HOME > トルコ > カッパドキアの絶対行くべき観光スポット5選!おすすめの絶景を紹介

公開日:2017/06/07 / 更新日:2018/07/01
0 0
パシャバー

カッパドキアに行く方は是非ここだけは押さえておきましょう!




今回はカッパドキアの絶対行くべきスポット5選を紹介します。



カッパドキアとは?

カッパドキアはトルコの中央部に位置している観光地で、「ギョレメ国立公園およびカッパドキアの岩石遺跡群」として世界遺産に登録されています。
時差は日本と比べて、マイナス6時間です。

カッパドキアの現地ツアーは゜:*★トルコのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°をチェックしてみしてください!



バルーンツアー

カッパドキアといえばバルーンツアーです!
相場は120~150ユーロと少しお高めですが、絶対に行くべきツアーです。

天候に左右されますので、一発勝負は止めましょう。
僕は事情があって一発勝負になってしまい、しかも天候不順で催行中止でした。

カッパドキアには最低2泊3日で、着いた翌朝のバルーンツアーに申し込みましょう。
もし天候不順で中止になっても、無料で翌日に振り替えてくれます。

ツアーへの申し込みは、現地と日本の両方から可能です。
値段的には大きく変わりませんので、日本から申し込んでおく方が良いかもしれません。

日本から申し込む場合は現地ツアー大手のVELTRAがおすすめです。

参考URL:゜:*★トルコのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°


↓写真は中止後にバルーンが撤収していく残念な写真です。

気球ツアー



グリーンツアー

カッパドキアの必見スポットを広範囲でカバーしているツアーです。
グリーンツアーについては別記事で紹介しています。


カッパドキアはグリーンツアーがおすすめ!絶景だらけの街を堪能

360度すべて絶景!今年のバカンスはトルコのカッパドキアへ行ってみませんか?...



ギョレメパノラマ

こちらもカッパドキアの定番です。
カッパドキアの中心部からも近いので、滞在中は何回でも行ける絶景ポイントです。

ギョレメパノラマ



乗馬

個人的には一番のおすすめです。
カッパドキアの絶景を馬上から見るのは感動的ですよ!

日本のようにサラブレッドではなく、山用の馬での乗馬になります。
乗馬のコースには、人が行けないような悪路もあり、乗馬コースならではの絶景を堪能できます。

値段も破格で2時間で100リラくらいだったように記憶しています。

カッパドキア乗馬



パシャバー

記事上部の写真がパシャバーです。
カッパドキアといえばキノコ岩が有名で、その代表的なところがパシャバーです。

こちらも外せないポイントですが、中心地から少し遠いのが難点でした。
路線バスやタクシーでも行けるようですが、暑くなければ自転車やバイクが良いと思います。



日本からカッパドキアへのアクセスは?

最後に、カッパドキアへのアクセスを紹介します。


まずはイスタンブール

日本からはトルコ航空が東京(成田)からイスタンブールに直行便を就航しており、おおよそ12時間です。
2017年2月までは大阪(関空)からも直行便がありましたが、客数減少を理由に運休となりました。
その他、香港経由や仁川経由という方法もあります。


いざカッパドキアへ

イスタンブールからカッパドキアへはトルコ航空の国内線のみです。
カッパドキアの最寄りの空港はカイセリとネヴシェヒルの2つあります。


  • ネヴシェヒル:カッパドキアに近いが、便数が少ない。
  • カイセリ:カッパドキアから少し距離があるが、便数が多い。

運賃を見て選ぶのが良いと思います。


空港からホテルまで

ホテルを予約する際に空港送迎を頼みましょう。
電車やバスが充実していないので、確実な方法でホテルに向かうことをおすすめします。

参考URL:カッパドキア ホテル一覧(トリップアドバイザー)



カッパドキアには現実を忘れさせてくれる絶景が数多くあります。
親日国であるトルコを次の旅行先候補にいれてみませんか?



カッパドキアを旅行する方におすすめの記事


カッパドキアはグリーンツアーがおすすめ!絶景だらけの街を堪能

360度すべて絶景!今年のバカンスはトルコのカッパドキアへ行ってみませんか?...


イスタンブールの1日モデルコースは?おすすめ観光スポットを比較

イスタンブールといえば皆さんはなにを思い浮かべますか?...


海外ATMで外貨を引出し!ネオマネーを実際に使ってみた感想

旅行や出張時の外貨両替の手数料を安く抑えるために、ネオマネーを活用しましょう!...



コメント

<FC2 BLOG の HTTPS 対応まで暫定的にテキストボックスにしています>
非公開コメント