旅のみちしるべ

アントワープのおすすめ観光スポット3選|観光所要時間は半日

公開日:2018.02.28/更新日:2019.05.29
HOME > ベルギー > アントワープのおすすめ観光スポット3選|観光所要時間は半日

アントワープ_聖母大聖堂1

聖母大聖堂だけじゃない!ベルギーのアントワープでおすすめする観光スポット3選を紹介します。



アントワープについて

アントワープはベルギー北部に位置しており、人口50万人のベルギー第二の都市です。
日本では小説「フランダースの犬」の舞台として有名ですが、絵画の巨匠ルーベンスの故郷、世界有数のダイヤモンド取引地としても知られています。

アントワープは建築の分野でも有名です。
中世のアールヌーヴォー様式建築だけでなく、現代の著名建築家が建てたアントワープ裁判所など、多くの建築物を見ることができます。



アントワープ観光のベストな観光シーズン

ベストシーズンは夏やクリスマスマーケットの時期で、多くの観光客がアントワープを訪れます。

夏場は日が長くて気候も良いので観光に適しています。

クリスマスマーケットは毎年12月~1月初旬に行われており、イベントが開催されたり多くの屋台が出店しています。
多くの人がショッピングや食べ歩きを楽しんだり、美しいイルミネーションを堪能することができます。

緯度が高いので、夏は平均温度が18℃で冬は2℃程度ですので、日本よりも暖かい服装で訪れましょう。



アントワープへのアクセス

ベルギー北部にあるアントワープは、首都ブリュッセルだけでなく、オランダのアムステルダムからもアクセスすることができます。
一般的なのが鉄道を利用する方法で、ブリュッセルからは約45分、アムステルダムからは約1時間です。

ヨーロッパの鉄道料金は航空券と同様の料金システムになっており、早く購入すれば安価ですが、出発日に近づくほど高価になっていきます。
乗車日が決定しているのであれば、早めにチケットを手配することをおすすめします。

レイルヨーロッパは日本語対応しており、確実にチケットを手配できますのでおすすめです。
公式サイト:☆鉄道パスと鉄道チケットが買えるレイルヨーロッパ☆

高速バスでもアクセスできますが、時間が2倍以上かかります。
交通渋滞もありますので、到着時間も正確ではありません。

ただ、値段は電車よりも安いので、バックパッカーなどの節約したい方にはおすすめです。
おすすめ高速バスサイト:FLIXBUS(英語サイト)



アントワープ観光の所要時間

アントワープ観光のメインはフランダースの犬で有名な聖母大聖堂とマルクト広場です。
2ヶ所を観光するだけであれば、他都市からの日帰り観光も十分可能です。

実際、ゲントからアムステルダムに行く途中で3時間くらい立ち寄って観光しましたが、十分満足できました。

時間をかけて観光するべき場所は聖母大聖堂の内観で、1時間くらいかけてゆっくりと見て回るのが良いと思います。
クリスマスマーケットを楽しむ方は夜のイルミネーションが必見ですので、一泊観光をおすすめします。


アントワープ駅から聖母大聖堂へのアクセス

アントワープ駅から聖母大聖堂やマルクト広場までは少し距離があり、地下鉄で行くのが一番手軽です。
地下鉄は約5分間隔で運行しており、10分も乗れば最寄り駅の"GroenPlaats"に到着します。

歩いても20分程度ですので、お金を節約したい方は徒歩でもよいかもしれません。




アントワープで訪れるべき観光スポット3選

  1. 聖母大聖堂(ノートルダム大聖堂)
  2. マルクト広場(グロートマルクト)
  3. アントワープ中央駅



聖母大聖堂(ノートルダム大聖堂)

アントワープ観光の中心となる場所で、世界遺産にも登録されています。
高さが123mにもなる塔は1352年に着工しましたが、完成には170年以上もかかったそうです。

童話「フランダースの犬」の舞台としても知られており、名シーンとなったネロ少年が思いを馳せた"キリストの降架"の絵画など、有名な作品が大聖堂の内部に展示されています。

外観も美しかったですが、内観の絵画や雰囲気の素晴らしさに本当に感動しました。
入場は有料(6ユーロ)ですが、アントワープ一押しの観光スポットです!


  • 開放時間(平日):10時~17時
  • 開放時間(土曜日):10時~15時
  • 開放時間(日・祝日):13時~17時
  • 定休日:なし
  • 入場料:6ドル(12歳以下無料)

公式サイト:聖母大聖堂 開放時間(英語)

アントワープ_聖母大聖堂2

アントワープ_聖母大聖堂3


マルクト広場(グロートマルクト)

旧市街の中心になっているのが、マルクト広場(グロートマルクト)です。
マルクト広場の構成としては、中央にベルギーの英雄"ブラボー像"があり、広場の周りに市庁舎やギルドハウスなどの有名な建築物があります。

冬場はクリスマスマーケットがこのマルクト広場を中心に開催され、多くの人で賑わっています。

また、広場の近くには観光案内所がありますので、時間があれば立ち寄ってみてもよいかもしれません。


  • 開放時間:24時間
  • 定休日:なし
  • 入場料:広場のため無料

アントワープ_マルクト広場

アントワープ_マルクト広場2


アントワープ中央駅

1905年にリノベーションという形で建て替えられた駅で、ベルギー有数の美しい駅として知られています。
アントワープを観光する際は、大聖堂だけではなく中央駅もゆっくりと散策をしてみてはいかがでしょうか。


  • 開放時間:24時間
  • 定休日:なし
  • 入場料:なし

アントワープ_駅


Amazonで買えるおすすめの格安ヨーロッパ周遊SIM

アントワープを観光する方におすすめなのがAmazonで購入できるEE 4G SIMで、どこでも快適にインターネット通信をすることができます。

設定も簡単で格安でスマホのデータ通信が可能です。
また、ベルギー国内だけではなくヨーロッパの多くの国を網羅していますので、ヨーロッパを周遊する方にもおすすめです。

詳細は別記事で紹介しています。


超お得な2000円のヨーロッパ周遊SIM!EE 4G SIMのアクティベート方法

格安データ通信SIMを利用して、お得にヨーロッパでスマホを使いましょう!...


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="2">
HOME > ベルギー > アントワープのおすすめ観光スポット3選|観光所要時間は半日
Comments
There are no comments yet.
Leave a reply