HOME > ベルギー > 年始も行けるヨーロッパのクリスマスマーケット|おすすめはベルギー

公開日:2018/05/06 / 更新日:2018/10/20
0 0

ゲント_クリスマスマーケット2

今回は年始も開催されているヨーロッパのクリスマスマーケットについて紹介します。



クリスマスマーケットについて

ヨーロッパの冬の風物詩で、日本ではドイツのクリスマスマーケットが最も有名です。
西欧の多くの都市でも開催されており、期間は各都市によって異なりますが、メインは11月末~12月末です。

街の広場がモニュメントで彩られ、数多くの屋台が出店しています。
クリスマスシーズンには旅行客が世界中から訪れ、特にドイツでは観光ツアーが催行されるほど人気になっています。

観光ツアーに興味がある方は多くのオプショナルツアーを扱っているVELTRAをご覧ください!



多くのクリスマスマーケットは12月末まで!

クリスマスマーケットで有名なドレスデン、ニュルンベルク、シュトゥットガルト、プラハ、ウィーン、パリなどは年末までの開催となっています。

クリスマスマーケットのシーズン中は航空券や開催都市のホテルの宿泊費が高くなる傾向になっていますので、予算は高めに設定する必要があります。



年始でもやっているおすすめのクリスマスマーケット

12月は航空券や宿泊費が高くなるので、なかなか手が出せません。

ただ、欧米では仕事初めが1月2日ごろですので、年始は比較的安く旅行することができます。
場所によっては年始もクリスマスマーケットを開催していますので、年始にヨーロッパに行く際は是非行ってみましょう!

ただ、年始に開催しているクリスマスマーケットは、本場ドイツや大都市と比べると少し見劣りします。
クリスマスマーケット観光をメインで行く場合は12月に行くことをおすすめします。


ベルギー ゲント

ゲントはベルギー中部に位置する第3の都市です。
ゲントでも毎年クリスマスマーケットが開催されており、130以上もの屋台が出店しています。

例年、1月7日ごろまで開催されています。

開催場所は旧市街で、大聖堂や市庁舎などの中世建築とクリスマスマーケットの融合がとても美しかったです。
クリスマスマーケットの定番スケートリンクだけでなく、観覧車などの移動式の遊園地もあり、子供たちで賑わっていました。


ゲント_クリスマスマーケット1

ゲント_クリスマスマーケット3


ベルギー アントワープ

フランダースの犬やノートルダム大聖堂で有名なアントワープでもクリスマスマーケットが開催されています。
例年、1月7日ごろまでの開催です。

開催場所は観光の中心になっているマルクト広場がメインになっています。
マルクト広場へは地下鉄Groenplaats駅から徒歩で行くことができます。

スケートリンクや多くの屋台が設置されていました。
ゲントと比べると少し規模が小さいかもしれません。

アントワープ観光については別記事で紹介していますので是非ご覧ください!

アントワープのおすすめ観光スポット3選!所要時間は3時間

聖母大聖堂だけじゃないアントワープの魅力をお伝えします!...



アントワープ_クリスマスマーケット1

アントワープ_クリスマスマーケット2


チェコ プラハ

東ヨーロッパのチェコの首都プラハでもクリスマスマーケットが開催されています。
旧市街の広場がメインとなっており、例年1月7日ごろまで開催されています。



クロアチア ザグレブ

クロアチアの首都ザグレブで開催されているクリスマスマーケットは、色々なサイトでも取り上げられており、満足度もかなり高いようです。
開催場所はイェラチッチ広場周辺、ズリニェバッツ公園、ウスピニャチャの3か所がメインのようで、例年1月7日ごろまで開催されています。



年始まで開催しているその他の場所

ポーランドのワルシャワやバルト三国のクリスマスマーケットも1月7日ごろまで開催しているようです。

クロアチアのザグレブ以外はクリスマスマーケットで有名な場所ではありませんが、観光等で年始に訪れる場合は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。



ヨーロッパを観光する方におすすめの記事


超お得な2000円のヨーロッパ周遊SIM!EE 4G SIMのアクティベート方法

格安データ通信SIMを利用して、お得にヨーロッパでスマホを使いましょう!...



コメント

<FC2 BLOG の HTTPS 対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
非公開コメント