旅のみちしるべ

ウルルホップオンホップオフの使い方|エアーズロックのツアーでおすすめ

公開日:2017.05.28/更新日:2019.08.15
HOME > オーストラリア > ウルルホップオンホップオフの使い方|エアーズロックのツアーでおすすめ

エアーズロック

エアーズロックの安いオプショナルツアーのウルルホップオンホップオフの概要や時刻表、使い方についてまとめました。



ウルルホップオンホップオフについて

ウルルホップオンホップオフ(旧ウルルエクスプレス)はエアーズロックの現地ツアーのひとつで、エアーズロックやカタジュタへの送迎に特化したオプショナルツアーです。

他のオプショナルツアーに比べてかなり安い値段設定になっており、出来るだけ安くエアーズロックを旅行したいという方におすすめです。


ウルルホップオンホップオフの基本情報
予約方法ウェブもしくはエアーズロックリゾートのホテル
ツアー催行日毎日
タイムスケジュールシーズンや曜日ごとに異なる
料金(一例)2days 160ドル、3days 210ドル
公式サイトウルルホップオンホップオフ


エアーズロックでの一般的な現地ツアー料金

エアーズロックはツアー料金が高いことで知られていますが、まずはエアーズロックの現地ツアーの通常料金を紹介します。


  1. エアーズロック観光の半日ツアー(サンライズorサンセット付):13000~17000円

  2. 一日ツアー(サンライズandサンセット付):35000円程度

  3. 世界的に有名な観光地とはいえ、いくらなんでも高すぎます・・・。


他のエアーズロックのオプショナルツアーも気になる方は、★ベルトラ★エアーズロック現地ツアーをチェックしてみしてください!



ツアー以外でリゾートからエアーズロックへの移動方法

エアーズロックは環境保護のため近辺にホテルやレストランなどは無く、エアーズロックリゾートが15km程度離れた場所に建設されています。

エアーズロックリゾートからエアーズロックまではバスや電車などの公共交通機関は整備されていません。
タクシーも無いため、エアーズロックに行くためにはオプショナルツアーかレンタカーしかありません。

そのため、本記事ではオプショナルツアーで最安のウルルホップオンホップオフをおすすめしています。



ウルルホップオンホップオフ(旧ウルルエクスプレス)はこういう人におすすめ

ここからはウルルホップオンホップオフをおすすめできる人について記載していきます。


できるだけ安く旅をしたい人

エアーズロックをとにかく安く回りたいという人におすすめです。逆に、夕食or朝食付ツアーの方が良い方は現地ツアーの方が良いと思います。

安く行きたい!という人でも旅慣れしていない人はあまりおすすめできません。外国の人は時間にルーズだったりすることもあり、予定通りに車が来ないこともあります。

そんな中で旅慣れしていなければパニックになったりして楽しい旅ができないこともあると思います。
ある程度旅慣れしていれば海外でのトラブル対応もできると思いますので、ウルルホップオンホップオフを利用してみましょう。



個人行動が好きな人

ウルルホップオンホップオフは海外に行くときに交通公社などを使用せずに現地で自由に行動するような方に向いています。
到着後、「〇時間後にここに戻ってきて!」と言われるだけで、案内はしてくれません。

ほとんど自由行動ですので、ガイド付で大勢でゆっくりとまわりたい方は他のオプショナルツアーをおすすめします。



ウルルホップオンホップオフ(旧ウルルエクスプレス)の予約方法

ウルルホップオンホップオフのチケットはインターネットで事前に購入することをおすすめします。
ホテルのフロントでも購入できますが、フロントが混雑しているときは購入までに時間がかかります。



ウルルホップオンホップオフのチケットは以下の5種類です。
  • ウルルリターンチケット(1回の往復のみ)
  • カタジュタリターンチケット(1回の往復のみ)
  • 1day乗り放題パス
  • 2day乗り放題パス
  • 3day乗り放題パス

おすすめのチケットは2dayもしくは3dayパスですが、ご自身の滞在日数に合わせて選んでください。
ほとんどの方はエアーズロックに3日間程度滞在すると思いますので、3dayチケットの人が多いと思います。

また、利用者から聞いた情報ですが、24時間チケットというものもあるのだとか。
実際に公式サイトには載っていませんが、現地で購入できたという情報もあります。

もし短期間のエアーズロック観光を予定している方は、ウェブ予約をせずにホテルのフロントで聞いてみましょう。

2019年04月現在、各パスの値段は3dayパスは$210、2dayパスは$160です。(別途25ドルの国立公園の入場料金が必要)

