旅のみちしるべ

ザグレブ⇔リュブリャナは電車移動がおすすめ|所要時間は2時間

公開日:2019.09.21/更新日:2019.10.11
HOME > クロアチア > ザグレブ⇔リュブリャナは電車移動がおすすめ|所要時間は2時間

リュブリャナ_旧市街1

ザグレブとリュブリャナの鉄道を利用した移動方法や予約方法、メリットなどをまとめました。



ザグレブ⇔リュブリャナの電車での移動方法

ザグレブ⇔リュブリャナ間は都市間列車が運行されており、乗り換えなしで移動することができます。冷暖房やトイレも完備されていますので、快適に移動することができます。

ただ、この都市間列車は設備が少し古く、モニターや乗務員放送がありません。スマホ等でGPSを利用して乗り過ごさないように注意が必要です。

ここからは鉄道利用時の時刻表やチケットの購入方法、乗車/降車方法を紹介していきます。



電車の本数や時刻表

ザグレブとリュブリャナ間は1日4~5本の電車しか運行されていません。時間によっては次の電車が来るまで5時間以上の間隔が開くこともあります。

そのため、電車の発車時間の確認だけでなく、旅行のスケジュール調整も必要になります。時刻表は以下の公式サイトから確認できますので、事前にチェックしておきましょう。

公式サイト:スロヴェニア国鉄サイト(英語)



チケットの予約や購入方法

リュブリャナ⇔ザグレブ間の鉄道に関しては予約が出来ません。出発当日に駅でチケットを購入しましょう。

多くの人は鉄道ではなくバスを利用しますので、電車はほとんど混雑していません。当日の出発直前に購入しても十分間に合います。

ザグレブ中央駅は切符売り場が分かりやすい場所にありますので迷うことはありません。ツアリストインフォメーションも設置されており、毎日6時~22時でオープンしています。

リュブリャナ中央駅の切符売り場は少し分かりにくい場所にありますので、写真を使用して説明します。
切符売り場は駅の北側(旧市街と反対側)にあり、下の写真のような場所です。

一見チケットオフィスとは思えないような建物ですが、中にはチケットブースが2箇所設置されていました。
2枚目の写真が切符で、発着地と乗車クラスが記載されているだけの簡素な切符です。


ザグレブ・リュブリャナ_リュブリャナ駅切符売り場

ザグレブ・リュブリャナ_切符


乗車/降車方法や座席

ザグレブやリュブリャナの中央駅には電光掲示板が設置されていますので、自分が乗車する電車のプラットホーム番号を確認できます。

日本のように改札ゲートはありませんので、プラットホームまで直接行って到着した電車に乗り込めばOKです。定期的に乗務員がチケット検閲で巡回していますので、そのときに購入した切符を見せれば問題ありません。

下の2枚の写真は車内の写真です。2ndクラスの写真ですが、6人掛けの個室タイプになっていて快適に移動できます。

なお、1枚目の写真を見ると分かりますが、客室の扉に座席番号が掲示されています。座席が予約されている場合、座席番号のところに予約された区間が表示されていますので、予約席には座らないように注意しましょう。

ザグレブとリュブリャナの電車は車内アナウンスがなく、降車のタイミングは自分で判断するしかありません。スマホ等のGPSを利用して自分の位置を把握しておく必要があります。

