シドニーのお土産購入におすすめのマーケットシティの行き方や営業時間

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

マーケットシティ

シドニーで安いお土産購入におすすめのマーケットシティについて紹介します。

この記事を読んでほしい人
  • シドニー旅行のお土産を探している人
  • シドニーでお土産探しにあまり時間をかけたくない人

シドニーのお土産の定番

メルボルンのお土産を探している方に向けて、定番のお土産を紹介します。

  1. TimTam
    オーストラリア発祥の有名なチョコレートビスケット菓子です。 オーストラリア土産の大定番ではあるのですが、ビスケットなので潰れやすく嵩張るのがデメリットです。
  2. チョコレート
    どこの国でもそうですが、チョコレートはお土産の大定番です。持ち運ぶ際の温度に注意しておけば、嵩張らないのでばら撒き土産にも適しています。
  3. 動物のぬいぐるみやキーホルダー
    オーストラリアといえばコアラやカンガルーなどの野生動物も有名です。そのぬいぐるみやキーホルダーも人気のお土産になっています。
  4. アボリジニグッズ
    オーストラリアの原住民族であるアボリジニをモチーフにしたブーメランやキーホルダーについても、定番土産のひとつになっています。

    実用性には欠けますが、子供用やネタとしてはいいかもしれません。

シドニーでお土産が買える場所

シドニーは世界的な観光都市ですので、市内には多くのお土産やさんが軒を連ねています。シドニーでお土産を購入できる場所は以下の4ヶ所で、値段は高い順に1>2>3≧4です。 

  1. 空港や観光地のお土産屋さん
  2. 街のお土産屋さん
  3. スーパーマーケット・コンビニ
  4. マーケットシティ(Market City)

空港のお土産屋さんが高いことは皆さん知っていますが、街中にあるお土産屋さんも以外と高く商品を売っています。

そこでおすすめしたいのがマーケットシティで、1Fが土産物屋台街&2Fがスーパーマーケットという観光客にうってつけのお土産購入スポットです。

マーケットシティだけで、シドニーのお土産のほとんどが取り揃えられていますので、非常に便利なショッピングモールです。

マーケットシティについて

マーケットシティは2階建てのショッピングモールで、1階部分が土産物屋台街、2階がスーパーマーケットやフードコードがあります。

土産物屋台街には、定番のお土産から衣服や日用品などまで売られています。 また、2階部分がスーパーマーケットになっていますので、様々な種類のお土産をマーケットシティ内で買い揃えることができます。

注意してほしいのは土産物屋台街は月曜・火曜は定休日になっていることです。 また、18時には閉店しますので、できるだけ早い時間に訪れるようにしましょう。

なお、2Fのスーパーマーケットは21時まで営業しています。 シドニーの中でもかなり大規模なスーパーマーケットですので、品揃えも豊富でした。

マーケットシティの基本情報
アクセスセントラル駅から徒歩5分
スーパーの営業時間&定休日9時~21時&定休日なし
土産屋台街の営業時間&定休日10時~18時&定休日月曜・火曜
フードコートの営業時間&定休日10時~19時(木曜は~20時)&定休日なし
駐車場あり(有料)
公式サイトマーケットシティ(英語)

マーケットシティのアクセス

マーケットシティは交通の要所セントラル駅から徒歩5分という素晴らしい立地です。 記事トップの写真のような目立つ建物ですので、迷うことはほとんどありません。

マーケットシティの営業時間

屋台街(Paddy’s Market)

  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:月曜日&火曜日

スーパーマーケット

  • 営業時間:09:00~21:00
  • 定休日:なし

フードコート

  • 営業時間:10:00~19:00(木曜日は20:00まで営業)
  • 定休日:なし

旅行前にお土産を購入する方法も!

旅行時はお土産のことを考えずに100%楽しみたい!という方におすすめしたいのが、旅行前にお土産を購入して帰宅後に受け取る方法です。

お土産をあらかじめ購入しておくことで、旅行時のお土産を購入する手間や手荷物を減らすことができるため、利用者が近年増加しています。また、買い忘れなどで旅行後にお土産が足りなくなった場合にも活用することができます。

おすすめはJTBショッピングで、多くの種類のお土産が取り揃えられていますので、是非サイトをチェックしてみてください。
オーストラリアのお土産(JTBショッピング)

コメント

タイトルとURLをコピーしました