HOME > トルコ > カッパドキアはグリーンツアーがおすすめ!絶景だらけの街を堪能

公開日:2017/06/06 / 更新日:2018/09/02
0 0
ローズバレー

360度すべて絶景!今年のバカンスはトルコのカッパドキアへ行ってみませんか?




今回はカッパドキア定番であるグリーンツアーの見どころを紹介します。



カッパドキアの現地ツアーの種類は?


  1. バルーンツアー
  2. カッパドキアの超定番です。天候にも左右されますので、一発勝負は避けたほうが良いです。
    (僕が行った時には天候の影響で催行中止となりました。。。)


  3. グリーンツアー
  4. 昼間に催行されるツアーの中で一番人気のツアーで、カッパドキアの中心部~南西方面をカバーしています。
    本記事はこのツアーについて記載しています。


  5. レッドツアー
  6. カッパドキアの中心部を1日かけて回るツアーです。
    レンタルバイクorサイクル回ることもできる場所ばかりですので、グリーンツアーよりは参加者は少なめです。


  7. ブルーツアー
  8. カッパドキアの中心部~南東方面をカバーしているツアーです。


カッパドキアの現地ツアーは゜:*★トルコのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°をチェックしてみしてください!



グリーンツアーがおすすめな理由


絶景スポットを幅広くカバーしている。

イチ押しのギョレメパノラマから車でしか行けないウフララ渓谷やセリメ教会などを効率よく巡ってくれます。


値段が安い!

僕の場合、なんと40ユーロ程度でした!
カッパドキアは物価は比較的安いですが、1日観光+昼食付でこの値段は破格です。


他のツアー客と仲良くなれる。

10人程度の少人数ツアーということもあり、なぜかチームワークが出来ます(笑)
日本人は珍しいらしく、結構話しかけてくれますよ!



グリーンツアーの所要時間や申込方法


所要時間

開始時間:9:00 or 9:30
終了時間:18:00ごろ
※ホテルまでの送迎有り


申込方法

ツアーは現地・日本のそれぞれで申し込むことができます。
現地であれば、ホテルや現地ツアーデスクなどで申し込みましょう。

カッパドキアに初めて行く方や時間を有効に使いたい方は日本で申し込むことをおすすめします。

料金は現地であれば40~50ユーロ、日本であれば75ユーロ程度です。
安くしたいのであれば現地ツアー、安心は日本というところでしょうか。

日本から申し込むのであれば現地ツアー会社大手のVELTRAがおすすめです。
゜:*★トルコのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°



グリーンツアーの観光スポットは?




ギョレメパノラマ

ツアーの最初はギョレメパノラマに立ち寄ります。
記事上部の写真のような絶景が待っています!!


地下都市

まさにアリの巣のような構造で、迷路のように都市網が張り巡らされていました。
これが紀元前に造られたというのには驚きでした!

地中深くまで都市が造られていますので、帰りの階段がとても大変です。。。汗だくになりました・・・。


地下都市


ウフララ渓谷

地下都市から車で1時間程度、次はウフララ渓谷です。
メインはウォーキングで、絶景の中を歩くことができます。

地下都市に続きタフなコースですので、水分補給はこまめにしましょう。


ウフララ渓谷


セリメ教会

ウフララ渓谷から車で10分、近くのセリメ教会が次の目的地です。
写真を見てわかるように、断崖です(笑

希望者のみになりますが、頂上へ登れます。。。皆さん挑戦されてましたが、脱落者もちらほら・・・。
頂上は絶景でしたので体力が残っている方は是非挑戦してみてください♪


セリメ教会


鳩の谷+トルコ石の免税店

ここからはギョレメへの帰路になり、最後の目的地は途中の街ウチヒサルの鳩の谷です。
ここも素晴らしい景色です!歩き疲れて眠くなっているかもしれませんが、眠気が吹っ飛ぶくらいの絶景です♪

その後にツアー名物のトルコ石の免税店に寄りますが、ここは華麗にスルーで・・・・。


鳩の谷


カッパドキアを旅行する方におすすめの記事


カッパドキアの絶対行くべき観光スポット5選!おすすめの絶景を紹介

カッパドキアに行く方は是非ここだけは押さえておきましょう!...


イスタンブールの1日モデルコースは?おすすめ観光スポットを比較

イスタンブールといえば皆さんはなにを思い浮かべますか?...


海外ATMで外貨を引出し!ネオマネーを実際に使ってみた感想

旅行や出張時の外貨両替の手数料を安く抑えるために、ネオマネーを活用しましょう!...


コメント

<FC2 BLOG の HTTPS 対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
非公開コメント