HOME > スイス > スイスでの鉄道旅行者必見!ハーフフェアカードの使い方やおすすめ度を徹底検証!

2017/09/12
0 0

スイスでの鉄道旅行者必見!ハーフフェアカードの使い方やおすすめ度を徹底検証!

スイスの電車

スイスの高い鉄道料金を節約するためにハーフフェアカードを購入しましょう!




今回はスイスにおける鉄道のハーフフェアカードの利用方法と、どれくらいお得になるのかを紹介します。



スイスの鉄道

スイスは鉄道が非常に発達している国です。
面積は九州と同程度ですが、線路が張り巡らされており、路線密度は世界一だそうです。

標高3000m以上の場所に建設されている登山鉄道や、景観が素晴らしい観光列車も複数整備されており、鉄道立国として知られています。
鉄道料金は日本と比べて高額に設定されており、数日間の旅行でも移動費だけで1万円以上かかります。



スイスの代表的な鉄道料金

前述のとおり、鉄道料金が高いスイスの代表的な運賃は以下になります。(すべて片道の料金)


  1. グレイシャーエクスプレス(サンモリッツ⇒ツェルマット、所要時間8時間)
  2. 1等車:302フラン
    2等車:186フラン

  3. チューリッヒ空港⇒ジュネーブ(所要時間3時間)
  4. 1等車:163フラン
    2等車:93フラン

  5. チューリッヒ空港⇒ベルン(所要時間70分)
  6. 1等車:98フラン
    2等車:56フラン

  7. ベルン⇒ツェルマット(所要時間2時間)
  8. 1等車:160フラン
    2等車:91フラン


ご覧の通り、チューリッヒ空港からベルンの1時間の移動でも約6500円、2時間の移動であれば約10000円も必要です。(1スイスフラン:115円で換算)
定価で購入するのは、受け入れがたい料金設定です。。。

でも大丈夫です!スイスの鉄道システムは割引システムが充実しています。
ヨーロッパで一番利用されているであろうユーレイルパスもありますが、鉄道を酷使する人以外はハーフフェアカードが一番お得です!

参考URL:スイス鉄道SBB公式サイト(英語)



ハーフフェアカードとは?

スイス国内の主要な鉄道・バス・湖船など、主要都市90カ所の市内交通を半額で利用できるパスです。

値段は120フランで、有効期間は使用開始日から1ヵ月です。
スイストラベルパス(ユーレイルパス)の適用路線の他にも、登山鉄道やケーブルなどのほとんどが50%割引となります。

参考URL:スイス政府観光局 ハーフフェアカードページ(英語)



ハーフフェアカードの利用方法



購入方法

ハーフフェアカードは現地・インターネットのどちらでも購入できます。
現地購入の場所となる空港駅の窓口は非常に混雑しますので、インターネットでの購入をおすすめします。

インターネットで「スイス ハーフフェアカード 購入」と検索すれば複数のチケット購入サイトがヒットしますので、そこから購入しましょう!
インターネットで購入した場合、下の画像のようなメールで送られてきますので、必ず印刷してバウチャーを持参してください。


ハーフフェアカード



使用方法

「スイスに着いて初めて電車に乗る際にハーフフェアカードをアクティベートしないといけない」・・・というようなことが他サイトに記載されていますが、アクティベートは必要ありません

窓口で切符を購入する場合は、印刷したハーフフェアカードを見せるだけで半額運賃で購入できます。
自動券売機であれば下の画面で「half fare card」の運賃で購入するだけでOKです。

自動券売機

スイスの電車では乗務員が頻繁にチケット拝見に回ってきます。
その際は「ハーフフェアカードのコピー」と「購入した半額チケット」を提示すればOKです。

乗務員はハーフフェアカードのQRコードを読み込んで、問題ないことを確認していました。



ハーフフェアカードの損益分岐点

ハーフフェアカードは120フランを払えば、ほとんどの鉄道運賃が半額という割引チケットですので、損益分岐点の計算は簡単です。

前述の代表的な鉄道料金で、チューリッヒ空港とベルンの往復運賃が2等車で112フランです。
それよりも長い距離を利用する場合は、ハーフフェアカードを購入する方がお得ということになります。

山岳リゾートの定番となっている「ユングフラウトラベルパス」や「ツェルマットピークパス」を購入する場合も30%程度割引になりますので、さらにお得になります。



ハーフフェアカードの注意点

グレイシャーエクスプレスなどの座席指定が必要な特急列車を利用する場合は、指定席料金は半額になりません。
乗車券のみが半額になりますので、運賃の30%~40%の割引率になりますので少しお得度が薄れます。

あらかじめ旅程が決まっている場合、事前にインターネットで切符を買っておく方が、当日にハーフフェアカードを使用して購入するよりも安くなる場合があるそうです。
ただし、マイナーケースですので、恩恵を得られる方は少ないかもしれません。


関連記事

コメント

<FC2 BLOG の HTTPS 対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
非公開コメント