グラーツのおすすめ観光スポット4選&観光所要時間|行き方も解説

スポンサーリンク

グラーツ_展望台
オーストリア第二の都市であるグラーツのおすすめ観光スポット4選とモデルコースをまとめました。

スポンサーリンク

グラーツのおすすめ観光スポット4選

  1. 旧市街のハウプト広場&ヘレンガッセ
  2. 時計塔&シュロスベルクの丘
  3. グラーツ大聖堂
  4. エッゲンベルク城

旧市街のハウプト広場&ヘレンガッセ

グラーツ_市街地
グラーツ旧市街の中心部に位置するのがハウプト広場で、中央には象徴になっているヨハン大公の像があります。

グラーツ観光の中心にもなっており、旧市街を観光する際の起点になっています。広場の中には軽食や飲み物を販売する屋台もあり、多くの人で賑わっていました。

ハウプト広場へはトラムで行くのが一般的です。徒歩で行くこともできますが、グラーツ中央駅から20分以上はかかります。

グラーツ中央駅からであれば、No.1/3/6/7系統のトラムで4駅です。
トラム路線図:グラーツ路線図(ページ内からPDFをDL)

ハウプト広場は19世紀に建築された市庁舎にも面しており、夜にはライトアップも行われています。
また、ハウプト広場から南東に伸びる大通りが、ヘレンガッセと呼ばれるグラーツ一番の繁華街です。

ヘレンガッセ沿いには中世の建築物が並んでおり、散歩するだけでも中世ヨーロッパを味わうことができます。

ハウプト広場&ヘレンガッセの基本情報
開館時間24時間
入場料無料
定休日ヘレンガッセの店舗はそれぞれで定休日あり

時計塔&シュロスベルクの丘

グラーツ_展望台2
グラーツの時計塔は旧市街を見下ろす高台に設置されており、展望台にもなっています。建てられたのは13世紀と言われており、約800年もの間、グラーツのシンボルとして人々に愛されてきました。

グラーツで一番有名な観光スポットでもあり、多くの観光客が連日訪れています。

時計台へは、徒歩・エレベーター・ケーブルカーの3種類でアクセスすることができます。徒歩は無料、エレベーターは1.6ユーロ、ケーブルカーは2.4ユーロです。

徒歩で行く場合、下の写真のように階段を10~15分ほど登ることになります。かなり体力を使いますので、体力に自信のない方は登りはエレベーターかケーブルカーを利用しましょう。

グラーツ_展望台3
頂上まで登ると下の写真のような時計塔があります。時計塔の高さは28m、4面すべてに時計盤があります。

時計塔付近から見る旧市街は本当に美しいので、グラーツを訪れる方は必見です。特に夕暮れ時は、夕日と赤レンガがマッチして絶景になります。

グラーツ_展望台4

時計塔&シュロスベルクの丘の基本情報
開館時間24時間(夜間はおすすめしません)
入場料無料
運賃(エレベーター)片道1.6ユーロ(運行時間は公式サイトを要確認)
運賃(ケーブルカー)片道2.4ユーロ(運行時間は公式サイトを要確認)
定休日なし
公式サイトグラーツ観光サイト(英語)

グラーツ大聖堂

グラーツ大聖堂は、神聖ローマ帝国皇帝のフリードリヒ三世により15世紀に建設されたゴシック様式の大聖堂です。

外観は豪華な造りにはなっていませんが、内観はイエズス会によって17世紀から18世紀に美しく改装されています。

大聖堂の中に入ると、5000本以上のパイプを使用したオルガンや聖堂内の装飾に圧倒されます。旧市街の中心部にあり、ハウプト広場からは徒歩で約3分です。

グラーツ大聖堂自体は高い建物ではなく、付近は少し入り組んでいますので道に迷いやすいです。
GPSや地図を見ながら行くことをおすすめします。

なお、2019年11月まで改装工事によって大聖堂の内部に入れません。詳細は公式サイトをご確認ください。

グラーツ大聖堂の基本情報
開館時間現在改装のため閉館中(~2019年11月)
入場料無料
定休日なし
公式サイトグラーツ大聖堂(英語)

エッゲンベルク城

エッゲンベルク城は世界遺産にも登録されている1625年に建築されたグラーツを代表する城で、ハプスブルク家の政治家であるヨハン・ウルリヒ・エッゲンベルク公によって建てられました。

城にある4つの塔は四季を象徴し、12の門が12ヶ月、365の窓が1年の日数を表現しているそうです。城の中にある「宮殿の大広間」や「惑星の間」は、中世の時代のままの状態で残されており、美しい絵画や装飾品が飾られています。

また、2006年にエッゲンベルク城から日本の大阪城とその城下を描いた屏風が発見されました。その結果、2009年に大阪城とエッゲンベルク城は友好城郭提携を締結し、定期的に文化交流を行っています。

大阪城では2010年より3年間、エッゲンベルク城の美術品の展示を行いました。エッゲンベルク城へのアクセスはトラムで行くのがおすすめです。トラムの「Schloss Eggenberg」駅で下車すれば目の前にエッゲンベルク城の庭園が見えてきます。

トラム路線図:グラーツ路線図(ページ内からPDFをDL)

徒歩で行く場合、グラーツ中央駅からでも30分はかかります。かなり距離がありますので、トラムでの移動をおすすめします。

なお、トラムの料金は1時間チケットが2.5ユーロ、24時間チケットが5.5ユーロです。1日に3回以上トラムに乗車するのであれば24時間チケットの方がお得です。

エッゲンベルク城の基本情報
開館期間4月1日から10月末まで
開館時間10時~17時
入場料15ユーロ、庭園は別途2ユーロ
定休日月曜日
公式サイト1オーストリア公式観光局
公式サイト2エッゲンベルク城公式(英語)

