ブラウン髭剃り(シェーバー)の純正・並行輸入品・互換品の替刃の切れ味を比較

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ブラウンの髭剃りの替刃について、メーカー純正品・並行輸入品・互換品のそれぞれの切れ味を比較した結果を紹介します。

この記事を読んでほしい人
  • ブラウン製シェーバーの替刃の購入を検討している人
  • ブラウンの髭剃りの安い替刃を探している人

髭剃りで高いシェアを誇るブラウン製シェーバー。筆者も10年近く愛用しています。

使い始めてしばらくすると切れ味が落ちてくるため、替刃を購入する必要があります。ネットで検索すると、替刃はメーカー純正品だけでなく、メーカー以外の互換品も多く販売されています。

本記事ではブラウン製髭剃りの替刃について、純正品・並行輸入品・互換品の切れ味やそれぞれの評価をまとめています。

スポンサーリンク

ブラウン製髭剃りの替刃の種類

ブラウン製髭剃りの替刃は、インターネットや家電量販店で広く流通しています。家電量販店ではメーカー純正品が主に販売されていますが、インターネットでは並行輸入品・互換品も購入可能です。

ここでは、メーカー純正品・並行輸入品・互換品の詳細を紹介します。

メーカー純正品

メーカー純正品は、ブラウンの日本法人などが販売している正規品のことです。並行輸入品や互換品と比べて、高い値段設定になっています。

並行輸入品(海外正規品)

並行輸入品とは、メーカーとは無関係の個人や会社が海外で流通しているブラウン製の替刃を購入して日本に輸入販売している商品のことで、海外正規品とも呼ばれています。

並行輸入品については、基本的には純正品と同じ物だと考えて問題ありません。販売価格は、純正品より安く、互換品よりは少し高く設定されています。


互換品

互換品とは、メーカー(ブラウン)とは関係ない製造者によって作られた商品のことです。

メーカーが製造している商品ではない分、純正品や並行輸入品と比べて安く購入することができます。

各種替え刃の切れ味

筆者は、実際に純正品・並行輸入品・互換品のすべての替刃を購入して切れ味を試しており、その結果を紹介していきます。

メーカー純正品や並行輸入品(海外正規品)の切れ味

メーカー純正品や並行輸入品については切れ味は抜群でした。ブラウンが製造販売している製品ですので、性能に関しては申し分ありません。

互換品の切れ味

互換品については、メーカー純正品や並行輸入品と比べると切れ味が劣ります。ピンキリにはなりますが、ひどいものはメーカー純正品を1年以上使った後よりも切れ味が悪い替刃もありました。

互換品の中には切れ味に問題のない替刃もあるようですが、個人的には互換品の購入はあまりおすすめしません。

結論:ブラウン製髭剃りの替え刃は並行輸入品が一番おすすめ!

切れ味や値段を考慮すると、並行輸入品の購入が一番おすすめです。切れ味も純正品と同等で、値段は純正品よりも2割程度安くなっています。

ブラウン製髭剃りの替え刃を購入する際は、楽天やAmazonなどで並行輸入品を探してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました