旅のみちしるべ

ザグレブバスターミナルの利用方法とアクセス|乗り場が超わかりにくい

公開日:2019.06.23/更新日:2019.09.21
HOME > クロアチア > ザグレブバスターミナルの利用方法とアクセス|乗り場が超わかりにくい

ザグレブバスターミナル1

観光客やクロアチア人が普段利用しているザグレブバスターミナルの利用方法とアクセスについてまとめました。

ザグレブバスターミナルは非常にわかりにくい構造になっており、初めての方は迷いやすいので事前に利用方法をチェックしておきましょう。



クロアチアにおけるバス移動について

クロアチアには利用できる公共交通機関として、飛行機・電車・バス・タクシーがあります。
長距離移動の場合は飛行機を利用することになりますが、隣国や国内の移動では、長距離バスが最も多く利用されています。

鉄道も利用できますが、クロアチア国内の路線は限られており、主要都市間でも1日に数本しかありません。
例えば、観光名所のプリトヴィッツェ湖群国立公園近辺には鉄道駅がなく、電車でアクセスすることができません。

公式サイト:クロアチア国鉄

一方、クロアチアの長距離バスは国内を網羅しており、多くの観光客がバスを利用しています。
料金も他の交通手段と比べて安くなっていますので、クロアチア国民も活用しています。



高速バスチケットの事前予約について

高速バスのチケットは現地/インターネットのどちらでも購入できます。
今回ザグレブバスターミナルを利用して感じたことは、現地でチケットを購入した方が迷わないということです。

ザグレブバスターミナルの迷いやすさについては後述していますので、そちらをご確認ください。
なお、ザグレブバスターミナルから乗車しない方、どうしても予約しておきたいという方は、以下のサイトから予約することができます。

英語サイトにはなりますが、出発地・目的地・日時を入力して検索&購入するだけですので、難しくありません。

メールで送られてくる乗車券をPDFにして当日画面表示するか、印刷して持参すれば乗車できます。

ただ、チケットにはプリントアウト必須のタイプもありますのでご注意ください。
プリントアウト必須のチケットについては、チケットの画面に大きく赤字で「This ticket has to be printed!」と表記されています。

予約サイト1:get by bus(英語)
予約サイト2:Flix Bus(英語)



ザグレブバスターミナルへのアクセス



ザグレブバスターミナルはザグレブ中央駅から東に徒歩15~20分程度の位置にあります。
トラムでのアクセスも可能で、専用駅が設置されています。(2・5・6・7・8・31系統)

ザグレブトラム公式サイト:ザグレブ トラムネットワーク

下の写真は北側の鉄道高架下からの撮影したもので、中央奥の青い看板の建物がザグレブバスターミナルです。


ザグレブバスターミナル2


ザグレブバスターミナルでのチケット購入方法

ザグレブバスターミナルでは、チケットブースがバス会社単位になっていて1ヶ所に集約されていません。
そのため、チケットブースがターミナル内に点在しているので、非常に不便です。

チケットの購入手順は以下になります。


  1. ザグレブバスターミナルの公式サイトで乗車希望のバスを確認
  2. 公式サイトは英語になっていますが、行き先・日時を入力すれば簡単に検索できます。
    検索結果画面で運行会社名を確認します。(CROATIA BUSやFlixBusなど)

    公式サイト:ザグレブバスターミナル(英語)


  3. ザグレブバスターミナル内で運行会社のチケットブースに行く
  4. 希望するバス運行会社のチケットブースを探し出すことになりますが、チケットブースがターミナル内に点在しているため、なかなか見つからないこともあります。

    実際、チケットブースは1F/2F/屋外などの様々な場所にありますので、探すのに手間取ることも多々あります。

    なお、バスターミナル内にはインフォーメーションがありますが、開館時間内にもかかわらず閉まっていることもありますのでご注意ください。

    発車直前に慌てないためにも、ザグレブバスターミナルには早めに到着することをおすすめします。


  5. チケットブースで希望日時を伝えてチケットを購入する
  6. チケットブースまで辿り着ければ、後は窓口でチケットを購入するだけです。
    行き先と出発時間を伝えてチケットを買いましょう。

    チケットを受領後、購入したチケットにプラットホーム番号が書かれていることを確認します。
    もし記載されていなければ、必ずプラットホーム番号をスタッフに確認してください。



ザグレブバスターミナルの利用方法

ザグレブバスターミナルでのチケット購入がややこしいことは前述しましたが、利用方法も少し煩雑です。
手順を覚えておけば問題ありませんので、乗車までの手順を事前に把握しておきましょう。


  1. 自分が乗るバスの運行会社を確認
  2. 公式サイトやチケット等で自分が乗るバスの運行会社を事前に確認しておきましょう。
    公式サイトは英語ですが、行き先と時間を入れて検索すればOKです。

    公式サイト:ザグレブバスターミナル(英語)


  3. 運行会社のチケットブースでプラットホーム番号を確認(予約した方のみ)
  4. バスターミナル内にある運行会社のチケットブースに行きます。
    ブース内のスタッフにチケットを見せてプラットホーム番号を確認しましょう。


  5. 自動改札を通過して待合室へ
  6. バスターミナルからプラットホームに行くには、稼働していない自動改札を通過します。
    下の写真の奥に見えるのが自動改札で、動いていないのでフリーパスで誰でも入れてしまいます。


    ザグレブバスターミナル3

  7. バスが来ていなければ待合室で待機
  8. 下の写真が待合室内ですが、ベンチが少し並んでいるだけで売店もありません。
    まずはプラットホームまで行き、バスが来ているのであれば乗り込んでしまった方が良いでしょう。


    ザグレブバスターミナル4

  9. プラットホームにバスが停まっていればチケットを運転手に提示
  10. バスに乗車する際、運転手やスタッフからチケットの提示が求められます。
    スーツケースなどの大きな荷物がある場合は、運転手に伝えてトランクを開けてもらいましょう。

    プラットホームは下の写真のようになっており、20台程度の駐車スペースがあります。


ザグレブバスターミナル5


ザグレブバスターミナルのここが不便

ここからは実際に筆者が体験したザグレブバスターミナルの不便な部分を記載します。
個人的にはザグレブでバス移動以外の移動手段があれば、積極的に別の手段を使いたいと思ったほど面倒でした。。。

ザグレブバスターミナルで注意すべきポイント4点をピックアップしました。



インフォメーションが常に閉館状態

旅行中に情報がほしいときや困ったときに頼りたいのがインフォメーションですが、訪れた2回中2回とも閉館していました。(平日の17時ごろと9時半ごろ)
2回とも開館時間だったにもかかわらず、インフォーメーション内は真っ暗。

実際、インフォメーションを利用できずに困っている外国人観光客もちらほらと見かけました。
ザグレブは観光都市ではないということを感じさせられました。



バスの発着を表示する電光掲示板が無い

大規模なバスターミナルであれば発着案内の大きな電光掲示板があるのですが、ザグレブバスターミナルには1つもありません。

チケット販売所付近に小さなブラウン管テレビの発着案内表示らしいものはありましたが、実際の時刻表とは異なっているように思いました。
その案内表示板を見ている人も全くいませんでしたので、あまり当てにならないのかもしれません。

その結果、予約した人は運行会社のチケットカウンターでプラットホーム番号を確認しなければいけません。
非効率で不便なバスターミナルだと感じました。



プラットホーム番号が直前にならないと分からない

何か月も前からバスチケットの予約は可能ですが、プラットホーム番号が確認できるのは当日です。
そのため、プラットホーム番号を確認するために出発20分前くらいにはバスターミナルに到着する必要があります。

少なくともウェブサイトでプラットホーム番号を確認できるようにしておかないと不便で仕方がありません。
可能性は低いと思いますが、改善されることを期待します。



コードシェア便があり、購入したチケットと違う運行会社のバスに乗る場合も

遭遇する確率は低いかもしれませんが、時折コードシェア便が運行されています。
1台のバスのチケットを複数社で販売していることがあるようです。

筆者の場合、下の画像のようにPRIJEVOZ KNEŽEVIĆのチケットを予約したのですが、実際に乗車したのはFlix Busでした。
指定されたプラットホームにFlix Busが停車していた時は、意味がわからず一度待合室に引き返してしまいました。

出発時間近くになってもFlix Busが停まったままなのでスタッフに確認したら、コードシェア便とのことでした。


ザグレブバスターミナル_チケット


クロアチア観光やヨーロッパ周遊におすすめのプリペイドSIMカード



スマートフォンやタブレット端末が普及したことにより、海外旅行でのインターネット利用は必需品になっています。

ホテルなどの無料WIFIも有用ですが、利用エリアが限られていていざというときに使うことができません。
その点プリペイドSIMカードは、アクティベートさえすればいつでもどこでもインターネットを楽しむことができますので非常におすすめです。

特に路上で道に迷ったときや、移動中に旅先の情報を調べたいときなどにWIFIを探して難民になることはありません。
自分も海外旅行の時は毎回利用しており、グーグルマップとGPSを使うことでホテルや観光スポットに迷うことなく行くことができています。

個人的におすすめするのがAmazonで購入できるKK外遊カードで、アクティベートが簡単でヨーロッパの49か国で利用が可能になっています。
KK外遊カードについては、別記事で紹介していますので是非ご覧ください。


KK外遊カードの使い方|簡単に接続できるデータ専用プリペイドSIM

最近人気のプリペイドSIM KK外遊カードの使い方や接続方法を紹介します。


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="2">
HOME > クロアチア > ザグレブバスターミナルの利用方法とアクセス|乗り場が超わかりにくい
Comments
There are no comments yet.
Leave a reply