HOME > スイス > 他社と比べて半額!スイスのプリペイドSIMカードはSaltがおすすめ!

2017/08/23
0 0

他社と比べて半額!スイスのプリペイドSIMカードはSaltがおすすめ!

Salt_simカード

スイス旅行でプリペイドSIMカードを購入する方は、Saltを検討してみてください!




今回はスイス国内でSaltのプリペイドsimカードを利用する方法を紹介します。



スイスのプリペイドSIMカードのキャリアは?

スイスも日本同様に複数のキャリアからSIMカードを選ぶことができます。

  • Swisscom (スイスコム)
  • Sunrise (サンライズ)
  • Salt (ソルト)

3社とも電波網には大きな差はありませんが、日本のNTTドコモにあたるSwisscomが一番幅広くカバーしているようです。



プリペイドsimカードの料金比較

各社のプリペイドSIMカードの料金体系は以下のようになっています。

  1. Swisscom:19.9フラン(0.7GBのLTE通信)
  2. Sunrise:19.9フラン(無制限で8日間LTE通信)
  3. Salt:10フラン(無制限で10日間LTE通信)
  4. 値段を比較すると一目瞭然ですが、Saltを利用するのが一番お得です。


参考URL1:Swisscom プリペイドSimカードサイト(英語)
参考URL2:Sunrise プリペイドSimカードサイト(英語)
参考URL3:Salt プリペイドSimカードサイト(英語)

Saltの電波網

Saltの電波網はスイス国内で幅広くカバーされており、山でも問題なく使用できます。
都市圏ではもちろん、グリンデルワルトやツェルマットでも問題なくLTE通信ができていました。

ただ、展望台やトンネルでは2Gや3G通信になったり、時折通信が途切れるときもありましたので、そのあたりはSwisscomと比べて弱いのかもしれません。

実際のところ、不通になる長いトンネルもありませんでしたし、展望台で通信することはほとんどありませんので、Saltの電波網に全く支障を感じませんでした。

参考URL:Salt 電波網(英語)



Salt simカード 利用手順

  1. ショップ探し(渡航前)
  2. 参考URL:Saltストア検索


  3. ショップへ向かう。
  4. ※チューリッヒ空港を利用する方は、ショップが小規模で分かりにくい場所にあるので気をつけましょう。SwisscomとSunriseがあるエリアから少し離れていますので、探し回らずにインフォメーションで聞くことをおすすめします。


  5. スタッフにパスポートを渡し、滞在日数を伝える。

  6. Simカードのサイズを伝える。(ミニorマイクロorナノ)

  7. スマホの画面ロックを解除してを店員に渡す。

  8. 店員が設定をしてくれるのを待つ。(3分程度)

  9. 店員からスマホを渡されたら設定完了!
  10. 設定完了後、通信できるようになるまで30分程度かかります。(ショップ内で待つ必要はありません)
    30分後にスマホを再起動させましょう。


自分でAPN設定を行うことはありませんが、APNで不具合が出た場合は以下のサイトを参照して再設定してみてください。

参考URL:スイスSIMカード APN設定



実際に利用してみての感想

海外旅行時にSIMカードは必需品となってきており、通信各社は旅行者獲得に必死になっています。
その中でもSaltは安いだけでなく接客も良かったです。

アクティベートもスタッフがすべてやってくれますので、ユーザーが行うことは30分後に再起動するだけでした。
SIMカードを購入するのはハードルが高いと感じている方も、Saltであれば簡単に購入&接続できますので、是非トライしてみてください!


関連記事

コメント

<FC2 BLOG の HTTPS 対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
非公開コメント