一の滝・二の滝渓谷の場所や行き方|山形県遊佐町にある鳥海山近郊の滝

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

二の滝 一の滝

山形県遊佐町にある一の滝・二の滝渓谷の場所やアクセスを紹介します。

この記事を読んでほしい人
  • 一の滝・二の滝に行きたい人
  • 一の滝・二の滝の場所や行き方を知りたい人
  • 一の滝・二の滝の口コミを知りたい人

一の滝・二の滝は、鳥海山登山道の一の滝・二の滝渓谷にあり、飽海3名瀑にも選ばれている有名な滝です。

滝に向かう遊歩道にはブナの原生林が生育しており、美しい景色を見ながら滝巡りができます。

一の滝・二の滝への場所や行き方・アクセス

一の滝・二の滝は、秋田県・山形県の県境になっている鳥海山の南麓にある山形県飽海郡遊佐町にあります。

一の滝・二の滝の基本情報
場所秋田県遊佐町(Google Map 39.164611, 139.950481)
開放時間24時間(夜間の滝見は危険です)
※11月中旬~5月下旬頃は遊歩道が閉鎖
駐車場有(10台程度)
駐車場からの所要時間一の滝まで徒歩10分程度、一の滝から二の滝まで徒歩10~15分
料金無料
自治体サイト山形県遊佐町

一の滝・二の滝への詳細な道順

遊佐町中心部からの一の滝・二の滝への詳細な道順を紹介します。

  1. 国道345号線の月光川付近の交差点を東へ
    ↓のストリートビューは山形方面から向かう場合の状況です。
  2. 道なりに進み、県道60号線に合流
  3. 約3kmほど進み、分岐を左へ(そのまま県道60号を進む)
    一之瀧神社と書かれた小さな標識があります。

  4. 道なりに約7km(10分程度)進み、駐車場に到着

一の滝・二の滝の駐車場&滝までの行き方

一の滝・二の滝は↓の写真のように、大規模な駐車場が整備されています。鳥海山でも有名なハイキングスポットということもあり、駐車場には大きな案内板も設置されていました。

一の滝・二の滝ボード

駐車場から一の滝までは遊歩道が整備されており、徒歩で10分程度です。往路は下りになっていて楽に行けますが、復路はずっと登りですのでかなり疲れます。

一の滝までの道のりは分かれ道はありませんので、道に迷うことはまずありません。 下の写真のような滝見専用の展望台が設置されています。

一の滝展望台

一の滝から二の滝へは、さらに遊歩道を10~15分程度歩く必要があります。こちらもほとんど一本道ですので、迷うことなく行くことができました。

なお、二の滝の付近には「二の滝展望台まであと10分」と書かれた標識があります。二の滝展望台は滝を上から眺める展望台であり、写真撮影スポットではありません。  

二の滝付近から展望台に行く道は険しい山道になっており、展望台からの眺望も微妙でした。↓の写真の場所ですが、正直がっかりスポットでした。

二の滝上部展望台

滝見の必需品

一の滝・二の滝を訪れる際の滝見の必需品は以下の4点になります。駐車場から滝まで遊歩道を20分以上歩きますので、動きやすい服装で訪れるようにしましょう。

  • 車(レンタカー)
    法体の滝付近には公共交通機関は整備されていませんので、車が無いと滝を訪れることはできません。 自家用車をお持ちでない方はレンタカーが必要です。

    レンタカー検索には一括比較サイトの楽天レンタカーの利用がおすすめです。
    公式サイト:楽天トラベル(レンタカー)

  • 歩きやすい靴
    駐車場から滝までは遊歩道を20分以上歩くことになります。トレッキングシューズなどの歩きやすい靴を履いていきましょう。

    川を渡ることはありませんので長靴は不要ですが、 二の滝の撮影ポイント付近は非常に滑りやすくなっていますのでご注意ください。

  • 虫よけスプレー
    駐車場から滝までは山道を歩きますので、虫よけスプレーを使用するのが望ましいです。
  • 広角レンズ(一眼レフ撮影の方)
    展望台から滝までの距離が近いので一眼レフ撮影を行う方は広角レンズが必要です。35mm換算で20mm程度の広角レンズが良いでしょう。

一の滝・二の滝の混雑度

一の滝・二の滝の駐車場には多くの車がとまっていましたが、ほとんどが付近のハイキングコースを訪れており、一の滝・二の滝の撮影が目的の人は少なかったように思います。

そのため、一の滝の展望台や二の滝の撮影ポイントはほとんど混雑しておらず、貸し切り状態で滝の写真撮影をすることができます。

一の滝・二の滝の水量

筆者は小雨が続いた日に一の滝・二の滝を訪れたため水量は良好でした。特に二の滝の迫力はすさまじく、滝の近くでは水しぶきで写真撮影ができないほどでした。

他サイトの写真を見ても、一の滝・二の滝ともに晴天が続いていても水量は比較的安定しており、天候に左右されない滝だといえるでしょう。

【併せて読みたい】鳥海山の絶景滝7選

一の滝・二の滝以外にも鳥海山には絶景滝が多くあります。おすすめの絶景滝7選について、別記事で詳しく紹介しています。

鳥海山の滝めぐりにおすすめする絶景滝7選|テレビや雑誌でも多数掲載
出羽富士とも呼ばれている鳥海山の麓で、滝めぐりにおすすめしたい滝をまとめました。 この記事を読んでほしい人 鳥海山に個人旅行で訪れる人 鳥海山で滝めぐりをしたい人 鳥海山近郊の絶景滝について知りたい人 鳥...

【併せて読みたい】滝の写真をきれいに撮影する方法

インターネットやSNSでよく見かける、水が流れ落ちるような滝の写真。高度な撮影技術が必要と思うかもしれませんが、一眼レフカメラと三脚さえあれば簡単にきれいな滝の写真が撮影できます。

滝の写真をきれいに撮影する方法を別記事に詳しくまとめていますので、滝の写真撮影に興味のある方は是非ご覧ください!

一眼レフ初心者でもできる滝写真の撮り方やおすすめレンズ、NDフィルター
一眼レフ初心者でも簡単に習得できる、滝の写真をきれいに撮る方法を紹介します。 この記事を読んでほしい人 一眼レフカメラで滝の写真を美しく撮りたい人 インターネットやSNSでよく見かける水が流れ落ちているような美し...

コメント

タイトルとURLをコピーしました