HOME > オーストラリア > 入国カードの記載に注意?オーストラリア入国時に申告が必要なものについて

2017/06/11
0 0

入国カードの記載に注意?オーストラリア入国時に申告が必要なものについて

オーストラリア入国

罰金にならないためにも、オーストラリア入国時の要申告物について把握しておきましょう。




今回は意外と知られていないオーストラリアへの要申告物について紹介します。



どんなものが申告対象?


  1. 10,000オーストラリアドル以上の現金
  2. 他国通貨も合算されますので注意が必要です。

  3. 医薬品

  4. 食品・動物製品
  5. 乳製品・肉製品など持込自体が禁止されている物もあります。

  6. 植物製品

  7. 動物ないしは植物でできたクラフト類やホビー製品
  8. 使用済のスポーツ・キャンプ用具で、テント、自転車、ゴルフ用具、釣り具も含むようです。

  9. 土、糞、植物の付着した履物・ハイキングブーツ

参考URL:旅行情報.jp オーストラリア入国時の申告対象物



注意したほうが良いものは?


食品

旅行者の中にはカップラーメンやお菓子などを持っていく人も多いはずです。
これらは全て申告対象です。

もちろん食料は現地で調達できますので、出来る限り食品は持っていかないほうがよいでしょう。



医薬品

意外と知られていないのが、この医薬品です。

「市販品、処方箋」と記載されており、ドラッグストアで購入した常備薬も申告対象になります。
持って行かないに越したことはありませんが、常備薬や処方箋はやはり必要ですよね。



どうやって申告するの?

申告対象物を持ち込む場合、入国カードへの記載が必要です。
対象項目のYESにチェックをすればOKです。
(食品は右欄No.6、医薬品は右欄No.1にチェック)

参考URL:シドニー留学センター 入国カードの書き方



申告すると税関で止められる?

運よく?止められなかった人もいるようですが、税関で止められて荷物検査を受ける可能性があります。
僕の場合、2017年1月にメルボルン空港から入国した際に医薬品を申告して、しっかりと止められました。



税関で何を聞かれるの?


英語でのやり取りになりますが、英語が苦手な方もご安心ください!
マニュアルに基づいて聞かれますので、フレーズだけ覚えておけばOKです。


  1. 自分で梱包しましたか?
  2. 税関:Did you pack yourself?
    あなた:Yes.


  3. あなたは荷物の中身を知っていますか?
  4. 税関:Do you know what is in your bag?
    あなた:Yes.


  5. あなたの荷物を開けてもらえますか?
  6. 税関:Can you open your bags, please?
    あなた:OK. ⇒荷物を開けてください。


  7. 申告物は何ですか?
  8. 税関:What do you have to declare?
    あなた:I declare this medicines (this foods).


  9. スマートフォンの写真を見せてくれますか?
  10. 税関:Can you show me your smartphone's photos?
    あなた:Sure. ⇒スマホのロックを解除して手渡してください。



申告しなかったときの罰金はいくら?

入国カードには以下のように記載されています。
It is an offence to provide false or misleading informartion about good you may be carrying, with "on the spot" fine of up to $360 or prosecution.
和訳:虚偽申告や誤った情報を税関で伝えた場合は、即座に最大$360の罰金になるか起訴されます。

起訴はよほど悪質な場合だと思われますが、罰金になる可能性も皆さんもありますのでご注意ください。
(ただ、初めての違反の場合は警告のみになることもあるようです。)

参考URL:オーストラリアボーダー 公式HP


実体験談

僕が行った時は、同じ便で他に誰も申告をしていなかったみたいで、一人だけ税関エリアに通されました。
税関スタッフも暇だったみたいで、スタッフ3人くらいに囲まれ、20分も検査されました。

「メルボルンでの予定」や「メルボルン以外の行き先」など税関とは関係ないことまで、色々と聞かれます。
そして、最後は申告品として渡した薬をスーツケースの中に"ぽい"と投げ入れられて終了!

「Have a nice travel !」と言われ、自由の身になりました。



皆さんも申告忘れが無いように入国カードはよく読んでくださいね!


関連記事

コメント

<FC2 BLOG の HTTPS 対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
非公開コメント