シャティン競馬場の行き方やドレスコード|香港中心部から電車で

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

シャティン競馬場

香港のシャティン競馬場の場所や行き方、ドレスコードを紹介します。

この記事を読んでほしい人
  • ハイレベルな香港の競馬を楽しみたい人
  • シャティン競馬場の場所やアクセス、ドレスコードを知りたい人

香港のシャティン競馬場は東南アジア屈指のハイレベルな競馬が開催されている競馬場として知られており、多くの日本の競馬ファンも訪れています。

近年は日本での短期免許で来日していたモレイラ騎手が本拠地として活動しており、レースのレベルが格段に上がってきています。

本記事では、シャティン競馬場の行き方やドレスコードだけでなく、実際に筆者が行った感想も記載しています。

シャティン競馬場の行き方

シャティン競馬場には専用の馬場駅が併設されていますので、電車で行くのが一般的です。

香港中心部からは地下鉄MTRや電車を乗り継いで、「East Rail Line」に乗る必要があります。 事前に公式サイトでMRT路線図を確認しておきましょう。

路線図の真ん中にある水色の路線の馬場駅が競馬場専用駅です。
参照:香港MRT路線図(公式HP)

シャティン競馬場は香港中心部からは10km圏内ですが、電車の乗り継ぎが複数回あります。香港駅(中環駅)からの所要時間は約40分です。

乗り継ぎ自体は難しくありませんが、注意してほしいのは馬場駅を通過する電車があることです。

East Rail Lineの電車に乗り換える際に必ず電光掲示板を確認して、下の写真のように「via Racecourse」と案内板に表示されている電車に乗りましょう。

シャティン競馬場は馬場駅に直結していますので、徒歩で5分以内です。馬場駅で降車する全員が競馬場に向かいますので、人の波についていけば迷うことはありません。

シャティン競馬場_ガイド

香港競馬のドレスコード

欧米の競馬では男性はスーツ、女性はドレスで着飾って競馬に来るのが一般的で、ギャンブル場というよりも社交の場として認知されています。

香港を含めたアジアの競馬場は日本と同様にギャンブル場というイメージが強く、スーツやおしゃれ着で来ている人はほとんどいません。

そのため、香港競馬にはドレスコードはありません。 ほとんど全員がラフな格好で来ており、短パン&サンダルでも咎められることはありません。

参照:香港ジョッキークラブ 公式HP(英語)

香港競馬の馬券の買い方

馬券の買い方については別記事で紹介しています。シャティン競馬場を訪れる前に、馬券の購入を事前に確認しておきましょう。

香港競馬場の馬券の買い方(シャティン・ハッピーバレー)|購入方法は簡単
香港の競馬場(シャティン・ハッピーバレー)での馬券の購入方法について紹介します。 この記事を読んでほしい人 香港の競馬場で馬券を買いたい人 香港競馬の馬券について知りたい人 日本でも導入された海外馬券購入。香...

シャティン競馬場の開催日

シャティン競馬場は9月上旬~翌年7月中旬の毎週1回、土曜日か日曜日に開催されています。

シャティン競馬場の他に香港で開催しているハッピーヴァレー競馬場については、そちらは毎週水曜日にナイター開催をしています。

詳細については公式HPのレーシングカレンダーをご確認ください。
公式HP:香港ジョッキークラブホームページ内 レーシングカレンダー

シャティン競馬場に実際に行った感想

香港の競馬はレベルが高くて見ごたえがあると聞いていたので、香港旅行のメインイベントとして楽しみにしていました。

実際に観戦して思ったことは、他のアジアの競馬場と比べるとレースレベルは高く、ジョッキーもモレイラ騎手などの素晴らしいメンバーが揃っていました。

また、香港特有の高層ビル群とシャティン競馬場がマッチしていて美しかったこともあり、シャティン競馬場の競馬観戦は大満足でした。

スタッフも親切で馬券購入時やレーシングプログラムを探しているときなど、色々とサポートしてくれました。

客層は日本と同じような感じで、若い人もいればおじさんもいたりという感じでした。

シャティン競馬場は、日本以外で競馬を楽しみたいという方におすすめしたいアジア屈指の競馬場です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました