライストチャーチ空港駐車場マップ

キーをレンタカー会社に返却

車内に忘れ物がないことを確認して、レンタカー会社のオフィスに鍵を返却すれば完了です。
傷のチェックやガソリン満タンの確認もスタッフが返却後に行いますので、立会いやガソリンスタンドのレシート提出は不要です。
もし損傷があったりガソリンが満タンでなければ、レンタル時に登録したクレジットカードから費用が引き落とされます。

クライストチャーチ空港のレンタカー会社窓口の場所

クライストチャーチ空港はニュージーランド航空のハブ空港として利用されているニュージーランド最大の空港です。ただ、アジアのハブ空港と比較すると、大きな規模な空港ではありません。
レンタカー会社の窓口は空港内のグラウンドフロアの一角に集約されており、迷うことなく辿り着けます。Rent a carの標識を見ながら向かいましょう。
参照:クライストチャーチ空港マップ

ニュージーランドでレンタカーを利用する上で必要なもの

海外で車を運転するためには以下の書類が必要になります。

  1. 国際免許証
  2. 現地で使用できるクレジットカード
  3. 日本の運転免許証

ニュージーランドでのガソリンスタンドの利用方法

ニュージーランドでのガソリンスタンドの利用方法は別記事で紹介しています。

ニュージーランドのガソリンスタンドの使い方|利用方法を覚えれば簡単
ニュージーランドでのガソリンスタンドの使い方を紹介します。ニュージーランドでのガソリンスタンドの利用方法ニュージーランドのガソリンスタンドの使い方はとても簡単です。日本と違う部分だけを覚えておけば、まごつくことはほとんどありません。...

ニュージーランド観光におすすめのプリペイドSIMカード

スマートフォンやタブレット端末が普及したことにより、海外旅行でのインターネット利用は必需品になっています。
ホテルなどの無料WIFIも有用ですが、利用エリアが限られていて、いざというときに使うことができません。
その点、プリペイドSIMカードはアクティベートさえしてしまえば、いつでもどこでもインターネットを楽しむことができますので非常におすすめです。
特にニュージーランドは山道以外は3G以上の通信が可能です。運転される方でカーナビにスマホを利用する場合は、プリペイドSIMカードは必需品です。
カーナビ利用中は通信は必要ありませんが、途中でルートを変える場合や経由地を追加する際にはマップのダウンロードが必要になり、ネット通信が必須ですので是非プリペイドSIMカードの購入を検討してください。
自分も海外旅行の時は毎回利用しており、グーグルマップとGPSを使うことでホテルや観光スポットに迷うことなく行くことができています。
個人的におすすめするのがAmazonで購入できるKK外遊カードで、ニュージーランドも含めた49か国で利用が可能になっています。
KK外遊カードについては、別記事で紹介していますので是非ご覧ください。

ニュージーランドのプリペイドSIMはKK外遊カードがおすすめ!
ニュージーランドで使用できるデータ専用SIMカードのKK外遊カードについて紹介します。 KK外遊カードとは Amazonで購入することができるデータ通信専用のプリペイドSIMカードの1種です。主要キャリアのデータローミングやポケットWi...
スポンサーリンク
ニュージーランド
スポンサーリンク
旅のみちしるべ|tabi-guide.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました