ブリュッセルの観光スポット4選|所要時間は半日でベストシーズンは夏

スポンサーリンク

グランプラス1

徒歩で巡れるブリュッセルのおすすめ観光スポット4選と観光の所要時間を紹介します。

ブリュッセルの訪れるべき観光スポット4選

  1. グランプラス
  2. サン・ミッシェル大聖堂
  3. 小便小僧
  4. ギャルリー・サンテュベール
  5. ベルギーワッフル食べ歩き(おまけ)

グランプラス

グランプラス2

グランプラスは約100m×70mの広場で、ブリュッセル観光の中心になっていて世界遺産にも登録されています。

世界で最も美しい広場のひとつと言われており、世界中が観光客が押し寄せています。 グランプラスは市庁舎・王の家・各ギルドハウスで構成されており、ゴシック建築の美しさをパノラマ風に見ることができます。

グランプラスは一年を通して多くのイベントが開催されていますが、その中でも有名なのが花の祭典フラワーカーペットです。

ベルギーはベゴニアの世界最大の産地で、世界で生産される80%を占めています。フラワーカーペット開催時は、グランプラスの中央部に50万株以上のベゴニアが植えられます。

フラワーカーペットは2年に1回、偶数年の8月ごろに4日間程度開催されています。期間中の昼間は大変混雑しますので、早朝に訪れることをおすすめします。

グランプラスは無料で開放されていますので、フラワーカーペットは無料で見ることができます。ただ、少し上から見る方がより美しく感じられますので、有料で入ることのできる市庁舎2Fからの眺望がおすすめです。

公式サイト:フラワーカーペット(英語)

また、毎年クリスマスマーケットシーズンには光の祭典THE SOUND AND LIGHT SHOWも開催されています。

光の祭典とは、グランプラスを構成する歴史的建築物にプロジェクションマッピングをして冬のブリュッセルを彩るものです。

下の写真のように市庁舎を初めとした美しい建物がカラフルなライトで照らされています。11月末~1月初旬の期間、30分もしくは1時間に1回の間隔で行われています。

クリスマスマーケットは11月末~12月末で終わってしまいますが、光の祭典は1月初旬まで行われていますので、年始に行く方は必見です!

公式サイト:ベルギー観光局 グランプラス
公式サイト:ブリュッセル グランプラス光の祭典(英語)

グランプラス_ライトアップ

サン・ミッシェル大聖堂

サンミッシェル大聖堂

サン・ミッシェル大聖堂はブリュッセル中心部にある高さ69mのゴシック様式の大聖堂です。

地下からローマ時代の遺跡が発見されたこともあり、ブリュッセルでも重要な史跡として知られています。

グランプラスから徒歩5分程度で行くことができますので、グランプラスの観光とセットで訪れましょう。

サン・ミッシェル大聖堂は外観がとても美しいので外から見ただけで満足しそうになりますが、ステンドグラスや美術品が内蔵されている内観もおすすめです。

グランプラスと同様、入場無料ですので訪れた際は是非中へ入ってみてください!開館時間は季節によって変わりますので、公式サイトをご確認ください。

冬であれば、平日は7時半~18時、土曜日は7時半~15時半、日曜日は14時~18時となっています。夏は少し延長され、平日は7時半~18時、土曜日は7時半~17時、日曜日は13時~18時です。

公式HP:サン・ミッシェル大聖堂(英語)

小便小僧

小便小僧

ブリュッセルの小便小僧は世界的な”がっかりスポット”として知られていますが、せっかくブリュッセルを訪れたのであれば行ってみても良いかもしれません。

期待していくと確かに残念な感じになるのかもしれませんが、、、がっかりスポットと知ったうえで行くと思ったより期待外れではなかったです。

その理由のひとつとしては、グランプラスから小便小僧の間はワッフル店やチョコレート店が多くあるため、ウインドウショッピングや食べ歩きが楽しめるからかもしれません。

実際に行ってみた感想としては、小便小僧は季節によって服装を変えたりして見る人を楽しませていますので、小便小僧を見に行くのは全然アリだと思いました!

ギャルリー・サンテュベール

ギャルリー・サンテュベール

ギャルリー・サンテュベールはヨーロッパ最古のアーケード街で、グランプラスから徒歩圏内にあります。アーケード街は3階建てになっており、大小50もの有名店が軒を連ねています。

かつては富裕層向けの店が多かったようですが、現在は地元の人や観光客で賑わっています。値段も高級チョコレート店としては良心的でした。

1847年に建設されたアールヌーヴォー建築のアーケード街で、ベルギーを代表する老舗のカフェやチョコレート店が出店しています。

その他にも、イギリスの新聞社ガーディアン紙の「The world’s 10 best bookshops」として選出されたトロピズム(TROPISMES)もありますので、ウィンドウショッピングをしているだけでも楽しめます。

ベルギーワッフル食べ歩き(おまけ)

ベルギーワッフル

ベルギーといえばワッフル!と言っても過言ではありません。 ベルギー国内には数多くのワッフル専門店が軒を連ねています。

特にグランプラスから小便小僧へ行く通りはワッフル専門店の天国になっていて、10軒以上のワッフル専門店がありました。

もちろんゲントやアントワープ、ブリュージュなどの主要都市にも多くのワッフル専門店がありますので、ちょっと小腹が空いたときは本場のワッフルを食べてみてはいかがでしょうか。

ワッフルを購入する際、ホイップクリームやチョコレートなど様々なトッピングを選ぶことができますので、是非色々と試してみてください!

結局のところ、個人的には”トッピング無し”が一番おいしかったです。

ブリュッセル観光の所要時間

ブリュッセルにはグランプラスや小便小僧、大聖堂など多くの観光スポットがありますが、観光スポットが市街地に集約されています。

他の都市であればバスやトラムを利用して移動するのが一般的ですが、ブリュッセルでは徒歩だけで十分観光できます。

観光の所要時間は半日程度で、近隣都市からでも日帰り観光が十分可能です。 ロンドンから早朝のユーロスターに乗って10時ごろにブリュッセルに到着して観光、夕方にはアムステルダムやパリに移動することも十分可能です。

クリスマスシーズンに訪れる方は、夜のプロジェクションマッピングは絶対に見逃せませんので、一泊して観光することをおすすめします。

ブリュッセルへのアクセス

日本からブリュッセルへは全日空が東京(成田)からの直行便を毎日運航しています。

その他にも近隣のパリ・ロンドン・アムステルダムなどの都市への直行便も日本から就航していますので、そこから飛行機や電車でアクセスすることもできます。
参照:全日空 就航都市情報(ブリュッセル)

近隣の都市からブリュッセルにアクセスする場合、電車やバスで行くのが一般的です。

電車でブリュッセルにアクセスする場合

電車の場合、パリ・アムステルダム・ケルンなどの主要都市から国際高速列車を利用するのが一般的です。パリからであれば約1時間40分、アムステルダムとケルンからは約2時間です。

注意したいのが運賃で、ヨーロッパの鉄道料金は航空券と同様の料金システムになっており、早く購入すれば安価ですが、出発日に近づくほど高価になっていきます。

乗車日が決定しているのであれば、早めにチケットを手配することをおすすめします。

レイルヨーロッパは日本語対応しており、確実にチケットを手配できますのでおすすめです。
☆鉄道パスと鉄道チケットが買えるレイルヨーロッパ☆

ロンドンから電車でアクセスする場合はユーロスターの一択です。ロンドンからのユーロスターの利用方法については、別記事で詳しく紹介しています。

ユーロスターの予約方法や乗り方|ロンドン・パリ・ブリュッセルを移動
ロンドンとパリ・ブリュッセル等を結ぶ高速鉄道ユーロスターの予約方法や乗り方を紹介します。 ユーロスターについて ロンドンとパリ・ブリュッセルとの間で運行されている高速列車です。最高時速は300kmでロンドンとパリ・ブリュッセルを2時...

バスでブリュッセルにアクセスする場合

ヨーロッパの各都市からブリュッセルへは高速バスでも行くことができます。各都市からの所要時間はパリからは約5時間、アムステルダムからは約3時間、ケルンからは約3時間半です。

バスを利用してブリュッセルにアクセスする場合は、インターネットで事前にチケットを予約するか、各都市のバスターミナルでバスチケットを購入する方法のどちらかになります。

高速バスも電車と同様に運賃が予約者数によって変動しますので、旅程が決まっている場合はあらかじめ予約しておくことをおすすめします。

おすすめの予約サイトはget by busとFlix Busです。英語サイトにはなりますが、出発地・目的地・日時を入力して検索&購入するだけですので、難しくありません。

メールで送られてくる乗車券を印刷して当日持参すれば乗車できます。
予約サイト1:get by bus(英語)
予約サイト2:Flix Bus(英語)

ブリュッセル観光やヨーロッパ周遊におすすめのプリペイドSIMカード

スマートフォンやタブレット端末が普及したことにより、海外旅行でのインターネット利用は必需品になっています。

ホテルなどの無料WIFIも有用ですが、利用エリアが限られていて、いざというときに使うことができません。

その点、プリペイドSIMカードはアクティベートさえしてしまえば、いつでもどこでもインターネットを楽しむことができますので非常におすすめです。

特に路上で道に迷ったときや、移動中に旅先の情報を調べたいときなどにWIFIを探して難民にならなくても済みます。

自分も海外旅行の時は毎回利用しており、グーグルマップとGPSを使うことでホテルや観光スポットに迷うことなく行くことができています。

個人的におすすめするのがAmazonで購入できるKK外遊カードで、ヨーロッパの49か国で利用が可能になっています。

KK外遊カードについては、別記事で紹介していますので是非ご覧ください。

KK外遊カードの使い方やアクティベート方法|ヨーロッパ周遊の最適
プリペイドSIMカードのKK外遊カードの使い方やアクティベート方法を紹介します。 KK外遊カードはAmazonで購入できて海外でのスマホ利用に不慣れな方でも簡単に使うことができるプリペイドSIMカードです。 SIMカードのサイズも通...
スポンサーリンク
ベルギー
スポンサーリンク
旅のみちしるべ|tabi-guide.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました