旅行ブログは新規投稿の継続、記事リライトのどちらがおすすめ?

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

旅行ブログの運営について、記事の新規投稿を継続すべきか、既に作成した記事をリライトすべきか、おすすめの方法を記事にまとめました。

この記事を読んでほしい人
  • 旅行ブログを運営しており、記事のネタに困っている人
  • 旅行ブログ運営のコツを知りたい人

趣味をそのまま副業に繋げることができる旅行ブログですが、副業といっても旅行ブログで稼げる人はわずかです。

少しでも収益をあげられるように、投稿した記事の品質を高め、検索順位を上げたいと考えるブロガーは少なくありません。

本記事では、記事の新規投稿・リライトについての記載だけではなく、旅行ブログの利点や弱点についても紹介しています。

旅行ブログの記事のネタについて

新規投稿やリライトについて記載する前に、旅行ブログの分類について紹介します。

  • 旅行記ブログ
    自分が旅行した記録やその時の感想などの記事を投稿しているブログです。日記型のブログになっており、芸能人ブログに近いようなイメージです。
  • 旅行ノウハウや役立ち情報系のブログ
    観光スポットのまとめ記事やアクセス情報など、旅行での役立ち情報をまとめているブログです。

本記事は、後者の旅行ノウハウや役立ち情報などのトラベルハック系のブログ運営者に向けた記事になっています。

トラベルハック系ブログの記事ネタの一例としては、以下になります。

  1. 各都市の観光スポットまとめやアクセスなどを記載した記事
  2. 旅行の便利グッズを紹介する記事
  3. トラブル時の経験談や対処法をまとめた記事

旅行ブログ運営の利点

旅行ブログの利点としては、主に以下の2点が挙げられます。

  • 作成した記事の寿命が長い
    ブログジャンルとして人気になっている投資系ブログや雑記ブログなどは、記事を作成しても情報に賞味期限がある場合が多く、一つの記事の寿命が短いのが難点です。

    旅行ブログについては、観光スポットの情報や旅行のノウハウが大きく変わることは少なく、変更があったとしても記事の微修正で済むことも多いため、記事の寿命が長いのが利点です。

  • 趣味の延長線上でブログ運営ができる
    ほとんどの旅行ブログの運営者が旅行を趣味にしています。他のジャンルのブログと比べて、記事を楽しく作成できるのが2つ目の利点です。

    旅行ブログの運営はモチベーションが続きやすく、早い段階で挫折をする人が少ないのも特徴です。

旅行ブログ運営の弱点

旅行ブログの弱点としては、主に以下の2点になります。

  • 記事のネタの限りがある
    旅行ブログは、記事の情報資源に限りがあることが弱点です。雑記ブログなどは日常生活から記事のネタを探すことができますが、旅行ブログは旅行に行かないと記事のネタを見つけることがなかなかできません。

    毎日旅行をしているブロガーであれば記事ネタを多く持っていますが、年に数回程度の旅行では継続的な記事更新を行うのは困難です。

  • 収益化が難しい(稼げない)
    旅行ブログはブログ界では稼げないジャンルとして有名です。生活費の足しになるくらいのお金を稼ぐのは正直かなり難しいです。

    実際の筆者が運営している旅行ブログの収益については、別記事に詳しくまとめています。

旅行ブログでアフィリエイト|ワードプレス150記事の稼ぎや経費
ワードプレスでの旅行ブログの運営について、筆者のアドセンスやアフィリエイトの収益や経費を紹介します。 この記事を読んでほしい人 旅行ブログの稼ぎや経費について知りたい人 これから旅行ブログを始めようとしている人 ...

旅行ブログは新規投稿の継続かリライトがどちらが良いのか

旅行ブログの利点と弱点を記載しましたが、実際にどのように旅行ブログを運営すべきなのかおすすめの方法をまとめました。

【おすすめ方法1】記事ネタを持っているうちは新規投稿を継続すべき

新規投稿できる記事のネタを持っているうちは新しい記事を量産しましょう。記事を投稿することで、新しい記事が検索エンジンにインデックス化され、ブログ全体のドメイン力(ブランド力)が向上します。

記事の新規投稿をすることで、ブログへのアクセス数が増加してブログの収益も向上します。

注意点としては、同じような内容のページや曖昧な情報のページなど、低品質の記事を量産してもブログのドメイン力は向上せず、逆にマイナス効果になることもあります。

誤字や脱字程度であれば問題ありませんが、作成する記事の品質には注意しましょう。

【おすすめ方法2】記事ネタが無くなったときはリライトや不要記事の削除

旅行できない状態が続いて記事のネタが無くなった場合、既に投稿した記事のリライトを行いましょう。

情報が古くなった記事のアップデートや文章の校了を行います。併せて、検索順位が低い記事のタイトル変更や記事の構成を見直すのもおすすめです。

もう一歩踏み込むとすれば、アクセスが少ない記事や情報自体が不要になった記事を削除するのも良いでしょう。

品質が低い記事や情報が古いブログは、検索エンジンから良い評価をもらえない可能性があります。

実際に本ブログでは約220記事を既に投稿していますが、古い情報の記事や低品質の記事を50記事程度削除して運営しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました