A380の2階席にエコノミークラスで乗る方法|2F窓側はシートポケット付

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

飛行機内

エアバスA380搭乗時にエコノミークラスで2階席に乗る方法を紹介します。

この記事を読んでほしい人
  • エアバスA380のエコノミークラスに搭乗する人
  • エアバスA380のエコノミークラスのおすすめ座席を知りたい人
  • エアバスA380の日本での運行情報を知りたい人

エアバスA380とは総2階建ての世界最大の旅客機で、2007年から運航を開始しています。

2019年にエアバスがA380の生産中止を発表したため、搭乗できる機会が今後減少していくことが予想されます。

滑走路の距離制限により、日本国内では成田空港、羽田空港、関西空港、中部空港、新千歳空港がA380が離着陸可能な滑走路を有しています。

本記事では、エアバスA380のエコノミークラスでおすすめする座席について詳しく紹介しています。

スポンサーリンク

日本国内でエアバスA380を運航している航空会社(2020年5月現在)

2020年5月現在、コロナウイルス感染拡大の影響でA380は運航されていません。

  • 成田-ドバイ(エミレーツ航空)
    深夜便で1日1便運航しています。
  • 成田-バンコク(タイ航空)
    夕方便で1日1便運航しています。
  • 成田-クアラルンプール(マレーシア航空)
    季節限定の昼便で1日1便運航しています。 2019年は5月末で機材が小型化されましたが、稀にA380の運行を行っています。
  • 成田-仁川(アシアナ航空)
    季節限定でA380を運航しており、昼便で週4~5便程度です。
  • 成田-シンガポール(シンガポール航空)
    昼便で1日1便運航しています。
  • 成田-ホノルル(ANA)
    夜便で1日1便運航しています。
  • 関西-バンコク(タイ航空)
    昼便で1日1便運航しています。
  • 関西-シンガポール(シンガポール航空)
    昼便で1日1便2018年10月末から運航していましたが、機材が小型化されました。
  • 関空-ドバイ(エミレーツ航空)
    深夜便で1日1便運航しています。

A380エコノミークラスでおすすめする2階席

2F席にエコノミークラスを設定している航空会社(日本就航便のみ)

2階にエコノミークラスを配置しているフライトは以下の通りです。

  • 成田-バンコク(タイ航空)
  • 成田-クアラルンプール(マレーシア航空) ※不定期運行
  • 成田-シンガポール(シンガポール航空)
  • 成田-仁川(アシアナ航空)
  • 関西-バンコク(タイ航空)
  • 関西-シンガポール(シンガポール航空)

各フライトの詳細や値段については、スカイスキャナー等で検索してみてください。各航空会社や交通公社の航空券を一括で比較できます。
お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

2F窓側座席が一番おすすめ

2F席にエコノミークラスを設定しているA380に搭乗できる場合、2階の窓側座席を希望しましょう。

2Fの窓側座席をおすすめする理由は以下の3点です。

  1. 専用の手荷物収納ポケットがある
    窓側座席には窓の下に専用の手荷物収納ポケットがあります。 いちいち上部の棚を開けて荷物を出し入れする必要はありません。
  2. 比較的空席が多い
    筆者はA380の2階席に2度搭乗したことがありますが、2回とも2F席はガラガラで空席率は50%以上でした。 

    座席指定時は2階席が埋まっていたとしても、チェックインカウンターで2F席への変更を積極的にお願いしてみましょう。

  3. 後方の螺旋階段を利用できる
    おまけ的な要素ですが、2F席に上がるためには飛行機後方の螺旋階段を利用します。 飛行機で階段を上がったり、2F席に座るなんてめったに出来ない経験です。

【併せて読みたい】長時間フライトで快適に過ごす方法

欧米やオーストラリアへのフライトなど、長時間の飛行機移動は心身とも疲れます。筆者がおすすめする飛行機の中で快適に過ごす方法を記事にまとめました。

長時間フライトの快適な過ごし方|飛行機内の座席や持ち物、暇つぶしなど
長時間のフライトを利用する際、快適に過ごすための座席や持ち物、暇つぶしについてまとめました。 この記事を読んでほしい人 長時間のフライトの暇つぶし方法を知りたい人 10時間以上の長時間フライトを利用する予定のある人 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました