ロンシャン競馬場の行き方や入場料、ドレスコード|凱旋門賞開催の競馬場

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

ロンシャン競馬場写真

世界最高峰の凱旋門賞が開催されるパリの新ロンシャン競馬場の行き方や入場料、ドレスコードについてまとめました。

この記事を読んでほしい人
  • パリ中心部からロンシャン競馬場に行きたい人
  • ロンシャン競馬場の入場券の購入方法について知りたい人
  • ロンシャン競馬場のドレスコードや雰囲気を知りたい人

ロンシャン競馬場は、パリにある世界最高峰のG1レース凱旋門賞が開催される競馬場です。ブローニュの森の中にあるロンシャン競馬場は世界で1番美しい競馬場とも言われています。

フランスの人々は、競馬をギャンブルではなく社交場として認識しており、多くのパリジェンヌがドレスアップしてロンシャン競馬場を訪れています。

本記事では、ロンシャン競馬場のアクセスや入場の流れ、ドレスコードについて詳しくまとめています。

ロンシャン競馬場の行き方

ロンシャン競馬場には鉄道駅が併設されていませんので、電車+バスで行くのが一般的です。

ポルトマイヨー駅とポルトドートゥイユ駅を利用する2パターンがありますが、本記事は簡単なポルトマイヨー駅を利用する方法を紹介しています。

パリ中心部からロンシャン競馬場への行き方は以下の4つの手順です。

  1. ポルトマイヨー(Porte Maillot)駅へ
    ポルトマイヨー駅はメトロかRERでアクセスできます。パリ中心部から15~20分程度です。
  2. La Defense側の出口から244系統のバス停へ
    ポルトマイヨー駅は大きい駅なので出口が多くあります。必ずLa Defense側の出口を利用しましょう。

    ホームに到着したら下の写真のような標識がありますので、bd Andre Maurolsと記載された方向に進みます。

    なお、他サイトでは6番出口と記載されていますが、2018年9月現在は6番出口という表記はありません。ロンシャン競馬場アクセス1ロンシャン競馬場アクセス2

  3. 路線バスもしくは無料シャトルバスに乗車
    週末や大きなレースが開催される日はロンシャン競馬場への無料シャトルバスが運行されています。

    平日の場合は路線バスを利用します。ポルトマイヨー駅側のバス停は、シャトルバス・路線バスともに同じバス停になります。

    下の写真がポルトマイヨー駅のバス停です。
    参照:パリ 244系統バス(英語)ロンシャン競馬場アクセス3
    シャトルバスと路線バスの違いとしては、競馬場側の停留所が異なります。 シャトルバスの方がより競馬場の近くの停留所まで行ってくれます。

    可能であればシャトルバスを利用するのが望ましいですが、本数が多くありませんので244系統のバスが来たら乗車することをおすすめします。

    ポルトマイヨー駅からロンシャン競馬場前までのバスの所要時間は10~15分程度です。 244系統の路線バスで行く場合は、途中の「Moulin des Camping」で降りましょう。

    競馬場が左手に見えてきたら、次の停留所が「Moulin des Camping」です。

  4. ロンシャン競馬場に到着
    バスから降りて少し歩けば競馬場に到着します。競馬場は見えていますので、特に迷うことはありません。

    入場券は正門左側のチケットオフィスで購入できます。

    ロンシャン競馬場アクセス4

ロンシャン競馬場の入場料

ロンシャン競馬場の入場料は開催日によって細かく規定されています。凱旋門賞開催日と通常開催日は入場料は大きく異なりますので、事前に確認してから訪れましょう。

凱旋門賞などの特定レースがない平日であれば5ユーロ、凱旋門賞以外の特定レースや土日は10ユーロです。凱旋門賞開催日は入場エリアによって値段が分けられています。

凱旋門賞_入場料金

凱旋門賞開催日のみエリア別料金が適用されているようです。ゴール手前~ゴール板前が65ユーロ、ゴール板を過ぎたエリア(ガーデンエリア)が20ユーロ、内馬場エリアが10ユーロです。

ロンシャン競馬場の入場チケットはネット割引があり、インターネットの事前購入であれば3~5ユーロの割引料金が適用されます。

正門近くになるチケットブースは多くの人が押し寄せるとたちまち大行列になってしまいます。

インターネット購入であれば、行列に並ぶことなく直接入場ゲートに行くことができますので、訪れる日程が決まっている方はインターネット購入をおすすめします。

参照1:ロンシャン競馬場 入場料(英語)
参照2:ロンシャン競馬場 チケットブッキングサイト(英語)

