HOME > ドイツ > ケルン大聖堂を120%楽しむ方法|ケルン中央駅の近くの世界遺産

公開日:2018/02/04 / 更新日:2018/12/01
0 0

ケルン_夜景

ドイツの世界遺産ケルン大聖堂のアクセスやおすすめ観光方法を紹介します。



ケルンについて

ドイツ西部にある大都市で、人口が100万人を超え、ドイツの中では第4位の人口規模を誇ります。

第二次世界大戦で大きな被害があった都市の一つで、イギリス空軍による大規模空襲を受けたことで知られています。
その結果、ケルンの多くの住民が街の外に避難したことで、人口が95%も減少してしまい、市街地のほとんどが破壊されたそうです。

街のシンボルにもなっているケルン大聖堂の前には、第二次世界大戦で破壊された街の写真が掲載されており、戦争の恐ろしさを知ることができます。

参照:ケルン観光情報(トリップアドバイザー)



ケルン大聖堂について

ケルンのシンボルになっている大聖堂で、正式名称は「ザンクト・ペーター・ウント・マリア大聖堂」だそうです。
ゴシック様式の建築物としては世界最大であり、ローマ・カトリック教会のミサが開催されています。

このケルン大聖堂は古い歴史を持っており、4世紀にはケルン大聖堂が建築されている場所に既に教会が存在していたそうです。
現在のゴシック様式の大聖堂が建築が始まったのは1248年で、 財政難による建築中断を挟み、完成したのは1880年でした。

1880年の時点では、なんと世界最大の建造物だったそうです。

参照1:ケルン観光情報(トリップアドバイザー)
参照2:ドイツ観光局 ケルン大聖堂



ケルンへのアクセス

フランクフルトからは高速鉄道で1時間半、ベルギーのブリュッセルからは2時間半、ベルリンからは電車で4時間半の距離にあります。

ヨーロッパの電車運賃は日々変動しており、当日の運賃が一番高いです。
前日までに切符を購入することをおすすめします。

インターネットからも購入可能です。
レイルヨーロッパは日本語対応しており、確実にチケットを手配できますのでおすすめです。

☆鉄道パスと鉄道チケットが買えるレイルヨーロッパ☆




ケルン観光の所要時間

ケルン大聖堂を見るだけであれば観光の所要時間は2時間もかかりません。
ただ、メインはケルン大聖堂とホーエンツォレルン橋の夜のイルミネーションですので、宿泊観光をおすすめします。



ケルン中央駅から大聖堂へのアクセス

ケルン中央駅から大聖堂へは徒歩1分です。
中央駅の西口を出たら目の前に大聖堂が見えますので、迷うことは絶対にありません。



ケルン大聖堂の観光ルート

  1. 大聖堂の外観をゆっくり見る
  2. 大聖堂はとても大きいので、ぐるりと歩いて一周するだけでも5分はかかります。
    ヨーロッパ最高峰のゴシック建築の美しさをゆっくりと味わいましょう!


    ケルン大聖堂3


  3. 大聖堂の内部を見る
  4. ケルン大聖堂は内観も非常に美しいので、訪れる際は開放時間をチェックしておきましょう。


    ケルン大聖堂1

    ケルン大聖堂2


  5. 大聖堂とホーエンツォレルン橋の夜景を見る
  6. ケルン大聖堂を観光する際のメインは大聖堂とホーエンツォレルン橋の夜景です。

    記事上部の写真でもわかるように、まさに息を飲む絶景でした。
    ケルンを訪れるときは必見です!

    参照:ケルン大聖堂観光情報(トリップアドバイザー)



大聖堂の開放時間(2018年1月時点)

  • 月曜日~金曜日:10時~11時半、12時半~17時

  • 土曜日:10時~11時半、12時半~14時15分

  • 日曜日:13時半~16時

ケルン大聖堂_開放時間


実際に行ってみた感想

ケルン中央駅を降りてすぐ、ケルン大聖堂が目の前に!
いきなり現れた素晴らしい大聖堂にとても驚きました。

夜のイルミネーションも噂に違わぬ絶景で、大聖堂とホーエンツォレルン橋の美しさに感動します。
ドイツを観光する方はケルン大聖堂に是非立ち寄ることをおすすめします。



ケルンを観光する方におすすめの記事


超お得な2000円のヨーロッパ周遊SIM!EE 4G SIMのアクティベート方法

格安データ通信SIMを利用して、お得にヨーロッパでスマホを使いましょう!...


ケルンの安いお土産はスーパーがおすすめ!中でも"REWE"がお得

ドイツのケルンでは、大型スーパーマーケットでお土産を安く買いましょう!...


アーヘン大聖堂のアクセス|駅から徒歩で行ける世界遺産

ドイツ北西部のアーヘン大聖堂の情報をお伝えします!...


ハイデルベルクの観光スポット3選|おすすめはハイデルベルク城

古城巡りが好きな人は、ドイツ南西部のハイデルベルクへ行ってみましょう!...



コメント
非公開コメント