車内にはWIFIはありませんので、プリペイドSIMカードやポケットWIFIで通信環境を整えておくことをおすすめします。

おすすめのプリペイドSIMカードについては別記事で紹介していますので、是非ご覧ください。


KK外遊カードの使い方|簡単に接続できるデータ専用プリペイドSIM

最近人気のプリペイドSIM KK外遊カードの使い方や接続方法を紹介します。


座席については、ヨーロッパの電車は1stクラスと2ndクラスが設定されており、1stクラスは日本でいうグリーン車のようなイメージです。

2枚目の写真は2ndクラスの座席ですが、個室のようになっていて室内には6人分の座席があります。2ndクラスでも十分快適に過ごすことができます。

ただ、向かい合った座席との間が狭いのが難点です。混雑していない時は6席を1人で使用できますが、正面の席に誰かが座ると足の置き場に困ります。

混雑することは滅多にありませんが、もし混雑したときは少し狭い思いをすることは覚悟しておきましょう。


ザグレブ・リュブリャナ_電車内1

ザグレブ・リュブリャナ_電車内2

ザグレブとリュブリャナの列車は古い機材を使用しており、扉の動きが悪かったり汚れている箇所も結構あります。

設備が古いメリットもあります。自動空調になっていないため、それぞれの客室で手動で冷暖房の温度調整をすることができました。


ザグレブ・リュブリャナ_電車内3


入出国審査

2019年現在、クロアチアはシェンゲン協定に加入していないため入出国審査が必要になります。国境近くの駅で停車し、入国審査官が車内に入ってきます。

まずは、出国側の審査官が入ってきてスタンプ、その5分後くらいに入国側の審査官が入ってきてスタンプといった流れです。

自分の場合は特に何も聞かれることなくスタンプだけ押して、次の客室へ向かっていきました。駅での停車時間も15分程度でしたので、かなりスムーズに入出国審査が行われていました。

陸路での入国審査と比べても、電車での移動であれば大幅なタイムロス無しで入出国することができます。



ザグレブ⇔リュブリャナの移動手段や所要時間

ザグレブとリュブリャナは電車・バスのどちらでも行くことができます。運賃は同じくらいですが、本数はバスの方が多いです。

電車の運賃は9ユーロで固定されており、直前でも値上がりはしません。バスの場合はオークション方式になっていて、予約者が多くなれば値段が上がっていきます。

所要時間は電車・バス共に2時間~2時間半程度です。また、クロアチアはシェンゲン協定に入っていないため、入出国審査が必要になります。

電車で移動する場合は、国境駅に停車した後に税関職員が車内に入ってきます。クロアチア側とスロヴェニア側の計2回の入出国審査を受ける必要があります。

バスの場合は、高速道路に設置された入国審査場を通過する必要があります。一般車両と同様に審査を受ける必要がありますので、土日の午前中などの交通量が多い場合は遅延の原因になります。

バスの方が本数が多いので便利なように一見感じますが、個人的には電車での移動をおすすめします。

鉄道移動をおすすめする理由としては、電車はバスと比べて座席が広いこと、窓が大きくて開放感があることなど色々ありますが、一番のメリットは運転中の振動が少なく、道中が非常に快適だからです。

ザグレブ⇔リュブリャナの移動だけでなく、ヨーロッパ圏内の移動で鉄道かバスか迷った場合、同じ条件であれば鉄道を選択することをおすすめします。

なお、バスを予約する場合は以下のGet by busやFlixbusのサイトから事前に予約できますので、日時と時間を入力して検索すれば簡単にバスを探すことができます。

メールで送られてくる乗車券をPDFにして当日画面表示するか、印刷して持参すれば乗車できます。

ただ、バスチケットにはプリントアウト必須のタイプもありますのでご注意ください。
プリントアウト必須のチケットについては、メールで送られてくるバスチケットに大きく赤字で「This ticket has to be printed!」と表記されています。

予約サイト1:get by bus(英語)
予約サイト2:Flix Bus(英語)



スロヴェニア・クロアチア観光やヨーロッパ周遊におすすめのプリペイドSIMカード



スマートフォンやタブレット端末が普及したことにより、海外旅行でのインターネット利用は必需品になっています。

ホテルなどの無料WIFIも有用ですが、利用エリアが限られていて、いざというときに使うことができません。

その点、プリペイドSIMカードはアクティベートさえしてしまえば、いつでもどこでもインターネットを楽しむことができますので非常におすすめです。

特に路上で道に迷ったときや、移動中に旅先の情報を調べたいときなどにWIFIを探して難民にならなくても済みます。

自分も海外旅行の時は毎回利用しており、グーグルマップとGPSを使うことでホテルや観光スポットに迷うことなく行くことができています。

個人的におすすめするのがAmazonで購入できるKK外遊カードで、ヨーロッパの49か国で利用が可能になっています。
KK外遊カードについては、別記事で紹介していますので是非ご覧ください。


KK外遊カードの使い方やアクティベート方法|ヨーロッパ周遊の最適

プリペイドSIMカードのKK外遊カードの使い方やアクティベート方法を紹介します。.


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="2">
HOME > クロアチア > ザグレブ⇔リュブリャナは電車移動がおすすめ|所要時間は2時間
Comments
There are no comments yet.
Leave a reply