$210というと、他のオプショナルツアーの1日料金よりも安いです。サービスはもちろん違いますが、ウルルホップオンホップオフでも十分満足できるレベルです。

また、このパスを所持していれば、エアーズロックだけではなくカタジュタ岩群へも行くことができるので、さらにお得になります。

公式サイト1:ウルルホップオンホップオフ チケット情報



ウルルホップオンホップオフ(旧ウルルエクスプレス)の使い方や時刻表

ウルルホップオンホップオフはエアーズロックへの送迎のみツアーですが、巡回バスのようになっており時間が細かく決められています。

サンライズやサンセットの他に、1日4~5回ほど運行されています。詳細は以下の時刻表をご確認ください。
時刻表:ウルルホップオンホップオフ公式サイト

ウルルホップオンホップオフの利用方法は、利用者は自身が宿泊しているホテルの前のバス停で時刻までに待機しておく必要があります。

いつも少し遅れてきますが、ホテル前で待っているとウルルホップオンホップオフのロゴが書かれた10人乗りくらいのミニバンが到着します。

運転手にチケットを提示して、車に乗り込めばOKです。運転手によっては、行き先を聞かれたり、帰りの時間を聞かれることもあります。

停留所に到着すると、運転手が停留所名を言ってくれますので、ご自分の希望するところで降りましょう。

停留所の詳細は以下のエアーズロックマップをご確認ください。
エアーズロック マップ:エアーズロックリゾート公式サイト



ウルルホップオンホップオフ(旧ウルルエクスプレス)の注意点


  1. タイムテーブルが細かく設定されているので、ピックアップ時間を事前にチェックする必要があります。

  2. ピックアップ希望時間帯をあらかじめホテルのフロントスタッフを通じて連絡する必要があります。

  3. ツアーではなく送迎のみなので、サンライズやサンセットでもディナーやドリンクはありません。

  4. 国立公園3day入場パスが料金に含まれていないため、別途$25を支払う必要があります。

  5. 時間にルーズなので、だいたい10分くらい遅れてくることが多いです。


ウルルホップオンホップオフを実際に利用した感想・トラブル


3日間フルで利用した感想

スタッフはとても親切で、英語が話せなくても行きたい場所と次のピックアップ時間・場所を単語で伝えればOKでした。

カタジュタの場合は送迎ツアーが1日1回しかないので、ピックアップ時間に遅れたら放置されてしまうという不安を持つ方もいるかもしれませんが、送迎スタッフはちゃんと全員がバスに戻ったことを確認してから出発していました。



実体験トラブル1

ホテルのフロントスタッフを通じてウルルホップオンホップオフに連絡しても、スタッフが不在だった。
⇒何度かホテルフロントに行き、連絡を繰り返すしかありません。

このときは結局予約できませんでしたが、ウルルホップオンホップオフの他の利用客が予約していることも多いですので、時間になるとバスがやってくることもしばしばあります。

バスが来たらスタッフに名前を言えば普通に乗せてくれました。
送迎スタッフはパスの所有者リストを持っているようです。



実体験トラブル2

カタジュタ送迎ツアーがキャンセルになっていた。
予告なしのタイムテーブル変更があるようです。

ただ、このときは親切なホテルスタッフがウルルホップオンホップオフにツアーを催行してくれるように電話で交渉してくれた結果、無事カタジュタに行くことができました。
もしキャンセルされたと言われても諦めず交渉してみましょう!



エアーズロックの安宿はアウトバックパイオニアのみ!

エアーズロックのホテルは非常に高いことを知られています。
主要都市の相場の2倍以上と言っても過言ではありません。

安く旅をしたい方は唯一のドミトリーであるアウトバックパイオニアへの宿泊をおすすめします。
アウトバックパイオニアについては、別記事で詳しく紹介しています。


アウトバックパイオニアはエアーズロック唯一の安宿&ユースホステル

エアーズロック唯一のバックパッカーズであるアウトバックパイオニアロッジの宿泊情報をお伝えします!...


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="2">
HOME > オーストラリア > ウルルホップオンホップオフの使い方|エアーズロックのツアーでおすすめ
Comments
There are no comments yet.
Leave a reply