旅のみちしるべ

ツェルマットピークパスの買い方やおすすめ度を検証|購入は必須

公開日:2017.08.30/更新日:2019.07.14
HOME > スイス > ツェルマットピークパスの買い方やおすすめ度を検証|購入は必須

ツェルマットピークパス

マッターホルン観光でおすすめのツェルマットピークパスを利用すると、どれくらいお得になるのかを比較します。



ツェルマットについて

標高1,620mの高さにある村で、スイス南部の名峰マッターホルンの玄関口として有名です。
人口5000人程度の小さい村ですが、マッターホルンの絶景を求めて世界中から多くの観光客が訪れます。

ツェルマットへは電車でアクセスすることができますが、主要都市からは少し離れています。
チューリッヒからは電車で3時間、中部のインターラーケンからも2時間ほどかかります。

また、現地ツアーも多く催行されており、世界有数の観光スポットとなっています。
現地ツアー予約サイト:★ベルトラ★ツェルマット現地ツアー



ツェルマットピークパスについて

マッターホルンの全ての展望台を追加料金なしで巡ることができるパスです。
ピークパスは1日券や2日券も設定されていますので、自分の旅程に併せて購入できます。

パス保有で無料利用ができる区間は以下になります。


  • ツェルマット ~ ゴルナーグラート
  • ツェルマット ~ フーリ ~ クラインマッターホルン(マッターホルングレーシャーパラダイス)
  • フーリ ~ シュバルツゼー ~ フルック ~ トロッケナーシュテック (6/22より運転予定)
  • フーリ ~ リッフェルベルク (リッフェルベルクエキスプレス -6/29~8/18運転予定)
  • ツェルマット ~ スネガ ~ ブラウヘルド (5/30より運転予定 -ロートホルンへは運休)
  • ランダ ~ テーシュ ~ ツェルマット
  • ツェルマットの村内バス

参照:マッターホルン展望台地図(PDF)



ツェルマットピークパスの購入方法

ツェルマット駅のゴルナーグラード鉄道窓口で購入できます。
ただ、休日やハイシーズンは混雑していますので、時間に余裕を持って行きましょう。

インターネットで事前に購入することも可能です。
日本語サイトと英語サイトの両方がありますが、英語サイトの方が少し安い場合が多いです。

購入サイト1(日本語):ユーリンク ツェルマットピークパス購入ページ
購入サイト2(英語):Zermatt Bergbahnen ツェルマットピークパス購入ページ(英語)



ハーフフェアカードは必須(ツェルマットピークパスが割引適用)

スイスの鉄道の割引システムは複雑になっています。
その中でおすすめなのがハーフフェアカードで、スイス国内の鉄道がすべて50%OFFになるチケットで、120フランで購入できます。

スイスの鉄道は非常に高価なので、複数回鉄道を利用する方はハーフフェアカードが必須になります。
ツェルマットピークパスもハーフフェアカードを持っていると最大で25%程度安く購入できます。

ツェルマットピークパスを購入しない場合、ハーフフェアカードで割引対象になるのはゴルナーグラート鉄道のみです。
その他のマッターホルンの展望台は割引対象ではありませんので、ご注意ください。

ハーフフェアカードの購入方法やメリットについては別記事で詳しく紹介しています。


スイスハーフフェアカードの購入方法と使い方|スイス旅行者必見

スイスの高い鉄道料金を節約するためにハーフフェアカードを購入しましょう!...


ツェルマットピークパスの損益分岐点

条件としてはハイシーズンで2日券を購入(146フラン)し、以下の3か所の展望台のみを訪れることとします。

時期によってパスの料金は異なりますので、詳細は公式サイトをご確認ください。
公式HP:Zermatt Bergbahnen ツェルマットピークパスページ(英語)

  1. ツェルマット~ゴルナーグラート1往復
  2. ツェルマット~ロートホルン1往復
  3. ツェルマット~グレイシャーパラダイス1往復


ハーフフェアカードあり&ツェルマットピークパスなし

  1. ツェルマット~ゴルナーグラート1往復:47フラン
  2. ツェルマット~ロートホルン1往復:67フラン
  3. ツェルマット~グレイシャーパラダイス1往復:100フラン
  4. 合計:214フラン



ハーフフェアカードあり&ツェルマットピークパスあり

  1. ツェルマット~ゴルナーグラート1往復:0フラン
  2. ツェルマット~ロートホルン1往復:0フラン
  3. ツェルマット~グレイシャーパラダイス1往復:0フラン
  4. ツェルマットピークパス2日券:146フラン
  5. 合計:146フラン


各展望台を1往復するだけで、ツェルマットピークパスの方がお得になります。
2日以上滞在する方はツェルマットピークパスを購入しましょう。

ツェルマットピークパスのもうひとつのメリットとしては、混雑時もチケットを購入しなくてよいことです。
チケットを購入する列を横目に改札へ直行できるので、ちょっとした優越感を味わえます。

特にツェルマットのグレイシャーパラダイス行きゴンドラ乗り場が混雑することがあります。
7~8月の期間限定ですが、回避する手段としてはリッフェルベルクからフリ(Furi)までゴンドラを利用する方法があります。

リッフェルベルクからのゴンドラに乗るためには、展望台に行く順番を少し工夫してゴルナーグラート⇒グレイシャーパラダイスにする必要があります。
リッフェルベルクで下車すると目の前にゴンドラ乗り場がありますので、それに乗車しましょう。

参照:マッターホルン展望台地図(PDF)


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="2">
HOME > スイス > ツェルマットピークパスの買い方やおすすめ度を検証|購入は必須
Comments
There are no comments yet.
Leave a reply