グラーツ観光の所要時間

グラーツ観光の所要時間はエッゲンベルク城に行く場合は1日、旧市街のみの場合は半日程度です。ウィーンやリンツからの日帰り観光も十分可能です。

ただ、エッゲンベルク城に行く方は開館時間が10時~17時と限られていますので、エッゲンベルク城での滞在時間を考えてスケジュールを組む必要があります。

エッゲンベルク城以外の観光スポットは旧市街地区に集まっています
ので、まとめて効率よく観光しましょう。

また、グラーツはオーストリア第二の都市ですので、レストランやスーパーは街中に点在しています。

疲れたらカフェで一休みもできますし、お土産屋さんも充実していますので観光しやすい街になっています。

グラーツへのアクセス(電車 or バス)

グラーツはウィーン、リンツ、リュブリャナ、ザグレブなどの周辺の都市から等距離の位置にあり、電車や高速バスでアクセスすることができます。

各都市からの所要時間は電車・バスともに大差はなく、どの都市からでも2時間半~3時間半です。便数もウィーンからであれば1時間に1本、その他の都市からでも2~3時間に1本の頻度で運行されています。

運賃も電車とバスで大きく変わりません。どちらも同じような条件ですが、個人的には電車での移動をおすすめしています。

鉄道移動をおすすめする理由としては、電車はバスと比べて座席が広いこと、窓が大きくて開放感があることなど色々ありますが、一番のメリットは運転中の振動が少なく、道中が非常に快適だからです。

オーストリアの国内移動だけでなく、ヨーロッパ圏内の移動で鉄道かバスか迷った場合、同じ条件であれば鉄道を選択することをおすすめします。

ここからは電車・バスの予約方法を紹介します。

 

  • 電車でグラーツに行く場合
    電車でグラーツにアクセスする場合は、事前予約をおすすめします。その理由は、鉄道運賃は出発日に近づくにつれて高くなっていくからです。

    当日にならないと移動時間が分からない方は、バス利用の方がお得です。2週間以上前に予約すると電車の方がバスよりも安いことが多いのですが、直前になると鉄道運賃はバスに比べて2倍以上に跳ね上がります。

    オーストリア国鉄のインターネットでの予約方法や、ウィーン⇔グラーツの鉄道での移動方法については、別記事に詳しくまとめています。

オーストリアの鉄道切符の買い方や予約方法、乗り方|電車で快適移動
オーストリア国鉄(OEBB)のチケットの予約方法や乗車・降車方法について紹介します。 オーストリアの電車チケットの予約方法 オーストリア連邦鉄道の予約方法は事前にインターネットから購入する方法と現地で購入する方法の2種類があります。 ...
ウィーン⇔グラーツを電車で移動する方法や予約方法、所要時間、運賃
ウィーンとグラーツ間の鉄道での移動方法や予約方法について紹介します。 ウィーン⇔グラーツの移動手段や所要時間 ウィーン⇔グラーツ間の移動手段としては、主に鉄道のバスの2種類です。 主要都市間ですので便数も多く運行されており、鉄道・...
  • バスでグラーツに行く場合
    グラーツへバスで移動する場合、各都市のバスターミナルから高速バスに乗車することになります。バスはグラーツ中央駅前のバスターミナルに到着します。

    バスを利用する場合でも、日時が決まっている場合は事前に予約しておくことをおすすめします。

    Get by busやFlixbusのサイトから事前に予約できますので、日時と時間を入力して検索すれば簡単にバスを探すことができます。

    メールで送られてくる乗車券をPDFにして当日画面表示するか、印刷して持参すれば乗車できます。

    ただ、バスチケットにはプリントアウト必須のタイプもありますのでご注意ください。プリントアウト必須のチケットについては、チケットの画面に大きく赤字で「This ticket has to be printed!」と表記されています。

    予約サイト1:get by bus(英語)
    予約サイト2:Flix Bus(英語)

オーストリア観光やヨーロッパ周遊におすすめのプリペイドSIMカード

スマートフォンやタブレット端末が普及したことにより、海外旅行でのインターネット利用は必需品になっています。

ホテルなどの無料WIFIも有用ですが、利用エリアが限られていて、いざというときに使うことができません。

その点、プリペイドSIMカードはアクティベートさえしてしまえば、いつでもどこでもインターネットを楽しむことができますので非常におすすめです。

特に路上で道に迷ったときや、移動中に旅先の情報を調べたいときなどにWIFIを探して難民にならなくても済みます。

自分も海外旅行の時は毎回利用しており、グーグルマップとGPSを使うことでホテルや観光スポットに迷うことなく行くことができています。

個人的におすすめするのがAmazonで購入できるKK外遊カードで、ヨーロッパの49か国で利用が可能になっています。

KK外遊カードについては、別記事で紹介していますので是非ご覧ください。

KK外遊カードの使い方やアクティベート方法|ヨーロッパ周遊の最適
プリペイドSIMカードのKK外遊カードの使い方やアクティベート方法を紹介します。KK外遊カードはAmazonで購入できて海外でのスマホ利用に不慣れな方でも簡単に使うことができるプリペイドSIMカードです。SIMカードのサイズも通常・Mi...
スポンサーリンク
オーストリア
スポンサーリンク
tabi-guide.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました