旅のみちしるべ

ニュージーランドで運転時に注意すべき交通ルールや駐車方法

公開日:2019.01.29/更新日:2019.06.24
HOME > ニュージーランド > ニュージーランドで運転時に注意すべき交通ルールや駐車方法

ニュージーランド_運転3

レンタカーなどでニュージーランドで運転する際に注意すべき交通ルールや駐車方法を紹介します。



ニュージーランドで運転するために必要なもの

海外で車を運転するためには以下の書類が必要になります。


  1. 国際免許証

  2. 現地で使用できるクレジットカード

  3. 日本の運転免許証

国際免許証は各都道府県で交付されていますので、事前に取得しておきましょう。

クレジットカードはVISAかMastercardブランドを選びましょう。
JCBは使用できないことがほとんどです。



注意すべきニュージーランドの交通ルール


日本にはほとんどないラウンドアバウト

ラウンドアバウトとはロータリーのようになっている交差点のことで、日本語では環状交差点と表記されます。
ドーナツ型になっており、中央部には嵩上げされています。

ニュージーランドは左側通行ですので、ラウンドアバウト内では右側から来る車が優先になります。

右側から来る車が無くなったら、進入して時計回りに進みましょう。
希望の出口近くで左ウインカーを出してラウンドアバウトから抜け出します。

文章で見ると分かりづらくて難しく感じますが、実際にやってみると難しくありません。
右側優先と覚えておけばOKで、ラウンドアバウトに入ってしまえば自分の車が常に優先になります。


ニュージーランド_運転4


郊外の時速100キロ制限

日本では高速道路以外は時速40~60キロ制限が多いですが、ニュージーランドでは郊外は100キロ制限がほとんどです。
100キロで走っているときは問題ないのですが、交差点で100キロ制限の道路に進入する際は要注意です。

日本のような感覚で進入すると、みるみる間に後続車が迫ってきます。
ゆっくり加速すると追突の恐れもありますので、進入したらすぐにアクセルを踏み込みましょう。



左折専用レーン

左折専用レーンは都市部の交差点に多くあります。
左折レーンが独立しており、「Give way」の標識があれば左折専用レーンです。

左折専用レーンは交差点の信号とは別扱いになっており、本線が赤信号でも進入して左折ができるようになっています。
赤信号だからといって左折専用レーン前で待機しないように注意しましょう。



ニュージーランドでの駐車

郊外や田舎では駐車スペースに困ることはありませんが、都市部は駐車スペースを探すのが大変でした。

以下の場所は駐車禁止場所の一例ですので一読しておきましょう。

  1. 一方通行以外の道路右側

  2. 歩行者や他の車が利用する場所(私有地にアクセスする場所など)

  3. 曲がり角や交差点の近く

  4. 芝や公園を傷つける恐れがある場所

  5. 歩行者専用道

  6. ラウンドアバウトの中央部などの交通島

  7. 交差点から6m以内

  8. バスストップおよびタクシー乗り場

  9. 駐車場入り口から1m以内

  10. 停車禁止ラインから1m以内

  11. 駐停車禁止の交通標識付近

引用:ニュージーランド交通局(公式サイト)



郊外や田舎では路駐OK

郊外や田舎では道路脇に駐車できそうな場所があれば、基本的に自由に駐停車できます。
ただし、交差点近くや坂道などは駐停車しないようにしましょう。

都市圏では駐車スペース&時間制限に注意

都市圏では駐車スペースと時間制限に注意が必要です。

以下の写真は駐車スペースにある標識です。
Pの下に記載されている数字は最長の駐車可能時間です。


ニュージーランド_運転1

駐車スペースにも注意が必要です。
都市部では駐車できそうな場所があっても、駐車スペースの表示が無ければ路駐は禁止です。

以下の写真のように駐車スペースがきっちり表示されています。
駐車している車のタイヤ付近に駐車できるマークがあるのが分かると思います。


ニュージーランド_運転2


ニュージーランドでのガソリンスタンドの利用方法

ニュージーランドでのガソリンスタンドの利用方法は別記事で紹介しています。


ニュージーランドのガソリンスタンドの使い方|使い方を覚えれば簡単

ニュージーランドでのガソリンスタンドの使い方を紹介します。


data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="2">
Comments
There are no comments yet.
Leave a reply