サメット島の夕日はアオプラオビーチがおすすめ|サンセットの絶景スポット

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

サメット島_夕日

サメット島の夕日鑑賞におすすめのアオプラオビーチの場所や行き方について紹介します。

この記事を読んでほしい人
  • サメット島の北側で夕日鑑賞をしたい人
  • サメット島のアオプラオビーチで夕日が見たい人

サメット島はバンコクから半日で行けるリゾートアイランドです。日本人だけでなく欧米の人々にも人気の離島になっており、多くの観光客が世界中から訪れています。

サメット島の北側では、西岸にあるアオプラオビーチで美しい夕日を見ることができます。レストランで食事を楽しみながら、多くのカップルやファミリーが夕日鑑賞を楽しんでいました。

一部のサイトにはアオプラオビーチはプライベートビーチでホテル滞在者以外はアクセス不可と書かれていますが、アオプラオビーチの滞在客以外でもビーチやレストランを利用できます。

アオプラオビーチはサメット島北部の滞在者におすすめ

サメット島は縦に長い島になっており、フェリーターミナルやホテルが島北部に集約されています。

島北部に宿泊する人の多くは、東海岸のサイケオビーチやAo Phaiビーチに滞在しており、夕日鑑賞をするためにはサメット島の西側に移動する必要があります。

アオプラオビーチは、サメット島北部に滞在している人の最寄りの夕日観賞スポットです。

サメット島南側の夕日スポットについても、ソンテウ(乗り合いタクシー)を利用すれば行くことはできますが、距離が遠いためおすすめできません。

アオプラオビーチの場所や行き方

アオプラオビーチはサメット島の北西部にあり、ビーチ沿いにホテルが3軒ほどあります。

サイケオビーチやAo Phaiビーチから行く場合、徒歩かソンテウ(乗り合いタクシー)を利用して移動します。徒歩の場合は、サイケオビーチからは約30分、Ao Phaiビーチからは約20分です。

筆者はサイケオビーチからアオプラオビーチまで30分かけて歩いていきました。下の写真のように道も舗装されており、問題なく徒歩で往復できました。サメット島_アオプラオビーチ

道中には案内マップや、下の写真のようなAO PRAOと書かれた標識もありますので、特に迷うことはありませんでした。

サメット島_アオプラオビーチ
ソンテウを利用する場合、サイケオビーチやAo Phaiビーチのどちらからでも所要時間は5分程度です。ソンテウは乗り合いタクシーですので、運賃を乗客全員で割り勘することになります。

また、ソンテウは乗客が揃わない限り出発しません。チャーターをすればすぐに出発してくれますが、その分高い運賃を支払う必要があります。

アオプラオビーチはプライベートビーチではない

サメット島_アオプラオビーチ

一部のサイトやブログを見ると、アオプラオビーチはプライベートビーチで滞在者以外はアクセスできないという記載があります。

実際に筆者が訪れた際は、一部のエリアやプールは滞在者専用でしたが、アオプラオビーチにあるレストランやビーチは滞在者以外でも普通に利用できました。

アオプラオビーチ内のレストランやカフェで飲食すれば、席に座ってゆっくりと夕日の時間まで待つことができます。

ビーチ内には下の写真のようなレストランやカフェが数軒あり、値段的にはバンコクと比べて少し高い程度でした。

サメット島_アオプラオビーチ

夕方になるとビーチに食事席が設置される

サメット島_アオプラオビーチ

夕暮れが近づいてくると、レストランスタッフがビーチ内に机や椅子を並べ始め、10分もすると上の写真のような即席の絶景レストランが出来上がります。

しばらくするとイルミネーションも点灯し、レストランも夜仕様に変わっていきます。ちょっと高めの海鮮料理やカクテルなどが提供されていました。

せっかくなのでレストランで夕食を楽しみたくなりますが、サイケオビーチやAo Phaiビーチの滞在者は、日が沈み始めたくらいを目安に帰路につきましょう。

帰りの道は街灯も少ないので、できるだけ明るい時間にホテル近くまで戻ることをおすすめします。

サメット島(バンコク)の日没時刻

サメット島の目安の日没時刻を紹介します。

・1月1日:17時55分ごろ
・2月1日:18時15分ごろ
・3月1日:18時25分ごろ
・4月1日:18時30分ごろ
・5月1日:18時35分ごろ
・6月1日:18時45分ごろ
・7月1日:18時50分ごろ
・8月1日:18時45分ごろ
・9月1日:18時30分ごろ
・10月1日:18時05分ごろ
・11月1日:17時45分ごろ
・12月1日:17時45分ごろ

各ビーチで開催されているファイヤーショーもおすすめ

サメット島_ファイヤーショー
サメット島の名物になっているのが、各ビーチで毎日開催されているファイヤーショーです。ショー自体は20分程度で、無料で観賞することができます。

ビーチによってショーの開始時刻が異なりますので、興味がある方はビーチに掲示されている看板などをチェックしておきましょう。

サメット島観光や東南アジア周遊におすすめのプリペイドSIMカード

スマートフォンやタブレット端末が普及したことにより、海外旅行でのインターネット利用は必需品になっています。

ホテルなどの無料WIFIは利用エリアが限られており、いざという時に使用することができません。そこでおすすめしたいのはプリペイド式SIMカードで、いつでもどこでもインターネットを利用することができます。

東南アジアに旅行に行く人におすすめしたいのがチャイナユニコムのSIMカードで、アクティベートが簡単で東南アジア10か国で利用が可能になっています。

チャイナユニコムのプリペイド式SIMカードについては、別記事で紹介していますので東南アジアに旅行する人は是非ご覧ください。

東南アジア旅行のプリペイドSIMカードはチャイナユニコム|設定も簡単
東南アジア旅行でおすすめするチャイナユニコムのプリペイドSIMカードについて紹介します。 この記事を読んでほしい人 東南アジアでプリペイドSIMカードを利用したい人 チャイナユニコムのプリペイドSIMカードの購入方法や...

コメント

タイトルとURLをコピーしました