ロンシャン競馬場のドレスコード

ヨーロッパの競馬場のイメージとしては、紳士淑女がパーティーを開催しているようなイメージがあるかもしれませんが、ロンシャン競馬場の一般エリアにドレスコードはありません。

スーツを着ている人もいましたが、全体の1割程度でした。Tシャツで行っても咎められることはありませんが、モラル的に短パンやサンダルは避けた方が良いかもしれません。

ムーランドロンシャン賞などのG1開催日でもラフな服装でも全然問題ありません。実際、レジャーシートを敷いてピクニックをしているファミリーやTシャツ+Gパンのおじさんも多くいました。

ただ、有料エリアはドレスコードがありますので、スーツ等を着用する必要があります。 なお、凱旋門賞開催日だけは特別で、スーツ等を着用していく方が望ましいです。

ロンシャン競馬場での馬券の購入方法

ロンシャン競馬場での馬券の購入方法は別記事で紹介しています。

ロンシャン競馬場の馬券の買い方|タッチパネル操作で超簡単購入
今回はロンシャン競馬場をはじめとするフランス競馬での馬券の買い方について紹介します。 この記事を読んでほしい人 フランス競馬の馬券の種類や買い方を知りたい人 ロンシャン競馬場で馬券を買いたい人 ロンシャン競馬...

ロンシャン競馬場に実際に行った感想

ロンシャン競馬場は、日本の競馬ファンの中で一度は行ってみたい競馬場のひとつであり、訪れるのを本当に楽しみにしていました。

2018年に改築してすぐということもあり、実際に行ってみると施設がとてもきれいでした。馬場は広く、名物のフォルスストレートなどに感動しましたが、スタンド自体は思ったよりも小さかったです。

凱旋門賞開催日には5万人が来場するとのことですので、スタンドの規模や馬券売り場などの数を考えると、すごい混雑になりそうです。

コースや雰囲気も素晴らしく、ヨーロッパ最高峰の競馬に感動しました!G1開催日に訪れましたが、多くのスタッフは忙しそうにしていたこともあり、少しドライな対応でした。

パリ観光やヨーロッパ周遊におすすめのプリペイドSIMカード

スマートフォンやタブレット端末が普及したことにより、海外旅行でのインターネット利用は必需品になっています。

ホテルなどの無料WIFIは利用エリアが限られており、いざという時に使用することができません。そこでおすすめしたいのはプリペイド式SIMカードで、いつでもどこでもインターネットを利用することができます。

ヨーロッパ旅行に行く人におすすめしたいのがKK外遊カードで、アクティベートが簡単でヨーロッパの49か国で利用が可能になっています。

KK外遊カードについては、別記事で紹介していますのでヨーロッパ旅行に行く人は是非ご覧ください。

KK外遊カードの使い方やアクティベート、APN設定方法|ヨーロッパ周遊に最適
プリペイドSIMカードであるKK外遊カードについて、使い方やアクティベート方法、APN設定方法を紹介します。 この記事を読んでほしい人 海外旅行でプリペイドSIMカードを利用したい人 KK外遊カードの購入方法や使い方を...

コメント

  1. K より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    凱旋門賞の入場料は3種あるみたいですが、何が違うんでしょうか?芸能人やTVクルーが来るのはやはり65EURの場所になるのでしょうか?日本円換算で入場料のみで約7700円は高すぎますよね。
    Follow the action from the edge of the course 65€
    Arc Gardens 20€
    Arc Village 10€

  2. tabi-guide.com より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    K様
    情報ありがとうございます。
    公式サイトで料金を確認しました。
    本記事で載せているものと異なりました。後日修正します。
    Winning Post Enclosure:65ユーロ
    これはゴール付近でレースを見ることができるエリアのようです。
    Arc Gardens:20ユーロ
    ゴールから少し遠いエリアのようです。
    Arc Village:10ユーロ
    内馬場エリアです。
    特等席で65ユーロは高額ですね!でも凱旋門賞なので、高額を払ってもレースを間近で見たい方が多くいるのでしょう。
    まもなくレースです。楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました