旅のみちしるべ

ストラスブールのおすすめ観光スポット5選|所要時間は半日程度

公開日:2018.01.20/更新日:2019.09.17
HOME > フランス > ストラスブールのおすすめ観光スポット5選|所要時間は半日程度

ストラスブール大聖堂1

フランスの世界遺産の街ストラスブールのおすすめ観光スポット5選や観光の所要時間を紹介します。



ストラスブールについて

ストラスブールは、東フランスのアルザス地方の都市でパリからTGVで2時間半の距離にあります。
ドイツとスイスとの国境に近く、ドイツのフランクフルトやスイスのバーゼルからもアクセスが可能です。

ストラスブールは語源がドイツ語で「街道の街」で、その名の通り交通の要衝として栄えてきました。
フランス最大のライン川の河川港をもち、交通の便の良さから商工業も発達しています。

また、旧市街が1988年に世界遺産にも登録されており、観光地としても有名になりました。

参照:フランス観光開発機構HP



ストラスブールのベストシーズンについて

ストラスブール観光のベストシーズンは夏場やクリスマスマーケットの時期で、多くの観光客がストラスブールを訪れます。

夏場は日が長くて気候も良いので観光に適しています。
夏季限定で大聖堂のプロジェクトマッピングがありますので、それも魅力の一つです。

クリスマスマーケットのシーズンは日照時間は短いですが、旧市街の多くの場所が装飾やイルミネーションで彩られます。
また、屋台も多く出店していますので、ショッピングや食べ歩きを楽しむことができます。



ストラスブールへのアクセス

前述の通り、ストラスブールへはパリからだけでなくドイツやスイスからもアクセスできます。

パリからであれば、高速鉄道(TGVやICE)を利用して2時間前後で到着します。
パリ-ストラスブール間は、1日10本以上の列車が運行されています。

フランクフルトからでも国際高速列車に利用して約2時間程度です。
フランクフルト-ストラスブール間についても、1日10本以上の列車が運行されています。

チューリッヒからであれば、国境付近のバーゼルかミュールーズでの乗り継ぎが必要になります。
所要時間は2時間半程度で、1日10本以上の電車が運行されています。

フランクフルトやチューリッヒからアクセスする場合でも、フランス国鉄サイトから時刻検索や予約が可能です。

リンク:フランス国鉄 公式サイト(英語)



ストラスブール観光の所要時間

ストラスブールはアルザス地方の観光拠点として確立されており、多くの観光客がストラスブールに滞在して周りの観光都市に日帰り観光をしています。
ストラスブール自体の観光については、所要時間は1日で十分です。

ストラスブールからはコルマールやハイデルベルクなどに日帰り観光をすることができます。
現地ツアーも多く催行されており、古城めぐりなども入ったツアーが人気になっているようです。

興味のある方はベルトラをご確認ください。
★ベルトラ★ストラスブール発着現地ツアー


パリやチューリッヒからはストラスブールのみを訪れる場合でも、片道2時間程度かかりますので日帰りでの観光は難しいです。
ストラスブールを訪れる方は最低一泊は必要です。

特にクリスマスシーズンは、イルミネーションやクリスマスマーケットがストラスブール観光の醍醐味になっています。
思いっきり楽しむためにも、ストラスブールには一泊以上で滞在することをおすすめします。



ストラスブールの訪れるべき観光スポット5選

  1. ストラスブール大聖堂
  2. 冬のクリスマスマーケット&夏のプロジェクションマッピング
  3. ボタニカルガーデン
  4. ストラスブール中央駅
  5. ベーカリー(パン屋さん)



ストラスブール大聖堂


ストラスブール大聖堂2

ストラスブール観光のメインといえば、ストラスブール大聖堂(ノートルダム大聖堂)です。
1439年に建設された教会で、全長が112mで高さは142メートルもあります。

ストラスブールではもちろん最も高い建物ですが、1647年から1874年まではなんと世界一の高層建築物だったそうです。

外観だけでなく内観も素晴らしいので、訪れる方は開放時間をチェックしておきましょう!
記事トップ画像がストラスブール大聖堂の内観です、本当に感動しました。


    大聖堂の開放時間(2018年1月現在)

  • 月曜日~土曜日:9時半~11時15分&14時~17時45分
  • 日曜日:14時~17時45分


冬のクリスマスマーケット&夏のプロジェクションマッピング


ストラスブールイルミネーション

ストラスブールでは、フランス最大級のクリスマスマーケット、夏季はプロジェクションマッピングが毎年行われています。

ストラスブールのクリスマスマーケットは、フランスでもっとも歴史があり、大聖堂やカテドラル広場など10か所以上で開催されています。

クリスマスマーケットの開催期間は11月末~12月末です。
ただ、イルミネーションは1月6日の公現祭まで点灯していますので、年始に訪れる方でもイルミネーションを見ることができます。

プロジェクションマッピングは夏場(7月上旬~9月上旬)に毎日開催されているようです。
夏場に訪れる方は世界遺産をバックにした贅沢なマッピングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

参照1:クリスマスマーケット フランス観光開発機構HP
参照2:プロジェクションマッピング ストラスブール公式HP




ボタニカルガーデン(植物園)

ストラスブール_ボタニカルガーデン

ストラスブールではボタニカルガーデンもあり、市民の憩いの場になっています。
他国の有名な植物園と比べると規模は小さいですが、ゆっくりと森林浴を楽しみたいときにおすすめです。

訪れた冬季は休業期間中だったので、庭園内を見ることはできませんでした。
(写真は休業中のときのものです)

公式サイトの写真を見る限り、オープン期間中は庭園内は木々や花に彩られ、地元の人の憩いの場所にもなっているようです。

ボタニカルガーデンの一番のおすすめポイントとしては、入場料が無料というところです。
時間が余ったときや、少し疲れた時に立ち寄ってみましょう。

参照:ストラスブール観光協会公式HP



ストラスブール中央駅

ストラスブール中央駅

ストラスブール中央駅は、交通の要所ストラスブールの玄関口でTGVも停車するフランスの主要駅です。
他の大都市の中央駅と比べると駅自体は小さいですが、外観が個性的で一見の価値がある駅です。

ストラスブールを離れるとき、電車の出発時間よりも少し早く駅に来て外観写真を撮るのも良いかもしれません。



ベーカリー(パン屋さん)

本場ということもあり、フランスには美味しいパン屋さんがいっぱいあります。
朝食などでパンを買いに行くとき、街には多くのパン屋があって迷ってしまいます。

何件かのベーカリーに行きましたが、どの店も美味しくてハズレは1件もありませんでした!
ストラスブールを訪れた際、朝ご飯やランチでは是非ベーカリーに立ち寄ってみましょう。


ストラスブール_ベーカリー


ストラスブールはコルマールとセットで観光するのがおすすめ

ストラスブールの他にも、アルザス地方には絶景が多くあります。

その中でもおすすめしたいのがコルマールで、旧市街はおとぎの国ような美しい世界になっています。
ストラスブールからコルマールへは電車で行くことができ、片道30分程度です。

そのため、ストラスブールを拠点としてコルマールへの日帰り観光が可能です。

コルマールの観光スポットやアクセスについては別記事で詳しく紹介しています。


コルマール観光の所要時間とアクセス|フランスのアルザスの絶景

東フランス・アルザス地方のコルマールで、おとぎの国のような絶景を堪能しましょう!!...



ストラスブール観光やヨーロッパ周遊におすすめのプリペイドSIMカード

スマートフォンやタブレット端末が普及したことにより、海外旅行でのインターネット利用は必需品になっています。

ホテルなどの無料WIFIも有用ですが、利用エリアが限られていていざというときに使うことができません。
その点プリペイドSIMカードは、アクティベートさえすればいつでもどこでもインターネットを楽しむことができますので非常におすすめです。

特に路上で道に迷ったときや、移動中に旅先の情報を調べたいときなどにWIFIを探して難民になることはありません。
自分も海外旅行の時は毎回利用しており、グーグルマップとGPSを使うことでホテルや観光スポットに迷うことなく行くことができています。

個人的におすすめするのがAmazonで購入できるKK外遊カードで、アクティベートが簡単でヨーロッパの49か国で利用が可能になっています。
KK外遊カードについては、別記事で紹介していますので是非ご覧ください。


KK外遊カードの使い方|簡単に接続できるデータ専用プリペイドSIM

最近人気のプリペイドSIM KK外遊カードの使い方や接続方法を紹介します。


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="2">
HOME > フランス > ストラスブールのおすすめ観光スポット5選|所要時間は半日程度
Comments
There are no comments yet.
Leave a reply