HOME > スイス > ラウターブルンネン駅から徒歩5分以内!バレーホステルに宿泊した感想

2017/11/25
0 0

ラウターブルンネン駅から徒歩5分以内!バレーホステルに宿泊した感想

高山植物

ラウターブルンネンにあるバックパッカーズのバレーホステルの情報をお伝えします!




今回はバレーホステルに宿泊した感想をレポートします。



バレーホステルの宿泊システム

バレーホステルにはツインルームなどの普通の部屋もありますが、多くの宿泊者が滞在するのがドミトリータイプの部屋です。

ドミトリーとは、世界的に確立されている宿泊システムのひとつで、1部屋を複数人でシェアするタイプです。
宿泊予約をするときも1ベッド単位になっています。

ドミトリータイプの安宿の詳細やメリットについては、別記事「旅人や若者に御用達!安旅におすすめのユースホステルやバックパッカーズの魅力とは!?」をご覧ください。



バレーホステルへのアクセス

バレーホステルはラウターブルンネン駅から徒歩5分の好立地にあります!
ラウターブルンネン駅からはメイン道路を南方面に歩けば看板が見えてきますので、迷うことはありません。

ラウターブルンネン駅へはインターラーケンやクライネシャイデックから電車で行くことができます。
ユングフラウヨッホやシルトホルンへのアクセスも良いので、ユングフラウ地方の観光拠点の一つになっています。

有名なグリンデルワルトからのアクセスは悪いので、グリンデルワルトを中心に観光される方はラウターブルンネンに滞在することはおすすめできません。

ただ、多くの観光客がグリンデルワルトに滞在することもあり、ラウターブルンネンはハイシーズンでも混雑していません。
喧騒から離れてゆっくりしたい方にはおすすめです。





バレーホステルの宿泊料金

非常に物価の高いスイスということもあり、ユースホステルやバックパッカーズの宿泊費も高いです。
ただ、バレーホステルは比較的安い値段設定となっており、ドミトリーで1泊4000円前後です。

他のホテルでもそうですが、直前予約であれば割安料金で宿泊できることもあります。
ただ、ハイシーズンの夏場は満室になる可能性もありますので、早めに予約しておいた方が良いかもしれません。



バレーホステルに泊まって分かったこと


部屋の広さや設備

  1. 広さ
  2. 6人部屋に宿泊しましたが、他のユースホステル(YH)やバックパッカーズと比べて、標準的な広さだと思います。


  3. ベッド
  4. きれいなベッドで、弾力も問題ありませんでした。


  5. 冷暖房
  6. 夏場のスイスは涼しいので、使用しませんでした。


  7. トイレ
  8. きれいなトイレでした。


  9. シャワー
  10. トイレに併設されており、水圧も良かったです。


  11. 洗濯事情
  12. トイレにある洗面器を使用して洗濯できます。
    部屋干ししかできませんが、部屋の窓を開けることができますので乾きやすかったです。


  13. 朝食
  14. 6スイスフランです。(利用しませんでした)


  15. セキュリティ
  16. 個人ロッカーはありますが、施錠できませんでした。
    貴重品の管理には注意が必要です。



バレーホステルの良いところ

  • 駅や展望台へのアクセスが良い
  • ラウターブルンネン駅から徒歩5分ですので、アクセスが抜群です。
    シルトホルン展望台へのゴンドラも駅の向かい側に発着しますので、絶景展望台へのアクセスも良かったです。

    ユングフラウの展望台については、別記事「ユングフラウを2日間で制覇!おすすめの絶景展望台4選」をご覧ください。

    参考URL:HIS ユングフラウ鉄道ページ


  • 部屋がきれい
  • 新しい施設ということもあり、部屋がとてもきれいでした。
    木製のベッドですので、ロッジに泊まるような感覚になり、大自然を感じることができるホステルでした。



スタッフの対応

スタッフ全員がとても親切でした。
部屋の場所や使用するベッドの説明など、丁寧に教えてくれました。

スタッフ不在時のチェックアウト方法も細かく教えてくれました。



近隣の施設

ラウターブルンネンはグリンデルワルトほどは栄えていません。
付近には小さなスーパー(COOP)1件と数件のお土産屋さんとレストランくらいしかありません。



バレーホステルに宿泊した感想

ラウターブルンネンはグリンデルワルトからメンリッフェン展望台を挟んで反対側にあり、ハイシーズンでもグリンデルワルトほど混雑していません。
グリンデルワルトに比べて景色は良くありませんが、スイスの空気を十分に味わうことができます。

宿泊客は若年層が多い感じで、フレンドリーな人が多かったです。
新しい施設だからなのか、ラウターブルンネンだからなのかは分かりませんが、直前でもほとんど満室になりません。

ただ、前述のようにラウターブルンネンにはスーパーが1件しかなく、ぶっちゃけ栄えていません。
お土産や夕食はグリンデルワルトやインターラーケンで済ませることをおすすめします。

施設も新しく、スタッフも親切、アクセスも良いので、ユングフラウ地方を訪れる方におすすめのバックパッカーズです。



鉄道運賃がお得になるユングフラウトラベルパス

スイスは鉄道が発達していますが、運賃がとても高いです。
観光列車やゴンドラは特に高価で、3日間程度の移動費だけで数万円も必要になってきます。

おすすめはユングフラウトラベルパスで、ユングフラウ地方のほとんどの展望台を追加料金なしで巡ることができるパスです。

詳細は別記事「スイス旅行者必見!ユングフラウトラベルパスはどれくらいお得なのかを徹底比較!」をご覧ください。


関連記事

コメント

<FC2 BLOG の HTTPS 対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
非公開コメント