DMM英会話のデイリーニュースの選び方や予習方法|レッスンの流れも解説

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

英会話

DMM英会話のデイリーニュースの選び方や進め方、予習方法について紹介します。

この記事を読んでほしい人
  • スカイプ英会話教室を探している人
  • DMM英会話のデイリーニュースの選び方やレッスンの流れを知りたい人

昨今のグローバル化や外国人観光客の増加、企業の海外進出など、以前に比べて多くの人が英語を勉強しています。

従来型の英会話教室に通う人も多いですが、近年シェアを増やしているのが好きな時間&好きな場所で受講できるスカイプ英会話です。

その中でも高いシェアを誇るのがDMM英会話で、アジア系の講師だけではなく、ヨーロッパやアフリカの講師を選択できるのも人気になっています。

スポンサーリンク

DMM英会話のデイリーニュースの選び方

DMM英会話でデイリーニュースを行う場合、数多くのニュース記事から受講するレッスンで使用するものを選択する必要があります。

公式サイト:DMM英会話 デイリーニュース

デイリーニュースの選び方は以下の4つの手順で行いましょう。

  1. 好きなニュースカテゴリを決定
    デイリーニュースはカテゴリ別に作成されており、まずはデイリーニュースのページにアクセスして興味のあるカテゴリを決めましょう。

    以下はカテゴリの一例です。
    ・Science & Technology
    ・Culture & Entertainment
    ・Economy & Business
    ・Health
    ・Language & Education
  2. 興味のあるカテゴリのデイリーニュースの難易度を確認
    例えば自分の場合、Science & Technology・Economy & Business・Healthが好きなカテゴリですので、まずはその中から最新のニュースをチェックします。

    記事には難易度が5~10の数字表記で記載されており、自分の英語レベルに合わせてニュースを選択することをおすすめします。

  3. 自分のレベルにあった難易度のデイリーニュースがあればタイトルをチェック
    自身のレベルにあった難易度のニュースがある場合は記事のタイトルをチェックします。

    タイトルで大体の内容が想像できますので、興味があればその日のレッスンのデイリーニュースは決まりです。

  4. 気になる記事が無かった場合は別カテゴリをチェック
    もし興味があるニュースが無ければ、別のカテゴリや難易度を下げて探しましょう

    自分のレベルよりも高難度のニュースを選択すると、レッスン自体がうまく進まないこともありますので、自身のレベル以下の教材を選択することをおすすめします。

DMM英会話のデイリーニュースの予習方法

DMM英会話のデイリーニュースを受講する方は予習を行うことを強くおすすめします。

予習を行うことで、レッスンがスムーズに進むだけでなく、自分の意見やコメントをあらかじめ整理しておくことができます。

予習方法は人によって異なりますが、自分は以下のように5分程度の予習を行っています。

  1. Vocabularyパートを確認
    出入りニュースのパート1はVocabularyパートになっています。記事の中でも難しい単語の紹介がされていますので、あらかじめチェックしておきましょう。1~2分程度で終わります。
  2. Articleパートを一読する
    記事の内容を一度読んでおきます。分からない単語やフレーズがあれば調べて理解します。

    個人的に重視しているのは、2度読まないことです。何度も文章を読み返してしまうと、後戻り癖がついてしまい英語読解力が上達しないため、集中して1回で読み込みます。

DMM英会話のデイリーニュースの進め方やレッスンの流れ

デイリーニュースのレッスンの流れを順を追って紹介していきます。

講師を選択して予約

まずはレッスン講師を選びます。メニューの「予約・講師検索」画面から、国籍や性別、受講日時などを指定して検索できます。

検索で表示された画面のオレンジ色の「予約可」のボタンをクリックすれば、予約画面に遷移します。そこで、希望するレッスン内容を選択して予約します。

多くのスカイプ英会話教室ではフィリピン人講師がメインになりますが、DMM英会話では東欧・中欧を中心としたヨーロッパ人の講師を利用できるのが強みです。

講師にもよりますが、DMM英会話の講師は他のスカイプ英会話教室と比べて、英語が聞きやすいように感じました。

記事選び&レッスン前の予習

レッスンで使用するデイリーニュースの教材を選択します。記事の前半に記載した通り、自分のレベルに合った記事を選びましょう。

DMM英会話を受講している人の中には、予習なしでレッスンを受講しているという方も少なくありません。

予習をしないのは非常にもったいないことで、レッスン効率が大きく下がります。デイリーニュースの予習方法についても本記事で前述したとおりです。

レッスン開始&最初の雑談

DMM英会話のレッスンは以前はスカイプを使用していましたが、2019年に独自のレッスンページに変更しています。

レッスンページはDMM英会話のホームページから入ることができますので、レッスン開始までにレッスンページを開いておきましょう。

レッスンページに入るとデイリーニュースのトップページが表示されますので、自分の選んだデイリーニュースを選択します。

レッスン開始時刻になると講師がレッスンページに入室してきますので、そこからレッスンが開始されます。

講師にもよりますが、最初は「How are you?」や「How was your weekend?」などの質問が多いです。その日の気分や出来事、週末にあったことなどを簡単に話します。

デイリーニュース開始

雑談が終わると、いよいよデイリーニュースのレッスンがスタートします。

Vocabularyパート

Vocabularyパートでは、講師が単語と例文を読み上げますので、それを受講者が復唱します。正直、予習をしておけばスキップできるパートです。

あらかじめVocabularyパートを予習している方は、講師に申し出てスキップすることをおすすめします。受講時間は25分しかありませんので、できるだけ有意義にレッスンを進めましょう。

Articleパート

Articleパートでは、デイリーニュースの本文を「講師の後に復唱する」か「自分で読む」のどちらかを選択します。

予習している方は「自分で読む」と伝えた方が無駄な時間がかかりません。出来るだけArticleパートまでを早めに終わらせて、メインのDiscussionパートまで時間をかけずに進めましょう。

ニュースの内容を完全に理解できている人は、Vocabularyパートだけでなく、Articleパートもスキップしても良いかもしれません。

Questionsパート

記事の理解度チェックとして、3つの設問が用意されています。サクッと回答して次のDiscussionパートまで進みましょう。

デイリーニュースによってはQuestionsパートが無いものも存在します。

Discussionパート

このDiscussionパートがデイリーニュースのメインです。自分の意見を述べたり、相手の意見を聞いたり、会社での会議のように議論をすることもあります。

DiscussionパートはDiscussionとFurther Discussionの2つに分かれています。

最初のDiscussionでは、記事を深堀りするような内容を話します。Further Discussionでは、もう少し話題を広げながら議論を行います。

Quotパート

記事に関連した内容における偉人などの名言について賛否を話すパートです。正直なところ、個人的にはおまけ的な位置付けです。

Quotパートは現在無くなっており、Further Discussionパートの一部に組み込まれています。

総括&レッスン終了

レッスンが終了時間に近づくと、講師がデイリーニュースの進行を止めてレッスンの総括を行います。

マニュアル化されているのか、多くの講師が同じような総括コメントでした。総括後、最後の挨拶をしてレッスンを終了します。

次のレッスンを予約

レッスン終了後、次のレッスンの予約を忘れずに行いましょう。毎日レッスンを続けることで、英語力は向上します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました