香港は英語が通じる?通じない?|英語圏という感覚で訪れていいのか

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

香港_ヴィクトリアピーク

香港は英語が通じるのか・通じないのか、実際に筆者が訪れた際に検証しました。

この記事を読んでほしい人
  • 香港で英語が通じるか知りたい人
  • 香港への旅行を考えている人

英語圏として認識されている香港。旧イギリス領ということもあり、香港人のほぼ全員が英語を話せるというイメージを持っている人も多いはずです。

本記事では、香港での英語の汎用性だけでなく、英語が通じやすい場所や通じにくい場所も併せて紹介しています。

香港人は英語が話せる?

香港はイギリス領だったこともあり、香港の人は英語がペラペラというイメージを持っている人も少なくありません。実際に筆者が訪れた際に感じたのは、英語を話せる香港の人は意外と少ないということです。

その理由としては、香港人同士の会話は主に広東語を使用されており、英語を使うのは外国人と話す時くらいだからです。実際、英語で話しかけても全く反応してくれない香港人もいました。

ここからはシチュエーション別で英語を通じる度を紹介します。

空港やホテル、高級レストラン、ショッピングモール

空港やホテル、高級レストラン、ショッピングモールなどの観光客向けの施設では、ほぼ100%英語が通じます。

案内スタッフや店舗スタッフなど、接客を行う従業員全員が英語を話せると考えて問題ありません。

観光スポットのスタッフ、お土産屋さん、街のレストラン

観光スポットのスタッフやお土産屋さん、レストランなどのややローカル色が強くなる施設については、接客対応をしている人は英語を話せることが多かったです。

ただ、広東語しか話せないスタッフも多少はおり、英語で話しかけると別のスタッフを連れてきてくれる感じでした。

お土産屋さんや街のレストランで、英語が話せるスタッフが全くいない店は自分が訪れた限りではありませんでした。

ローカルレストランや路地裏の露店

地元の人が行くようなレストランや路地裏の露店など、現地の人が主に利用する施設については、英語を話せない人が多い印象でした。

特に地元の人だけが利用するようなレストランでは広東語のみしか通じないことも多く、注文するだけでも大変でした。

ローカルレストランに入る際は、英語メニューがあることや英語対応ができるスタッフがいることを事前に確認することをおすすめします。

香港で日本語は通じるのか?

最後に、香港で日本語は通じるのかについても確認してみました。筆者が経験した範囲では、高級ホテルや空港は日本語を話せるスタッフは多少はいました。

ただ、シティホテルや街中では日本語はまず通じないと考えておいた方がよいでしょう。

日本語自体は通じませんが、香港では広東語が使われており、標識や看板などは漢字で書かれています。

日本人であれば何が書かれているのか多少は予想できます。例えば、ホテルは「酒店」、空港は「機場」など、日本語から想像がつくような単語も少なくありません。

香港を訪れたときは、漢字を見ながら言葉の意味を予想するのも1つの旅行の楽しみ方にしてみてもよいかもしれません。

香港観光や東南アジア周遊におすすめのプリペイドSIMカード

スマートフォンやタブレット端末が普及したことにより、海外旅行でのインターネット利用は必需品になっています。

ホテルなどの無料WIFIは利用エリアが限られており、いざという時に使用することができません。そこでおすすめしたいのはプリペイド式SIMカードで、いつでもどこでもインターネットを利用することができます。

東南アジアに旅行に行く人におすすめしたいのがチャイナユニコムのSIMカードで、アクティベートが簡単で東南アジア10か国で利用が可能になっています。

チャイナユニコムのプリペイド式SIMカードについては、別記事で紹介していますので東南アジアに旅行する人は是非ご覧ください。

東南アジア旅行のプリペイドSIMカードはチャイナユニコム|設定も簡単
東南アジア旅行でおすすめするチャイナユニコムのプリペイドSIMカードについて紹介します。 この記事を読んでほしい人 東南アジアでプリペイドSIMカードを利用したい人 チャイナユニコムのプリペイドSIMカードの購入方法や...

コメント

タイトルとURLをコピーしました