台湾のSIMカードは亜太電信がおすすめ|700円で5日データ無制限

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

台湾SIMカード

台湾で快適な4Gデータ通信を楽しむことができる亜太電信のプリペイドSIMカードについて紹介します。

亜太電信について

亜太電信は台湾の通信会社です。Amazon等でプリペイドSIMカードを安く提供していることで知られています。

台湾の通信事情として、もともと国営会社が通信を独占していましたが、2000年代に自由化されました。

現在は以下の6社がサービスを提供しています。

  • 中華電信(台湾最大の企業)
  • 遠伝電信
  • 台湾大哥大
  • 台湾之星
  • 亜太電信
  • 大衆電信(PHSのみ)

最後の大衆電信以外はすべて4G通信サービスを提供しています。
参照:台湾における携帯会社(Wikipedia)

亜太電信SIMカードの買い方

亜太電信のプリペイドSIMカードはAmazonで買うことができます。5日間使い放題のSIMカードが提供されており、金額は700円程度で推移しています。

SIMカードは標準・マイクロ・ナノの全3種類に対応していますので、サイズを気にせず購入できます。

購入から到着までに最低でも2~5日程度必要ですので、余裕を持って購入しましょう。

亜太電信SIMカードの設定方法(アクティベート)

亜太電信プリペイドSIMカードの接続方法はとても簡単です!いくつかの注意事項を覚えておけば、不具合が出ることはほとんどありません。

  1. 製品からSIMカードを切り取る
    自分のスマホのSIMサイズに合うようにSIMカードを切り取ります。
  2. SIMカードを端末に挿入
    必ず現地に到着してから挿入しましょう。日本や経由地でSIMカードを入れると不具合が出る可能性がありますので注意してください。
  3. APN設定
    APN設定は以下のように行えば問題ありません。
    名前 : gt
    APN name : gtnet
    APN画面でその他に設定する項目はありません。
  4. 海外データローミングをON
  5.  接続完了

接続できていない場合は、端末を再起動するか、もう一度手順を確認してください。それでもダメな場合は初期不良品の可能性があります。

SIMカードは国際メール便で届きます。中にはSIMカードと説明書が入っていますので、届いたら出発までに中身を確認しておきましょう。

台湾SIMカード2

台北での通信速度

3日間フルで利用した際の通信速度を記載します。

  1. 台北中心部
    常時4G通信が可能で、通信速度も安定していました。ストレスは全く感じませんでした。
  2. 象山(台北東部)
    ハイキングスポットの象山でも問題なく4G通信が可能で、通信速度も安定していました。ストレスも全く感じませんでした。

 

スポンサーリンク
SIMカード
スポンサーリンク
旅のみちしるべ|tabi-guide.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました